残業代ゼロ!サービス残業が当たり前?それは大きな間違い!

サービス残業が当たり前?それは大きな間違い!

多かれ少なかれ、サービス残業をやっているという人が多いのではないでしょうか。

中には3時間も4時間もの残業をしているにも関わらず残業代ゼロというサービス残業が当たり前なんていう会社もあるみたいですし、

少ないとしても毎日1時間程度のサービス残業が当たり前になっていたり、休日に家に持ち帰って仕事をしたりしてしまうこともありますね。

ただ、勘違いしないでください。サービス残業は当たり前のことではありません。残業しているにも関わらず、残業代ゼロなんていうことはありえません。

関連:急な退職!突然、退職したくなったら何をするべきか

関連:仕事量が多すぎる。その原因は?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

残業代ゼロ!サービス残業が当たり前!?いいえ、立派な法律違反です

残業しても残業代がゼロというサービス残業が当たり前の風土となってしまっていることがたまにあります。

残業代ゼロまではいかないまでも、少しくらいのサービス残業は当たり前になっていて仕事が終わらないから持ち帰るのが当然になっていたりということは、もっと当然のようにあります。

会社に強制的にさせられている場合もありますが、責任感の強さから残業代ゼロでも、仕事を終わらせる為に働くなんていう人も多いです。

周りもやっているからとサービス残業が当たり前だと思っていませんか?

勘違いしてしまう人も多いですが、それは間違いです。

仕事をしているにもかかわらず残業代が出ないのは労働法違反に反している行為です。

会社側がそれを当然の行為として行っていることも大きな間違いですが、労働者もそれを当然として受け入れてはだめです。

残業代ゼロを許すな!サービス残業をしない為に

サービス残業なんていうのは、単なるただ働きであって、損なことです。

残業しているにも関わらず残業代ゼロなんていうことはありえないことです。

もともとの基本給が低い人は、残業しているにも関わらず残業代がゼロであると下手したら実際は最低時給を下回っているなんてこともあります。

そんな状態は間違っていますよね。ですからそういった状態に陥っている人は手を打たなくてはなりません。

会社がサービス残業を強制してきたら、残業しても残業代ゼロだったら

サービス残業が当たり前と思っている会社ってかなり多いのです。

ひどい会社だと深夜まで働かせるけれど残業代ゼロなんていう会社もあります。

また、サービス残業することを直接的に強制しなくても、絶対に定時で終わらないような仕事を与えておいて、終わらないことに対しパワハラに近い説教をするなんていうのもサービス残業を強制しているのと同等です。

普通であれば、その人の仕事の処理能力がどうであれ、労働時間に対する対価は支払われなければならないのですが、全くする気がない会社も多いですね。

労働基準監督署に相談するという手もありますが、現実はそれで解決することは困難です。

もし、そんな会社にいるのであれば、辞めてしまったほうがいいです。

自分でサービス残業してしまっている

会社側からサービス残業を強制されている場合でなくても、自ら進んでサービス残業をしてしまっている場合もありますね。

こういう場合のほうが多いのでないでしょうか。

責任感が強かったり、上司に怒られるのが嫌であったりという理由からついつい家に持ち帰って仕事をしてしまうなんてことも。

本来は会社側もさせないように、仕組みづくりをしたりするのがいいのですが、なかなかそこまでしている会社は少ないですね。

となると、自己管理でしないと決めなくてはならないです。

そもそもサービス残業はそんなに効率はよくない行為です。

サービス残業することに慣れてしまうと、まあ家に帰ってやればいいかと安易に思ってしまうようになり、普段の仕事に対して手を抜いてしまうようになります。

本来、時間内で終わることができる仕事であるにも関わらず、それができなくなってしまうのです。

また、与えられている仕事量が多いのであれば、上司に相談するべきです。

スポンサーリンク

最後に

サービス残業が当たり前とは絶対に思ってはいけません。

残業しているのに残業代ゼロなんてありえないことです。

もちろん仕事が大好きであるだとか、何が何でも出世したくて評価をあげたいだとかで、サービス残業を好んでやっている人には何も言うことはできませんが。

会社がそういう風土であるなら、会社を変える。自分がそうなってしまっているなら自分を変えるということを決断し、実行しましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:みなし残業制度の上限や残業代。あなたの会社は守っている?

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

関連:転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

スポンサーリンク



このページの先頭へ