仕事を辞めたい女性は絶対に転職するべき!転職で良かったと感じた人はこんなに多い!

仕事を辞めたい女性は絶対に転職するべき!転職で良かったと感じた人はこんなに多い!

仕事をしている女性の中で、仕事を辞めたいとは思っているけれど、仕事が見つかるかもわからないしと不安を感じたり、転職してもっと悪化することに恐れを感じてしまったりして、なかなか踏み出せずにいる人も多いのではないでしょうか。

ただ、そんな風に考えてつまらない仕事を続けるのは大きな間違い。

今回は女性の転職について、転職の実情や転職を成功させるコツを紹介していきます。

関連:結婚、出産を機に転職する理由や転職する場合の注意点

関連:女性の転職は難しい?悩みの多い転職活動を成功させる為には

転職はリスクが高いものというのは大きな間違い

転職はリスクが高いものだというのは、はっきり言ってかなりの勘違いです。

もちろん失敗する可能性もあります。転職後に前の会社のほうが良かったと後悔してしまうこともあります。

ただ。そんな人よりもずっと転職して良かったと感じる人が多いのが、実際のところです。

にも関わらず、失敗することばかりを怖がり、リスクが高いものだというイメージを持っている人が非常に多いです。

転職して良かったと感じた女性の割合

では、具体的に実際に転職した人に対して、転職して良かったかそれとも良くなかったというアンケート結果を紹介します。

人材会社 iDAが調査した「転職に関する調査」によると、その結果は以下の通りとなっています。

  • 良かった・・・41.7%
  • どちらかというと良かった・・・38.3%
  • どちらかというと良くなかった・・・15.0%
  • 良くなかった・・・5.0%

という結果になっています。

良かった、どちらかというと良かったと回答している人は、転職者全体の中でなんと8割も占めています。

これでもリスクが高いと感じますか?

もちろん、リスクはゼロではありません。ただ、転職活動を上手く進めれば、転職の成功率を8割どころかもっと高めることはできます。

だからこそ、仕事を辞めたいと思っているならば、ぜひ転職するべきなんです。

転職して変わったこと

では次に、転職して良い方向に変わったことについて紹介していきましょう。

上記のアンケートで、転職して良かったと回答した人は、以下の点を挙げていました。

  • プライベートが充実した
  • 金銭面の余裕が生まれた
  • チャレンジが増えた
  • 仕事が好きになった
  • 広い視野を持てるようになった
  • 自信が生まれた

転職では、残業時間を減らしたり、年収をアップさせることも十分可能であり、それによって仕事以外の面が充実したという人が最も多かったです。

また、条件面だけでなく、仕事に対する自分の考え方や取り組み方も変わったと回答した人もいました。

業界や職種を変えることも十分可能

女性の転職の場合、当然同業界、同職種内で転職する人もいますが、業界や職種を変えて転職する人もかなりいます。

実際、このアンケートに回答した人の中では業界を変えた人が6割、職種を変えた人が5割という結果になっています。

業界や職種を変えて転職することは同業界、同職種への転職に比べて難易度は高くなってしまいます。

しかし、全然不可能だなんてことはなく、十分にチャレンジする意味はあります。

業界を職種を変えるのはやはり低い年齢のほうが有利で、割合も高くなってきます。

とは言え、40代であっても業界を変えた人が5割以上、職種を変えた人が4割以上となっており、年齢で諦める必要がないことがわかります。

女性が転職を成功させるコツ

それではここから女性が転職を成功させるコツについて紹介しましょう。

上記で紹介したように、2割の人は転職して良くなかったと回答しています。ただ、だからといって2割は転職が失敗に終わる可能性があるというわけではありません。

転職活動の際に、気を付けるところを把握しやり方を間違わなければ十分に可能性はあります。

目的に合わせた業界、職種選びを

転職する際、なんとか同じ業界で、同じ職種でと考えてしまいがちですが、それはただ選択肢をせばめてしまうだけの行為です。上記で紹介したように、他業界、他職種への転職も十分に可能ですから、最初は業界や職種を制限せずに広く調べてみることが大切です。

仕事内容は当然ですが、年収や労働条件などは業界によって大きく変わる部分です。

例えば、ある業界ではトップでも、違う業界では中小企業並みなんてこともあるのです。

自分がなぜ転職したいのか、どういったことに不満があり、どういったことを良くしていきたいのかを良く考え、それに合った業界、職種を選びましょう。

将来像もしっかりイメージする

転職するにあたり、考えなくてはいけないのは目の前のことだけではなく、5年後、10年後のことです。

女性の場合、働き続けるにあたり結婚、出産など色々なことがあります。中にはそういったタイミングで辞める人もいれば、抑えて働く人もいるでしょうし、バリバリ働き続ける人もいるでしょう。

自分がどのタイプか、どうなって行きたいかはしっかり考えておきましょう。

安易に資格取得に走らない

転職しようとした時、とりあえず資格をとろうなんていう風に考えてしまう人も少なくありません。

ただ、資格があったからといって必ずしも有利になるわけではなく、意味がないことも多々あります。

資格を取ろうとしたときは、その資格をとれば本当に有利になるのか、なくてはいけないものなのか、しっかり考えた上で決めなくてはなりません。

資格を取るには時間も労力も必要となるもので、途中で諦めてしまい、違う仕事を探し始める人も多々いますが、実は資格がなくても十分に転職できる場合が多々ある為、受ける前から諦めるのは非常にもったいないことです。

仕事内容にも重点をおく

現在の仕事に対し年収が低いということや、残業が多いことが不満で転職しようと考えている人は、転職時にその不満を解消することばかりに目がいきがちです。

もしその点が良くなるのであれば、仕事内容は何でもいいなんていう風に考えてしまっています。

ただ、その考えのまま実際に転職すると、仕事がつまらなすぎると、今度は違う不満を持ってしまうようになります。

ですから、仕事内容にも重点は置くようにしましょう。つまらない仕事を続けるのは本当につらいことです。

それは逆もしかり。仕事内容にばかり目がいって、条件面をおろそかにしていると同様に後悔することになりますので、会社選びの際には気を付けましょう。

あくまで正社員を目指そう

中には、仕事が楽そうだから、転職しやすいからといった理由で派遣社員や契約社員でもいいかという風に考える人もいるでしょう。

短期的に働くのであればそれでもいいかもしれませんが、長期的に働きたいと考えているならばあくまで正社員を目指すようにしてください。はっきり言って、正社員登用や直接雇用される可能性は非常に低く、期待できるものではありません。

転職の進め方はプロを頼ればいい

転職するにあたり、いい仕事が見つからない、履歴書の書き方がわからない、面接でどう答えればいいかわからないなど、色々な壁にぶつかる人も少なくはありません。

ただ、そんなことは一人で悩んでいることではありません。

今は、転職するにあたり無料で転職をサポートしてくれる転職サイト、転職エージェントが豊富にあります。

これらを使えば、転職活動を効率的に進めることができますから必ず使えるようにしましょう。

転職サイトは求人を探す為だけのものではなく、スカウト機能を使えば、検索してもでてこない非公開求人からオファーを貰うことができたりもしますし、様々な診断テストなどもあるので強みや弱み、自分の市場価値などを図ることもできます。

転職エージェントは、その人の希望に合った仕事かつ、受かる可能性のある非公開求人を紹介してくれます。

基本的に大手の企業や好条件の企業のほとんどは非公開求人となっており、検索してもでてこないことがほとんどです。

だからこそ、積極的に使うようにしましょう。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:うざい上司の特徴や対処法、もう辞めたい、転職したいと思ったら要チェック

関連:毎日残業で21時、22時過ぎることが当たり前。やっぱりきついし転職を考えてもいいんじゃない?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ