仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

こんなに違う!仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

仕事がやたらできる人っていますよね。一方で仕事ができない人もいますよね。

あなたはどっちの人になりたいですか?

めったなことがない限りは仕事ができる人になりたいと思うでしょう。

では、どうすれば「仕事ができる人」になることができるでしょうか。それにはまず、「仕事ができる人と、仕事ができない人の違いを理解する」ことから始まります。

意識的に理解し、行動に移せばあなたは一歩上へ行けるはずです。

そこで今回は、仕事ができる人と、仕事ができない人の違いを見ていきましょう。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:転職市場でよく言われる優秀な人材とはどんな人材?

スポンサーリンク

目次

①仕事を持ち帰るか、持ち帰らないか

仕事ができる人

仕事は持って帰らず、業務時間中に終わらせる。

時間が制限されることにより、集中して取り組み、終わらせる為の工夫をする。

仕事ができない人

仕事を持って帰る結果、「まあ家でやればいいか」という感情を抱き、だらだら仕事をする。

ただ、家に帰るとテレビやゲームといった娯楽に負け、仕事は進まず時間だけがすぎる。

関連記事仕事を家に持ち帰ってはいけない3つの理由

②スケジュールを決めてるか、とりあえずやっているか

仕事ができる人

忙しい時こそ、スケジュールをたて、何が、どのタイミングで必要なのかを明確化する。

足りないものや、足りないことががわかり、事前に補うことができる。

仕事ができない人

とにかく進める。その結果、本当にやるべきこと、守るべきことを見失ってしまう。

関連記事計画たてなきゃ絶対損!!計画表作成は絶対必要。

③優先順位を決めるか、行き当たりばったりか

仕事ができる人

納期までの時間、重要性、難易度から仕事の優先順位を決め、一つ一つこなしていく。

仕事ができない人

目の前にある仕事を、とりあえず始める。たいてい自分のやりやすい仕事から進める。その結果、納期を守ることができない仕事が生まれる。

④必要性を考えるか、何も考えないか。

仕事ができる人

日常業務や会議等の必要性を考え、不要と考えた場合、捨てることができる。

仕事ができない人

これまで決まっていることはやるものだと思い込み、本当に必要なのかを考えない。

⑤仕事をとばすか、とばさないか

仕事ができる人

仕事が行き詰まった時、その仕事を一旦やめて違う仕事に取り組む。

仕事ができない人

仕事が行き詰まった時でも、その仕事をやり続ける。その結果、集中力は低下し、より一層仕事は進まない。

⑥説明するか、言い訳するか

仕事ができる人

問題が起きた時に、言い訳はしない。しっかりと論理立てて、上司等が理解できるように原因を説明する。

仕事ができない人

自分は悪くないという感情が先立ち、そればかりを全面に押し出す。相手には言い訳にしか聞こえず、信頼は落ちる。

関連記事論理的思考とは?思考を鍛えるトレーニング方法。

⑦聞くことを重視するか、言うことを重視するか

仕事ができる人

相手の話を聞くことを最も重要視する。そこから相手が何を求めているかを理解した上で、話す内容、話し方を臨機応変に変える。

仕事ができない人

自分の言いたいことを最も重要視する。相手が何を聞きたいか、何を求めているかを考えない。

関連記事コミュニケーションで大事なことは?彼はこう答えて倍率300倍の就職活動を勝ち取った。

⑧振り返るか振り返らないか

仕事ができる人

一つの仕事が終わった時に、成功した点、失敗した点を振り返り分析をする。特に失敗した点を繰り返さないよう、工夫をする。

仕事ができない人

一つの仕事が終わった時に、特に振り返らずに次の仕事に行く。結果、同じ失敗を繰り返す。

⑨自分ごとか、人ごとか

仕事ができる人

他の人の成功、失敗を自分ごとととらえ、自らの経験として蓄える。

仕事ができない人

他の人に起きたことは、自分とは関係ないと考えて特に気にしない。その結果、経験を蓄えるスピードが遅い。

スポンサーリンク

⑩人から学ぶか、人を笑うか

仕事ができる人

人の失敗から学ぶ。

仕事ができない人

人の失敗を笑う。

⑪経験を活かすことができるか、活かすことができないか

仕事ができる人

経験したことない仕事の内容であっても、これまでの経験をフルに活かす。経験を活かす術を知っている。

仕事ができない人

経験したことない仕事の内容であった場合、これまでの経験は役に立たないと考え、活かすことができない。活かす術を知らない。

⑫役に立つと考えるか、関係ないと考えるか

仕事ができる人

どんな経験も、役に立つ可能性があることをしっている為、自分の中でストックする。

仕事ができない人

こんな経験は役に立たないと考え、自分の中に残さない。

⑬知らないことを恥とするか、聞くことを恥とするか

仕事ができる人

自分がわからないことであれば、相手が後輩であっても聞く。聞くことより、知らないことを恥と考える。

仕事ができない人

自分がわからないことがあっても、聞くことをしない。聞くことを恥ずかしいと思う。

⑭見習うべき部分を見極めることができるか、できないか

仕事ができる人

自分より仕事ができる人、優秀な人を見て、見習うべき部分を含め見極めることができる。影の部分まで読み取る。

仕事ができない人

自分より仕事ができる人の目立つ部分だけを見習う。結果、本質を捉えることができない。

⑮タイミングを図るか、図らないか

仕事ができる人

話すべきタイミング、聞くべきタイミング、動くべきタイミング、待つべきタイミングを考えた上で行動に移す。

仕事ができない人

思ったことをタイミングを図らず、すぐに行動する。もしくは全く行動しない。

⑯嫌なことからやるか、楽なことからやるか

仕事ができる人

嫌なこと、苦手なことを後回しにしない。時間が解決してくれることはめったにないことを理解し、先延ばしすることで悪化させることを知っている。

仕事ができない人

嫌なこと、苦手なことは後回し。その結果、事態を悪化させる。

⑰先を見据えるか、今だけを考えるか

仕事ができる人

先を見据え、トータルで得をするなら、時間、お金をかけることを惜しまない。

仕事ができない人

今のことしか考えず、トータルで物事を考えない。

⑱お金を大事とするか、時間を大事とするか

仕事ができる人

お金と、時間を同等のものと考え、時にお金を惜しまず、時に時間を惜しまない。

仕事ができない人

お金ばかりを大事にして、時間をかけすぎる。もしくは時間ばかりを大事にして、お金をかけすぎる。

⑲スピードを求めるか、丁寧さを求めるか

仕事ができる人

仕事によって、スピードと丁寧さを使い分ける。

仕事ができない人

スピードばかりを求め、全ての仕事が雑なまま終わる。もしくは丁寧さばかりを求め、仕事の処理能力が著しく遅い。

⑳与えられた仕事をできるようになる為の方法をさぐるか、できないというか

仕事ができる人

できないことを頼まれたとき、まずできる為の対策を考える。

仕事ができない人

できないことを頼まれたとき、まずできないと言う。もしくは何も考えずできると言う。

もしくは対策を考えず、ただできないとしか言わない。

㉑事実を言うか、想像で言うか

仕事ができる人

根拠のある事実、データに基づき話す。

仕事ができない人

単なる自分の想像に基づき話す。その想像は事実と異なる場合が多々ある。

㉒客観的に考えるか、主観的に考えるか

仕事ができる人

客観的に考えることを重要視する。

仕事ができない人

主観的にしか考えない。

関連:客観的とは?主観的とは?言葉の意味やそれぞれの考え方。

㉓結論から言うか、理由から言うか

仕事ができる人

聞かれた質問に、まず端的に結論を言う。その後で理由を言う。

仕事ができない人

聞かれた質問に、理由から話し、相手が求めている情報をなかなか言わない。

関連:説明が下手な原因と克服方法。他人事と思ってはいけない!

㉔信頼の重要性を知っているか知らないか

仕事ができる人

信頼を得ることは難しく、信頼を失うことが簡単であることを知っている。

どうすれば信頼を得ることができるか、何をすれば信頼を失ってしまうかを知っている。

仕事ができない人

信頼を得ることは難しく、信頼を失うことが簡単であることを知らない。

何をすれば、信頼を失ってしまうかを考えず、やってしまう。

㉕融通利かせることができるか、頑固すぎるか

仕事ができる人

自分の芯を持っていても、融通を利かせることができる。

仕事ができない人

頑固すぎて、人からのアドバイス等を受け入れない。

スポンサーリンク

仕事ができる人、仕事ができない人

仕事ができる人が、上記全ての項目をできているかいうと、そうではありません。

それぞれの仕事の内容によっても何が大事であるかは変わってきます。

全部をやろうとするのではなく、自分の仕事に合わせて何が必要かを見極めた上で実践して行きましょう。

また、自分を客観的な視点で見ること大事なことです。

◆社会人向け情報◆

転職では、年収アップできた人現状の不満を解消できた人の割合が非常に高くなっています。

今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっており、もし転職を少しでも考えている人はとりあえず転職活動を始めてみましょう。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

関連:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ