仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

仕事を辞めたい

仕事を辞めたい。

そう思う人も少なくないことでしょう。

仕事が面白くないだとか、人間関係がうまく行かないだとか、仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれですが、かなりの数の人が多かれ少なかれ思っていることでしょう。

仕事を辞めたいと思うことは、全く特別なことではありませんし、むしろ普通のことです。

そして実際に仕事を辞めるという行為も特別なことではなくなっています。

ただ、仕事を辞めたいと思う感情にまかせ、むやみやたらに仕事を辞めていては、次の転職先でも同様の感情を抱くことになってしまいます。

そこで、今回は仕事を辞めたいと思う人が行うべき、仕事への取り組み方、転職への取り組み方を紹介していきます。

スポンサーリンク

関連:仕事辞めたい病の克服の仕方や受け入れ方

関連:転職する自信がない、自分に自信を持てない時に考えるべきこと

仕事を辞めたい

仕事を辞めたいと思う人は、かなりの人数いることを知っていますか?

仕事を辞めたいと思う人は多い

世間では仕事を辞めたいと思う人が多いです。

そして実際に、仕事を辞めるという行動に移した人も相当な数います。

新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ新入社員が辞めて転職する頃?という記事でも紹介していますが、

新卒社員の3年以内の離職率は高卒で4割、大卒だと3割に上るのです。

また、30代前半の人で、最初に努めた会社に今も勤めている4割弱しかおらず、仕事を辞めた経験がある人のほうが多いのです。

仕事を辞めるという行動に移した人だけで、これだけの人数がいるわけですから、仕事を辞めたいと思っていても行動に移していない人も含めると相当な数がいることでしょう。

仕事を辞めたいと思う理由

退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。で紹介していますが、仕事を辞めた人の本音の退職理由は以下の通りになっています。

1位:上司の仕事の仕方が気に入らなかった

2位:労働時間、環境の不満

3位:人間関係がうまくいかなかった

4位:給与が低い

5位:仕事内容がおもしろくない

また、厚生労働省の「雇用動向調査結果」によれば、転職した人が前職を辞めた理由は以下のようになっています。

  • 仕事の内容に興味が持てなかった・・・男性:5.1%、女性:4.6%
  • 能力・個性・資格を生かせなかった・・・男性:4.8%、女性:5.3%
  • 職場の人間関係が好ましくなかった・・・男性:7.2%、女性:12.1%
  • 会社の将来が不安だった・・・男性:8.4%、女性:4.9%
  • 給料等収入が少なかった・・・男性:12.2%、女性:9.9%
  • 労働時間、休日などの労働条件が悪かった・・・男性:9.5%、女性:12.3%

実際に仕事を辞めた理由ではネガティブな理由が多い結果となっています。

上記で紹介した以外にも、会社のルールが面倒だとか、尊敬できる人がいないといった理由も考えられます。

ただ、ネガティブな理由だけではなく、ポジティブな理由で仕事を辞めたいと思う人も、ある程度はいます。

自分をレベルアップさせる為に、仕事を変えたいだとか、自分の夢の実現の為だという理由があります。

ただ、仕事を辞めたいと思っている人のほとんどはネガティブな理由でしょう。

仕事を辞めたいと思うこと、仕事を辞めることは悪いことなのか

仕事を辞めたいと思っている人は、上記で紹介したように大勢います。

そして、実際に仕事を辞めるというたくさんいます。

これだけ多くの人が思い、実行に移しているにも関わらず、仕事を辞めるという行為に対してあまり良くないイメージを持つ人が多いです。

日本ではこれまで終身雇用制度、年功序列制度が使われてきました。

その為、ひとつの会社で定年まで働くことが当たり前のこととして捉えられてきました。そしてそれは今もなお残っています。

仕事を辞めるという行動自体が普通ではない行為として認識されてしまうのです。

また、仕事を辞めたいと思う理由についても、上記で紹介しているようにネガティブな理由が多いことも、あまり良くないイメージとして認識されてしまう一つです。

日本では辛いこと、大変なことに対して、我慢することが良いことと思う傾向があります。

仕事を辞めるということは、我慢することをやめる行為である為、悪いことである認識を持たれてしまいます。

しかし、こういった考えはそもそも間違っていることだと私は思っています。

我慢し続けることは正しいと思われがちですが、当の本人にとっては我慢を続けることによって幸せになれないのであればなにもいいことはありません。

また、長い会社生活の中で一つの会社に勤め続け、同じ会社に閉じこもっているということは、様々な経験をする機会を失っているということもありえます。

むしろ仕事をを辞めたいと思うことが異質なことで、一つの会社に居続けるということが普通と認識されていることのほうがおかしなことだと思います。

もちろん、仕事にやりがいを感じて一つの会社に居続けるということは、それはそれで素晴らしいことだとは思います。

どちらが良いも悪いもありません。

ただ、パワハラ、セクハラ、サービス残業といった労働基準法を違反しているような会社があったり、不景気によって自分が元々やりたいと思っていた仕事ができなかったり、初任給から全く給料があがらなかったりといった場合には、仕事を辞めたいと思うこと、そして仕事を辞めるという行動は正しい行為だと思います。

スポンサーリンク

 

仕事を辞めたい。仕事を続ける?転職する?

仕事を辞めたいと思った時の道としては、仕事を続けること、転職することのいずれかを選ぶことになります。

先ほど書いたように、どちらが良いも悪いもありませんが、あなたの状況によってどちらを選ぶべきかが決まってきます。

仕事を辞めたいと思った時、実は仕事を辞めずに今の仕事を続けたほうがいい場合と、仕事を辞めてしまい、転職したほうがいい場合があります。

なぜ仕事を辞めたいのか

仕事を辞めたいと思った時、まずはなぜ仕事を辞めたいのかということを明確にする必要があります。

人間関係なのか、給料なのか、やりがいなのか。

仕事を辞めたい理由によっては実は辞めなくてもそういった不満が解消できることなのかもしれないし、辞めなくては不満が解消できないことなのかがわかってきます。

今の会社にいて、解決策を見つけるのがいいのか、時間の経過を待つのがいいのか、仕事を辞め、転職するのがいいのかということがわかってきます。

仕事を辞めるかどうかで悩んでいる理由は?

仕事を辞めたいと思っていても、なかなか仕事が辞めることができない理由が色々あるかと思います。

仕事を辞めること自体があまり良くないと思われていることだから世間体を気にしてであるのか、転職すると年収は下がってしまいそうだからとか、次の会社でも変わらないからだとか。

仕事を辞めるという行動をとどまらせている理由を明確にし、一つずつ解決していかなければなりません。

仕事を辞めないメリット、転職するメリットを洗い出す

仕事を辞めたいという感情から、辞めて転職してしまうか、それとも辞めずにいるかを決める為にそれぞれのメリットを洗い出しましょう。

まず転職することのメリットですが、転職では、年収アップできた人が7割程度、現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

一方で、仕事を辞めないメリットですが、退職金は転職した人に比べて、一つの会社で勤め続けた人のほうが、多いそうです。

それぞれにメリットがありますから、自分なりに色々調べてみてください。

自分の市場価値を知る

仕事を辞めたいと思っていても、次の仕事がなければ生活に困ってしまいます。

そこまではいかなくても、不満を解消する為に仕事を辞めたとしても、希望する会社に入ることができずに、

生活の為に望んでいない会社に入らなくてはならず、むしろ悪化するなんてことになりかねません。

ですから、仕事を辞める前に、転職先を見つけるか、最低でも自分の転職市場価値を知っておくことは必要です。

リクナビネクストを使うと、転職市場価値がわかりしますので、辞める前には知っておきましょう。

スポンサーリンク

同じ仕事を続ける場合、転職する場合、それぞれの取り組み方

仕事を辞めたいと思った時に、しっかり考えた上で答えをだしたのなら、その答えに対して真剣に取り組むだけです。

同じ仕事を続ける場合

考えた上で、仕事を続けるとなった場合、なぜ仕事を続けることにしたかという理由を大事にしましょう。

仕事は辞めたいけども、現状を考えるとまだ辞めることができないという場合もあるかもしれませんが、仕事を続けるということを選んだ限りはやるしかないですよね。

あとは如何に仕事を楽しむかといった、仕事を続ける中での自分の楽しさを見つけていくのがいいと思います。

もちろん、しばらくやってみて、それでも仕事を辞めたいと思った時はあらためて考えて見るのがいいでしょう。

転職する場合

転職する上でまず必要なことは、今の不満を明確にし、その不満を解消できるような会社に行くことです。

ただ、転職は得るものが多いですが、失うものも多いということを知っておきましょう。

仕事を辞めることにより築き上げた人間関係や、会社特有のスキルなどは失われてしまいます。

これを知った上で、仕事を辞めることに対して後悔することがないようにしなくてはなりませんし、企業選びはしっかりしなくてはなりません。

また、転職活動の際には、不満を解消させることだけではなく、自分の成長についても考えましょう。

不満を解消させる為だけだと、あまり満足行かないことが多いです。自分の成長という面も意識するといいでしょう。

目先のことではなく、転職した後の3年後、10年後、20年後を意識してください。

できれば、このことは自分だけではなく家族など、誰かと話すことをおすすめします。

人と話すことで思考の整理ができたり、客観的なアドバイスを貰うことができます。

もし、相談できる人がいないのであれば転職エージェントを使ってみるといいでしょう。

次の転職先では仕事を辞めたいと思わないようにする為にもぜひ実践してもらいたいことです。

仕事を辞めたい人には今はいい環境

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:仕事がつまらない!それは誰もが感じること。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ