平均世帯年収や分布。生活が苦しいと思っている世帯が6割以上!

平均世帯年収や分布。生活が苦しいと思っている世帯が6割以上!

昔は、父親が働き、母親は専業主婦として家事や子育てに専念するといった家族の形がありましたが、最近は女性の社会進出や平均年収の低下により、夫婦共働きが増えています。

あなたの周りでも、夫婦ともに働いているという家庭が多いのではないでしょうか。

たとえ、どちらも正社員でなくもパート等も含めると、むしろ純粋な専業主婦の方は少ないように感じます。

そうなると、家族にとっては父親一人の年収よりも、世帯年収が重要となってきます。

そこで、今回は平均世帯年収や、世帯年収の分布を紹介していきましょう。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:給料が上がらない!昇給無しの現実。どうすれば給料はあがる?

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

スポンサーリンク

平均世帯年収。理想と現実は違う。

世間の世帯年収はどの程度なのでしょうか。平均世帯年収を紹介します。

平均世帯年収

厚生労働省が、国民生活基礎調査で、平均世帯年収を調査しています。この調査結果を紹介していきます。

全世帯の平均世帯年収

全世帯の平均世帯年収は528.9万円となっています。

この数字を見て多いと思いますか?少ないと思いますか?

おそらく多いと思う人が、多いのではないでしょうか。

なぜなら、この数字はあくまで平均値であり、一部の平均世帯年収の高い人たちがこの数字を押し上げてしまっているからです。

世帯年収の分布についてはまた下記で紹介します。

さて、この平均世帯年収ですが、なんと10年前は580.4万円。およそ51.1万円も減っているのです。

高齢化社会などにより、将来の不安なども増えている中でこの数字はなかなか厳しいですね。

高齢者世帯の平均世帯年収

高齢者世帯の平均世帯年収は300.5千円。全体に比べるともちろん低い数字にはなっています。

こちらの10年前は296.1万円。途中で増えたり、減ったりはしてますが、10年前に比べれば4.4万円の増加となっています。

児童のいる世帯の平均世帯年収

児童のいる世帯の平均世帯年収は696.3万円。現在、また将来的にも最もお金のかかる世帯ですので、平均世帯年収も最も高い数字となっています。

こちらの10年前は714.9万円。18.6万円の減少となっています。児童手当などもできましたが、やはり厳しい結果となっています。

世帯年収の理想と現実

あなたはどの程度の、世帯年収を望んでいますか?ある調査によれば、およそ3割の人が1000万以上を望んでいるという結果になっています。

生活費や子供の学費、老後の貯蓄などお金は色々と必要ですからね。

ただ、現実はそうもいきません。

児童のいる世帯の平均世帯年収は693.3万円と、1000万円には300万円以上足りていないのが現実です。

理想の世帯年収を得るには、日本の平均年収から考えても夫婦揃って、それなりに高年収を得ることのできる会社で正社員として働く必要がありますね。

こういった、理想と現実のギャップが少子化にもつながっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

世帯年収の分布、中央値

世帯年収の分布を紹介していきましょう。あなたの世帯はどの位置にいますか?

世帯年収の分布

世帯年収の分布は以下の通りです。

  • 100万円未満…6.6%
  • 100~200万円…13.9%
  • 200~300万円…14.3%
  • 300~400万円…13.4%
  • 400~500万円…10.1%
  • 500~600万円…8.5%
  • 600~700万円…6.9%
  • 700~800万円…6.4%
  • 800~900万円…5.0%
  • 900~1000万円…3.7%
  • 1000万円以上…11.3%

この分布をみるとわかるとおり理想だった年収1000万円以上は11.3%にとどまっており、

最も多いのは200万円~300万円という結果になっています。

世帯年収の中央値

分布では最も多いのは200万円~300万円でした。

一方で、平均世帯年収は528.9万円となっています。

これは分布からもわかるとおり、割合が少なくても1000万円以上の人が平均をおしあげている為です。

ですので、高すぎると感じる人が多いはずです。

むしろ参考になるのは、中央値です。中央値は所得を低いものから高いものへと順に並べて、真ん中に位置する人の値です。

その世帯年収の中央値は415万円となっています。

平均世帯年収と比べて100万円以上低い値となっています。あなたの世帯はどうですか?

スポンサーリンク

生活が苦しいと思っている人は6割超え!

あなたは今の世帯年収で、満足する生活を送ることができているでしょうか。

実は生活が苦しいと感じている人は60%以上もいるのです!

以下が調査の結果です。

生活が苦しいと思っている世帯の割合

  • 全世帯・・・62.4%
  • 高齢者世帯・・・58.8%
  • 児童のいる世帯・・・67.4%

児童のいる世帯は、平均世帯年収も高いですが、その分お金はかかる為、最も割合が高くなんと3分の2以上の世帯が生活が苦しいと感じているのが現状です。

10年前は生活が苦しいと思っている人が55.8%となっており、平均世帯年収が減っている点と連動していることがわかります。

固定費節約の為にまずは保険から

世帯年収を増やすために

平均世帯年収や、分布を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。多くの人が、生活が苦しいと感じていることがわかりました。

収入を増やしたいと考えるのであれば、早めに会社を変えることを考えてみましょう。

転職サイトを見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:給料が安い!!出世か転職か副業のどれを選ぶ?



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ