正社員からフリーターになった人は早めに正社員に再就職すべき理由。

正社員からフリーターになった人は早めに正社員に再就職すべき理由。

一度正社員として就職したものの、仕事が辛かったり人間関係が上手く行かなかったりと様々な理由から仕事を辞め、アルバイトで生計を立てるフリーターになったという人は少なくありません。

ただそのまま長年フリーターを続けていくことはできる限り避けなくてはいけないこと。今は良くても将来はきっと後悔することになります。

関連:正社員に就職したいけど何すればいいかわからないフリーターの就職活動の進め方

関連:再就職することが不安で怖い。ブランクが長い時に仕事復帰に向けてどうすればいい?

正社員からフリーター、確かにメリットはある

現在の新卒社員の3年以内離職率は大卒が3割、高卒5割と非常に高く、多くの人が新卒で入社した会社を辞めています。

そのうちの多くの人はまた違う会社に正社員として転職していますが、中には派遣社員や契約社員といった非正規社員になったり、そしてフリーターになる人もいます。

確かに正社員として働くのは大変なことも多く、フリーターにはフリーターのメリットもたくさんあります。

仕事は楽になるし時間の自由も手に入ります。

だからこそ一度フリーターになると中々抜け出すことができずついだらだらと続けてしまうのかもしれません。

しかしフリーターを続けた時に待っている将来は決して明るいものではなく、やはりどこかで正社員にならなくてはいけなくなる人が大半。

ただいずれ正社員になることを考えると、再就職は早めに行わなければならない現実があります。

正社員への再就職は早めにしなければならない

正社員を辞めて一度フリーターになった人はつい長々とフリーターを続けてしまいがちになりますが、再就職はできるだけ早めに行わなくてはなりません。

ブランクが長くなると再就職は難しくなる

フリーターの期間は転職活動時に職歴として認められず、単なる空白期間となるブランクのある人だと認識されてしまいます。

このブランクは長くなればなるほどに不利。

ブランクが長いと仕事のやり方を忘れてしまっていたり、年齢相応のスキルが身についていないといった理由から敬遠されてしまうことになります。

また主婦等であればブランク期間に何をしていたが明確である一方で、フリーターは正社員として働けるにも関わらず働いていなかったという悪い印象を持たれてしまう不利な部分もあります。

ブランクは半年までは問題とされない場合が多いのですが、半年を超え、そこから長くなればなるほどに不利になっていくのであまり長くフリーターを続けていると正社員になるハードルが相当高くなっていくでしょう。

年齢が高くなるにつれてフリーターとしてやっていくのは辛くなる

フリーター自体、年齢が高くなるにつれてやっていくのが辛くなる部分も多いです。

アルバイト自体が見つからなくなったり、アルバイト先にも年下しかいなくなり肩身は狭くなり、世間体も悪くなる。

いつの間にかフリーターは楽で良いなんて気持ちもなくなり、ずるずるフリーターを続けてきたことを後悔することになる人が少なくありません。

出世がかなり難しい

ブランク期間が長くなると、なんとか就職することができたとしても出世することは相当難しくなります。

中途採用であっても他の企業で経験を積んできた人なら同年代と同様の評価を得られますし、人によってはむしろ高い評価を得られる人だっています。

しかしフリーターをやっていれば同年代との社会人経験の差は長くなる為、同様の評価をして貰えない場合がほとんど。

もちろん就職後に仕事でとびぬけた成果を上げることができれば可能性はゼロではありませんが、かなり難しいことでしょう。

同年代が昇格、出世し給料も上がっていく中で自分はずっと平社員でたいして給料もあがらないまま。いざそうなるときっと後悔することになるはずです。

正社員になるのが怖くなってくる

正社員から離れれば離れるほど、正社員になること自体が怖くなってくることも多いでしょう。

責任はなく成果も求められないフリーターの仕事に慣れ、前に正社員だった時の嫌なイメージもさらに大きくなり、時間がたてばたつほど正社員になるハードルが高くなってしまうものです。

怖いから正社員への再就職に踏み切れないまま時間がたつ、時間がたつことでさらに正社員になることが怖くなるという悪循環に陥ってしまっている人はきっと少なくはないでしょう。

結局時間がたっても恐怖心は増えていく一方だし、再就職がしにくくなる一方ですから、早めに再就職に踏み切るべきなんです。

フリーターから正社員への再就職に向けて

フリーターから正社員になることは正社員から正社員に転職することに比べると確かにハードルは高いもの。

ただ近年の人手不足の状況もあって、20代はもちろん30代前半でも派遣社員等で諦める必要はなくなっています。

そして実際フリーターから正社員になった人のうち、ほとんどの人は正社員になって良かったと感じています。

収入は増え将来への展望も開け、仕事にやりがいも見出すことができる。もちろん良いことばかりではありませんが、良いことの方が多いはずです。

今はフリーターであっても利用可能な転職支援サービスがたくさんありますし、社会人経験が一度でもあるなら大半のところは問題なく利用できます。

便利なサービスですから、これらのサービスを使いながら再就職活動をスタートさせていきましょう。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

また最近はネットビジョンアカデミーのように無料でスキル取得からサポートまでを支援してくれるサービスもでてきているので、ITエンジニアを希望しているならチェックしてみてください。

参考:ITエンジニアに未経験から転職するには?まずはネットワークエンジニアになることを目指してみよう。



このページの先頭へ