仕事が精神的に辛い、もうまいってしまったという人は自分の働き方を見直そう

仕事が精神的に辛い、もうまいってしまったという人は自分の働き方を見直そう

仕事が精神的に辛すぎてまいってしまった。でも色々なことを考えると辞めることができない。

そんな葛藤の中で毎日を送っている人も少なくはないのでしょうか。

ただそれではこれからも自分を苦しめ続けることになるだけ。無理して続けても明るい未来は待っていません。

関連:仕事に行きたくない病はどうすれば解消できる?辞めるか辞めないかの判断は?

関連:仕事を辞めたいという人に知ってほしい辞めれなかった時の行く末。

精神的に辛いまま働き続けるのは決して良いことではない

我慢すること、耐え続けること、苦労することが美徳とされており、周りも仕事は辛いのが当たり前、辛いから辞めるなんていうのは甘え、辛抱することが大切なんてことを言う人も少なくありません。

確かに我慢すること、苦労することで得られるものもありますから、それはあながち間違っているわけではありません。

ただそれにも限度がありますよね。

精神的な限界を超えてまで我慢していては、得られるもの以上に失うものの方が圧倒的に多いです。

そして難しいのは精神的な辛さの感じ方、限界のハードルが人それぞれであるということ。

同じ仕事をしている場合でも、そのことに対して辛いさは全然違うし、我慢できる度合いも違います。

しかし周りは他の人ができているからやるべきだ、辛くても我慢するべきだと決めてしまいます。

自分を責めてしまい余計精神的に辛くなる

どういったことに辛いと感じるのか、どこに限界があるのかなんて人それぞれです。

しかし多くの場合、その精神的な差はおろそかにされてしまいがち。そしてそれは自分の中でも同様です。

周りはできているのに自分ができない。周りは我慢しているから自分も頑張らなくてはならない。

そしてそれができない自分がいると、自分を責めてしまうことになってしまいます。

ただでさえ精神的に辛い状況を我慢しているにも関わらず、さらに自分を責めて余計に辛い原因を作ってしまう。

そんな悪循環に陥ってしまう場合が非常に多いです。

しかし本当はそんなものは人と比較できることではありません。全く同じようなことに見えても実は根本的な部分が違っていたり、捉え方が違っていたりで、そこには運もあります。

大丈夫そうに見えて実は同じように精神的に限界が近いような状態にある人だっていますしね。

精神的に辛い、もう逃げ出したい、その思うのは自分が弱いからではなく、決して自分を責める必要があることではないのです。

お金の為に働くなら他の仕事でも十分可能

一旦、そもそもなぜ仕事をするのかということを考えてみましょう。

精神的に辛いと思いながらも仕事を変えずに働き続けている人のほとんどは、「お金の為」、「生活の為」と答えると思います。

できることなら辞めたいけれど、仕事を辞めると生活することができなくなるから耐え続けなくてはならないとなってしまっていることでしょう。

ただこれはだいたいの場合、変わりがきくことです。今は年収を下げずに転職することも十分可能だし、多少年収が下がったとしても生活に影響及ぼさない範囲で精神的な辛さを和らげることができるなら良いですよね。

お金は仕事をする理由にはなります。しかしその仕事を続ける理由にはなりません。

単にお金だけになってしまっているならば今の状況にこだわって自分を縛っていてはだめなんです。

時には逃げることだって大事、それは甘えではない

仕事を辞めて転職するとなると、どこかで逃げている、甘えているなんていう考え方をもってしまう人もいるかもしれません。

ただ全てをそれで片付けていると、本当にすべきことを見失ってしまいます。

確実に辞めた方が良い時はあるし、辞めて精神的に楽になったり、充実したりする場合もあります。

耐え続けることを常に良しとしないでください。時には逃げることだって大事です。そしてそれは決して甘えではありません。

我慢して自分の人生を犠牲にするくらいなら、さっさと辞めて自分の人生を充実させるものにしてください。

周りが言う「こうあるべきだ」と言う考え方に捉われないでください。

自分にとってベストの働き方を探してみよう

仕事を辞めるのは怖いことではありません。転職して成功を収めた人はたくさんいます。

もっと気を楽に、楽しく仕事をしましょう。何かに捉われすぎないでください。

もちろんだからといって辛い時はポンポン辞めても良いというわけではありません。今のきついことが我慢したことで明かるい未来に繋がっていく場合もあります。

だからこそそこはじっくり考えなくてはなりません。

ただ少なくとも、今の仕事を続けるだけしか選択肢がないわけではない、多様な働き方を選ぶということがあるということは知っておいてください。

まずは転職サイトや転職エージェントで色々とどんな仕事があるのかを探してみてはどうでしょうか。

今は何も見えない選択肢も、具体的に見てみることで自分の中で何かが変わるかもしれません。

転職サイトでは適正診断もありますし、転職エージェントはカウンセリングを行ってくれます。

具体的な行動をして、まずは自分の幅を広げていきましょう。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ