仕事がないというのは本当か。自分にも原因がないかも考えてみよう。

仕事がないというのは本当か。自分にも原因がないかも考えてみよう。

会社を辞めてしまった、会社が倒産してしまった、そうなるとほとんどの人は転職活動をすすめることになります。

そんな時にまた次の仕事が見つかればいいのですが、働くことができる仕事がないという事態になってしまいどんどん無職期間が長くなっていく人がいるのも事実です。

ただ仕事がないというのは本当なんでしょうか。

今回は仕事がないということに対する確認と原因について紹介していきます。

関連:転職先が決まらないまま、転職活動が長期化した時に行うべき対処法

関連:転職で仕事が決まらない不安や焦り、どう解消して今後どうする?

仕事がないは本当か

仕事がない。

そんな悩みを持っている人に対して、選り好みしているから仕事がないんだろうなんてことを言う人もいますよね。

本当に選り好みしなければ仕事はあるんでしょうか。

非正規まで含めたら仕事はある

リーマンショックの時期には有効求人倍率は0.65倍と大きく1倍を切っていましたから、派遣の仕事どころかアルバイトとしても働きうことができないなんてこともありました。

しかし、現在は1.4倍を超えています。

派遣社員でも良ければ仕事がないなんてことはありません。

こだわりさえ持たなければ年齢が高くても仕事はあるでしょう。それこそ20代、30代であればいくらでも仕事はあると思います。

正社員の有効求人倍率は1倍を切っている

ただ正社員に限定した場合だと話は別です。

非常に高い有効求人倍率を誇っている現在ですら、正社員の有効求人倍率は0.89倍と1倍を大きく下回っています。

まあそれでもリーマンショック時代の0.25倍に比べるとかなり良くはなっていますが。

全ての人が正社員につけるわけではない

有効求人倍率が1倍を切っているということは、どんなに求職者と求人側がマッチングしても求職者があふれてしまって仕事がない人がでてしまうということです。

すなわち、非正規でもいいのであれば仕事はありますが、正社員に絞ってしまうと仕事がないなんてこともあり得るということです。

誰だって仕事は選ぶもの

仕事がないなら非正規だろうがなんだろうがとにかくやればいいじゃん。そんな風に言う人もいるでしょう。

ただ当の本人にはそんなに簡単に割り切ることができるものではないという場合が多いですね。

年齢を考えたらとにかく正社員の仕事を探したいと思うのも当然のことでしょうし、正社員の仕事であったとしてもブラック企業に入って精神を擦り減らしながら働きたくないと思うのも当然のこと。

これもまた仕事がないとなってしまう原因になります。

仕事がない原因は環境のせいだけではない

まあそんなわけで、仕事がないと悩んでしまう人がいるのも現在の環境を考えたら仕方のないことかもしれません。

ただ、全ての原因が環境のせいかというとそれは大間違い。

それに環境のせいにしていたところで仕事なんていつまでたっても見つかりません。

むしろ自分に原因があることが多く、自分次第でいくらでも見つかる可能性はあるということは理解しましょう。

自分で不利な状況を作っていないか

正社員がいい、やりたい仕事がある。そんな風に思うのは結構なことです。

ただ、こだわりすぎていつまでも仕事がないまま過ごしていては、無職期間がどんどん長くなって転職しにくい状況になっていくだけです。

別に正社員に向けた転職活動は派遣社員をやりながらでもできることです。派遣社員として働くこともちゃんとした職歴になります。

一度派遣社員になってしまうと正社員に戻れないと考えている人もいるかもしれませんが、無職を続けているよりもずっとましです。

単に探し方が間違っているだけ

応募する仕事を選ぶ際にも間違っている人が多々います。

ハローワークに行ってさらっと見たり、転職サイトでさらっと検索して仕事がないなんて言ってはいませんか?

もっと自分の希望を明確にしなくてはなりませんし、少しでも気になるものがあれば他のも見てからではなくてとりあえず応募して見ればいいんです。何件応募してもいいのに、他の求人も見てからなんてやっていると時間ばかりかかるだけ。

別に応募してからでも求人を探して次から次へと応募して行けばいいし、行くか行かないかは内定を貰ってから決めればいいだけのことです。

一発逆転なんて狙っていてはだめ

ブラック企業は嫌だというのは当然のことですが、選びすぎているというのも仕事がないことに直接つながる原因です。

選ばなければ仕事はあります。ただちょっと絞っても仕事はありますよ。

仕事がないという現状で一発逆転を狙ってはいけません。何もその会社で一生働き続ける必要はないんですから、まずは一旦条件を緩めて転職しておき、さらにステップアップしていくことも考えましょう。

視野を狭めていてはだめ

仕事がないのは視野が狭すぎることも原因となっている場合があります。

例えば勤務地。地方によって求人数は大きく異なりますから、どうしても今住んでいるところで仕事がないならば他の地域も視野に入れてみることが必要です。

また仕事内容も同じ。いい仕事ないかななんて探している中で、つい自分にできそうな仕事、自分に入れそうな会社ばかりを探してしまい自分で選択肢を減らしてしまっているという場合もよくあります。

転職活動は継続が必要

転職活動はそれなりに継続していく必要もあります。

仕事を探していても希望の仕事が見つからないのは当然のこと。好条件の求人はすぐになくなってしまうんです。たまに求人を見ていい仕事がないなんていうのは当たり前。いつまでも残るのはあまり良くない条件の会社ばかりなんです。

だらからこそたまに見て仕事がないないと言うんではなくて、随時求人情報をチェックして気になるものがあったら先延ばしせずにとにかく応募するようにしなくてはなりません。

転職のやり方も大事

仕事がない。そんな風に嘆いていても結局仕事を探して見つけなくてはなりません。環境のせいにしていても誰かがなんとかしてくれるわけではなく、自分の力でなんとかしなくてはならないんです。

ですから、自分で反省するべき点を反省して転職活動を進めていきましょう。

転職活動を進めるに当たり、転職のやり方も重要になってきます。特に転職サイトや転職エージェントは有効活用して成功率をあげていきましょう。

転職活動をする場合には転職活動では転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

関連:転職回数が多い不利な状況を挽回する為に必要な転職活動の準備

関連:25歳、29歳、33歳、37歳女性の転職成功体験談。何が良かった?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ