仕事の責任が重たすぎて仕事を辞めたい。追い込まれる前にどうすべきか

仕事の責任が重たすぎて仕事を辞めたい。追い込まれる前にどうすべきか

入社した当初は仕事を覚えることや周りの人に馴染むことに悩んでいたのも、時間がたつと共になんだかんだで解決していきます。

ただそれに反して、仕事を覚え経験が増していくことに増えていってしまうのが仕事の責任。

適度にあるくらいならばそれはモチベーションに繋がってくれますが、重すぎてしまうと仕事を辞めたいと思ってしまうほどのものです。

ではどうすればその責任の重さから逃れることができるのでしょうか。

関連:仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

関連:仕事のプレッシャーに耐えられない。どう克服すればいい?

仕事の責任が重たすぎて仕事を辞めたい

適度ま責任が重さは仕事を楽しいものにしてくれます。

しかし過度な責任の重さは仕事をただ辛いものにし、当然仕事が楽しいなんて思えずに会社に行きたくない、仕事を辞めたいと思わせてしまうものです。

重い責任によって、あなたはこんなことになっていませんか?

常に仕事に追われてしまう

ミスができない、期限通りに仕事を終わらせなくてはならない、その思いから残業時間は増え、有給をとることもできず、休日も仕事をするようになってしまう人が多々います。

また実際に仕事をしないまでも、プライベートの時間まで四六時中つい仕事のことを考えてしまっているなんて人も多いでしょう。

要するに常に仕事に追われてしまう状態になってしまうのです。

これでは当然心は休まらず、ストレスは蓄積されていく一方。仕事がただ辛いものになってしまいます。

上司から責められることが増える

責任が重い仕事であればあるほど、上司からの目も厳しくなりあれこれと責められることも増えてしまうもの。

また現実を見ず状況も把握せずに、あれはやったのか、これはやったのかなど理想論ばかりを言われて、ただでさえ時間がないのにさらに仕事が増えてしまうなんてことも多いですよね。

そしてその上司の希望を叶えることができずにまた責められる。

それがループしていくことになり、日増しにストレスは増え続けていってしまいます。

体調を崩してしまうことも

そしてこんなことが長く続くと最終的にもたらされてしまうのが体調悪化。大きなストレスがあなたの心身を蝕み、体調不良をもたらしてしまいます。

当然この前にストップをかけなくてはならないもの。

しかし上司でできて当然、できなければならないとその個人をしかりと見ることもなく決めつけ、

当事者は辞めることもできず、その仕事から離れることもできず、限界を超えていると発することもできず、

休職するまで追い込まれてしまうという人も多々いるのが現実です。

責任感の強さは必ずしも良いものではない

会社にとってみれば、責任感の強い人材というのはありがたい存在です。

自分を犠牲にしてでも仕事を完了させてくれる、ミスがないように仕事を進めてくれる。

会社への貢献度はとても高いでしょう。

では逆に労働者側から見てみるとどうでしょうか。

個人の成長という観点から見れば、ある程度責任感を持ちながら仕事をこなしていくことは確かに必要です。

しかしそのことによって自分を犠牲にしすぎたり、追い込みすぎたりするようならば決して良いことであるとは言えません。それでなんとか仕事が上手くいっても体を壊してしまうかもしれないわけですから。

責任を持つということ自体は大切。しかし自分を追い込んでしまうまでの過剰な責任感は持っていても良いことはありません。

なぜもっと気楽に捉えられないのか

このように、責任感を全く持たないのは良くありませんが必要以上に大きくとらえず気楽さを持つことも大切です。

ただ気楽に考えるとは言っても中々難しいですよね。

同じ仕事をしていてものらりくらりマイペースで気楽に仕事をしている人もいますが、それができずに責任に押しつぶされそうになっている人もいます。

では両者にはどういった違いがあるのでしょうか。

出世への強いこだわり

出世したいと思えば思うほど、仕事ではミスができないと思うもの。そしてそれが自分を追い込んでしまう原因になります。

仕事の内容、タイミングにもよりますが、一つのミスによって出世で後れをとってしまうというのは確かにある為、出世欲が強い人ほどミスを恐れ仕事の責任をより強く感じるようになってしまう傾向が強いです。

周囲からの視線が気になる

ミスをしたら周囲から冷ややかに見られる、色々なとこで馬鹿にされるなど、ミスをした時の周りの反応を過剰に悪く想像してしまって仕事を気楽に考えることができなくなってしまっている人も多くいますね。

ミスした時の影響を過剰に捉えすぎている

万が一ミスしたら、期限に間に合わなかったらどうなるのか、そこを過剰に悪く考えすぎて自分を追い込んでしまっている人もいるでしょう。

実はミスしても意外にたいしたことがない、なんとかなるということもあるんですが、あれこれと最悪パターンを想定しておくというのは悪くないと思うんですが、やり過ぎるとより一層自分で責任を重くしてしまうことになります。

自分ひとりで抱え込んでしまっている。

周囲に相談したり、手伝ってもらったり、頼ったりすることができないというのも一つの原因かもしれません。

私の場合もそうですが、最初はとにかく何でも自分でやらなくてはならない、自分の仕事だから自分でやらなくてはいけないと、あれこれと一人で抱え込んで勝手に悩んでいまっていたんですが、

途中から些細なことでも相談したり、厳しいと思ったら頼ったりすることを覚えて一気に仕事が楽になりました。

そうすることで仕事自体も上手く進むようになるし、何より誰かを巻き込んだことによって責任を分散させることもできるというメリットがあります。

辞めたほうが良い場合もある

このように責任が重すぎると思っていても、実は自分の捉え方でそのようにさせているだけの場合も多々あるので、すぐに辞めるのではなくて少し考え方を変える努力をしてみるというのも大切になってきます。

ただそんなことは関係なく、辞めるに値する場合もあります。

例えばあまりにストレスが大きくなてしまっていて、すでに体調に異変が起きている場合。そうなっても続けるのは危険です。

また責任の重さに対して正当に成果が支払われていないような場合も辞めたほうがいいかもしれません。

責任の重い仕事であっても、それに見合った対価を貰うことができればその責任もひっくるめてやりがいを見いだせることがあるでしょう。

しかし報酬が責任に見合わない仕事をいくら続けても、仕事に対する不満はいつまでたっても消えません。

そして最後に明らかに無茶な仕事を任せられている場合。たまにいるんですよね、どう考えても無謀な仕事の振り方ばかりしてくる上司が。

まあとにかく時には仕事を辞めてしまうのも悪いことではありません。

少なくとも仕事を辞めるという選択肢は常に持っておいた方が、責任の重い仕事を与えられても追い込まれ方は大きく違うと思います。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ