転職活動時に合同説明会に参加するメリット。目的をはっきりさせることが大事。

転職活動時に合同説明会に参加するメリット。目的をはっきりさせることが大事。

ほとんどの人が同じタイミングで入社する新卒の就職活動ではしばしば合同説明会が行われています。

就職サイトが主催してくれる場合もあれば、学校が主催してくれる場合もあり、就職活動しかことあるならば参加したことがあるかもしれません。

ただ、この合同説明会は就職活動のみで行われているわけではなく、転職活動でも同様に多数行われています。

中途採用が行われるタイミングは新卒と違ってばらばらですが、転職希望者は1年中多数いるので、多くの人が集まります。

今回はそんな転職活動の合同説明会について、参加のメリットや参加時の注意点を紹介していきます。

転職活動の合同説明会って何?

合同説明会とは、様々な企業が1箇所に集まり、各ブースを設け同時に説明会を開く場になります。

各ブースでは、何度も説明会が行われたり、人が来るたびに個別に説明してくれる為、転職希望者は一日で何社も話を聞くことができます。

合同説明会は様々な業種がまとめて行われる大規模なものもあれば、製造業界、IT業界など業界別で行われたり、IT技術者、看護師、保育士など職種が限定されたものが開かれることもあります。

合同説明会で行われること

合同説明会で行われることについてもう少し説明していきましょう。

まず企業は各社個別にブースを設けて待っており、転職希望者は、気になる企業、話を聞いてみたい企業のブースを訪れることになります。

人気のある企業だと希望者が殺到する為、30分起きに説明が始まるなどの形をとることもありますが、あまり人のこない企業だと訪問すると社員の方が説明してくれることが多いです。

ブース訪問時、出席の有無やマナーなどから選考を実施していることもあります。

出席することで志望度が高いとプラスに判断されることもあれば、逆にマナーが悪くマイナスの評価を受けてしまう場合があるので注意が必要です。

転職セミナー、転職フェアとの違い

転職に関するイベントでは、転職セミナーや転職フェアといったものも行われます。

転職セミナーはその名の通りセミナーが行われるもので、企業の選び方、履歴書の書き方、面接対策など転職に関する役立つ情報をセミナー形式で教えてくれるものです。

転職フェアは、合同説明会やセミナーなど転職に関する様々なことが同じ日に同時開催するものとなっています。

ただ最近はあまり区別されることなく使われ、主催する企業によって呼び方が違いますが内容は同じということがほとんどです。

参加方法

合同説明会は、大手転職サイトの運営会社や各地方自治体で行われています。

転職サイトは有名どころでいくとDODAリクナビNEXT で行われていますね。

転職サイトに登録しなくても参加することは可能ですが、事前登録することで入場が楽だったり、ギフト券が貰えたり、あらかじめエントリーシートを準備できるので書類選考免除といった特典を受けやすいというメリットがあるので、登録してから行ったほうが何かと良いでしょう。

合同説明会の規模としては転職サイトが運営しているものが抜群に多く、非常に多くの企業が集まります。

ただ、主要都市でしか開催されない為、遠方で行けないという人は各自治体で行われるものを調べてみましょう。

各自治体で行われている合同説明会は各自治体が運営しているサイトに掲載しており、参加方法も掲載されているので参加を考えている人が調べてみてください。

転職活動の合同説明会に参加するメリット

就職活動時、合同説明会に行っても意味はなかったなんていう風に思った人も多いかもしれません。

人が多いばかりで時間の無駄になっただけだったという声もよく聞きます。

ただそれは人次第。考え方次第、とらえ方次第で多くのメリットを受け取ることも可能になります。

一気に多くの企業を知ることができる

まず一つ目のメリットが、一度に色々な企業を知ることができるという点。

業界を絞りすぎていたり、有名企業のブースばかりに行っても新たな企業を知ることはできませんが、絞りすぎずに色々な企業を見ることを目的にすれば、合同説明会ほど便利なものはありません。

意外にこれによって大手へのこだわりを捨てることができたり、考えていなかった業界を知り興味を持てたりするんです。

まだ自分の方向性が決まっていないならば、単にネットで見ているよりかはずっと身にはいってきますよ。

企業の人と直接話ができる

企業の人と直接話ができるというのもかなりのメリット。

ありきたりな質問をすればありきたりの答えしか返ってきませんから意味がありませんが、自分がこれを聞きたいという質問を持っていけば何かしら答えてもらうことができ、得られるものがあるはずです。

企業の人と直接話せる機会なんてそうあるものではありません。その機会が無駄な時間なんてことはないでしょう。

モチベーションアップにもつながる

新卒の就職活動と違って、転職活動は孤独んは戦い。色々と不安になることも多いかと思います。

ただ、合同説明会に行けば周りは転職を考えている人ばかり。

意外にこれを目の当たりにすると安心感がでてきてモチベーションアップにつながるものです。

合同説明会参加時に注意したいこと

合同説明会を意味あるものにするか、それとも時間の無駄にするかは自分次第。

参加は無料とは言え、貴重な休日を費やすわけですからにせっかく参加するなら意味のあるものにしたいですよね。

ここからは合同説明会を意味あるものにする為の注意点を紹介します。

目的をしっかり持って参加する

ただなんとなく、とりあえず参加しては当然あまり意味があるものにはなりません。

事前に参加企業一覧を見て○○の企業の話を聞く、○○について聞く、色々な業界を見て方向性を決めるなど、合同説明会に参加する目的を明確にしましょう。

それを持たずにとりあえず名前を知っている企業の話を聞き、ありきたりな質問をしてみて、雰囲気を味わって帰ったとしても、何も得られなかったと思うことになるでしょう。

視野を広くする意識を

参加する際には視野を広く持ちましょう。

たいして方向性が決まっていないのに、とりあえず今働いている業種を見ていても方向性が決まるわけもなければ新たな気づきもありません。

業界が絞られていたとしても、知っている企業ばかりに行っても良いきっかけは生まれません。

せっかく知らないことを知ることができるチャンス。知らない企業であっても気になるものがあれば積極的に話を聞くようにしてみてください。

行っただけで満足しない

合同説明会って参加するとそれだけで頑張った気になったりする人もいるんですよね。

でも実際は合同説明会に行っても転職が終わるわけでもなければ、何か進むわけでもありません。

せっかく行ったなら、それを無駄にしないように転職活動を本格化させていきましょう。

近くでやっているなら参加してみよう

合同説明会は、割と頻繁に行われています。もし近場でやっていたら転職活動のスタートに参加してみてはいかがでしょうか。

■公式サイト:リクナビNEXT

■公式サイト:DODA

関連:初めての転職を成功する為にやるべきことや注意点

関連:転職フェアって意味ある?参加するメリットやデメリット



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ