仕事が精神的に辛い、もうまいってしまったという人は自分の働き方を見直そう

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

仕事が精神的に辛い、もうまいってしまったという人は自分の働き方を見直そう

仕事が精神的に辛すぎてまいってしまった。でも色々なことを考えると辞めることができない。

そんな葛藤の中で毎日を送っている人も少なくはないのでしょうか。

ただそれではこれからも自分を苦しめ続けることになるだけ。無理して続けても明るい未来は待っていません。

関連:仕事に行きたくない病はどうすれば解消できる?辞めるか辞めないかの判断は?

関連:仕事を辞めたいという人に知ってほしい辞めれなかった時の行く末。

精神的に辛いまま働き続けるのは決して良いことではない

我慢すること、耐え続けること、苦労することが美徳とされており、周りも仕事は辛いのが当たり前、辛いから辞めるなんていうのは甘え、辛抱することが大切なんてことを言う人も少なくありません。

確かに我慢すること、苦労することで得られるものもありますから、それはあながち間違っているわけではありません。

ただそれにも限度がありますよね。

精神的な限界を超えてまで我慢していては、得られるもの以上に失うものの方が圧倒的に多いです。

そして難しいのは精神的な辛さの感じ方、限界のハードルが人それぞれであるということ。

同じ仕事をしている場合でも、そのことに対して辛いさは全然違うし、我慢できる度合いも違います。

しかし周りは他の人ができているからやるべきだ、辛くても我慢するべきだと決めてしまいます。

自分を責めてしまい余計精神的に辛くなる

どういったことに辛いと感じるのか、どこに限界があるのかなんて人それぞれです。

しかし多くの場合、その精神的な差はおろそかにされてしまいがち。そしてそれは自分の中でも同様です。

周りはできているのに自分ができない。周りは我慢しているから自分も頑張らなくてはならない。

そしてそれができない自分がいると、自分を責めてしまうことになってしまいます。

ただでさえ精神的に辛い状況を我慢しているにも関わらず、さらに自分を責めて余計に辛い原因を作ってしまう。

そんな悪循環に陥ってしまう場合が非常に多いです。

しかし本当はそんなものは人と比較できることではありません。全く同じようなことに見えても実は根本的な部分が違っていたり、捉え方が違っていたりで、そこには運もあります。

大丈夫そうに見えて実は同じように精神的に限界が近いような状態にある人だっていますしね。

精神的に辛い、もう逃げ出したい、その思うのは自分が弱いからではなく、決して自分を責める必要があることではないのです。

お金の為に働くなら他の仕事でも十分可能

一旦、そもそもなぜ仕事をするのかということを考えてみましょう。

精神的に辛いと思いながらも仕事を変えずに働き続けている人のほとんどは、「お金の為」、「生活の為」と答えると思います。

できることなら辞めたいけれど、仕事を辞めると生活することができなくなるから耐え続けなくてはならないとなってしまっていることでしょう。

ただこれはだいたいの場合、変わりがきくことです。今は年収を下げずに転職することも十分可能だし、多少年収が下がったとしても生活に影響及ぼさない範囲で精神的な辛さを和らげることができるなら良いですよね。

お金は仕事をする理由にはなります。しかしその仕事を続ける理由にはなりません。

単にお金だけになってしまっているならば今の状況にこだわって自分を縛っていてはだめなんです。

時には逃げることだって大事、それは甘えではない

仕事を辞めて転職するとなると、どこかで逃げている、甘えているなんていう考え方をもってしまう人もいるかもしれません。

ただ全てをそれで片付けていると、本当にすべきことを見失ってしまいます。

確実に辞めた方が良い時はあるし、辞めて精神的に楽になったり、充実したりする場合もあります。

耐え続けることを常に良しとしないでください。時には逃げることだって大事です。そしてそれは決して甘えではありません。

我慢して自分の人生を犠牲にするくらいなら、さっさと辞めて自分の人生を充実させるものにしてください。

周りが言う「こうあるべきだ」と言う考え方に捉われないでください。

自分にとってベストの働き方を探してみよう

仕事を辞めるのは怖いことではありません。転職して成功を収めた人はたくさんいます。

もっと気を楽に、楽しく仕事をしましょう。何かに捉われすぎないでください。

もちろんだからといって辛い時はポンポン辞めても良いというわけではありません。今のきついことが我慢したことで明かるい未来に繋がっていく場合もあります。

だからこそそこはじっくり考えなくてはなりません。

ただ少なくとも、今の仕事を続けるだけしか選択肢がないわけではない、多様な働き方を選ぶということがあるということは知っておいてください。

まずは転職サイトや転職エージェントで色々とどんな仕事があるのかを探してみてはどうでしょうか。

今は何も見えない選択肢も、具体的に見てみることで自分の中で何かが変わるかもしれません。

転職サイトでは適正診断もありますし、転職エージェントはカウンセリングを行ってくれます。

具体的な行動をして、まずは自分の幅を広げていきましょう。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ