正社員の仕事がきついから辞めて派遣社員の仕事に転職することを考えていてもやめておいた方が良い

正社員の仕事がきついから辞めて派遣社員の仕事に転職することを考えていてもやめておいた方が良い

仕事がきつい。正社員として働いていてそんな悩みを持っている人は少なくないと思います。

ただそんな理由から正社員自体を辞めて派遣社員に転職することを考えているなら、今一度良く考えてみる必要があります。

単に仕事が楽だからという理由で派遣社員になると、いずれ後悔することになる可能性が非常に高いからです。

関連:転職先が見つかるまでのつなぎ派遣を行うメリットとデメリット

関連:正社員を辞めたい。正社員から派遣社員、契約社員になることはあり?

仕事が楽だからという理由で派遣社員になる人は多い

正社員ではなくあえて派遣社員として働く理由は人それぞれ。

やりたい仕事が見つからない、正社員の仕事自体が見つからないという理由や、色々な仕事、色々な職場で働きたいという人もいます。

そして正社員に比べると仕事が楽だからという理由で派遣社員になる人も多いです。

  • 正社員だと残業しなくてはならないけど派遣社員なら残業しなくてすむ
  • 正社員のように責任が重い仕事をしなくてすむ
  • 仕事内容が簡単
  • 簡単に仕事を変えることができる

そんな風に気楽に働くことができることにメリットを感じているわけですね。

現在正社員として働いているが仕事がきつくて辞めたいと思っている人にとっては、そんな派遣社員が羨ましく思えて、給料が下がったとしてもなりたいと思うことだってあるでしょう。

1日の大半を費やすことになる仕事。きついと本当に辛いですからね。

正社員の仕事はきついから派遣社員に転職することはやめた方が良い理由

ただ本当に正社員の仕事から派遣社員に転職することについては、決して安易に決めて良いようなことではなく、しっかり考えて行わなくてはなりません。

派遣社員として働くことが全てダメというわけではありませんが、もし単にきついという理由から転職しようと思っているならやはり正社員として転職するのが基本です。

その理由には以下のものが挙げられます。

正社員の仕事全てがきついというのは大きな間違い

仕事によっては確かにかなりきつい仕事もあるでしょう。ただ全ての仕事がそういうわけではありません。

正社員でも残業が少なかったり、定時で帰れる仕事もあるし、精神的にそれほどきつくはない仕事もある。それどころか楽しいと感じることができる仕事だってあるかもしれません。

あなたが正社員を辞めたいと思っている理由は、派遣社員でなければ解決することができるものではないはず。

長期目線では正社員の方が楽になってくる

現在のきつい正社員の仕事から逃れ、派遣社員になったとしましょう。

その結果、一時的には仕事が楽だと感じることはできるかもしれません。

しかしそれはあくまで一時的。その気持ちはいつまでも続くことはありません。

仕事の環境、内容等にももちろんよりますが、正社員として長く働けば多少なりとも仕事に対して慣れていきます。

しかし最大3年しか働くことができない派遣社員の仕事はそういうわけにはいきません。

それどころか働きにくさはどんどん増していくでしょう。

20代なら問題なく働くことができる派遣の仕事も、30代、40代になるにつれて周りからの扱いが冷たくなり、それどころか仕事も中々見つからなくなって派遣の仕事の中でもきつい仕事にしか就けなくなる可能性も高いのです。

それだけではありません。

給料は上がらずいつまでも低いまま、いつ仕事がなくなるのかという不安もどんどん大きくなり、精神的な負担はどんどん大きくなってしまいます。

正社員を辞めることのリスクが大きい

一度正社員を辞めてしまうと、派遣社員から正社員に再度戻ることの難易度は高くなってしまいます。

多少の期間ならまだ良いのですが、派遣社員としての期間が長くなればなるほど、そして年齢が高くなればなるほどに難しくなるのです。

今は好景気で人手不足の企業が多くなっている売り手市場なので派遣社員から正社員に転職するチャンスは大いにありますが、それがいつまで続くとは限りません。

また正社員として転職をすれば給料はそれほど変わらないか、下がっても多少で済みますが、一度派遣として働くと、再度転職する際には大幅な年収ダウンになってしまう場合が多いです。

転職時は前職の年収がベースとなることが多いので、一度派遣で働き年収が下がってしまうとそれがベースになってしまうのです。

正社員を辞める。実はとてもリスクが大きいことなのをよく理解しておかなくてはなりません。

フルタイムで働く以上はまず正社員として転職することを第一希望に挙げよう

確かに今よりもきつくない仕事を楽しく働くことができる仕事を正社員で見つけることは、派遣社員で見つける場合に比べると難しいでしょう。

しかしできないことではありません。

週三日で働きたい、1日4時間だけ働きたいなど正社員として働く際には不可能な条件を考えているのであれば仕方ありませんが、フルタイムで働くことを考えているのであれば、正社員として転職することを第一希望に挙げて転職活動を進めていきましょう。

転職活動を進めていく場合、転職サイトはもちろんですが転職エージェントを活用していくことをおすすめします。転職全般のサポートを受けることができるのでかなり転職活動が楽になります。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ