精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

もっと精神的に楽な仕事がしたい。

仕事がきつければきついほど、そのように考える人も多いのではないでしょうか。

実際、仕事が精神的にきついことでうつ病を患ってしまう人も少なくはありません。

そこで、今回は精神的に楽な仕事の特徴を紹介していきます。

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:未経験でMRに転職する場合の注意点、MRのメリット、デメリットとは。

スポンサーリンク

精神的に楽な仕事の特徴

精神的にきつい仕事を続けることは非常に辛く、何年、何十年と続けることを考えるとゾッとします。

もちろん、仕事を続けることによって、仕事に慣れてきたり、ストレス耐性がついたりすることで、辛さを感じなくなることもありますが、いつまでたっても慣れずに体を壊してしまうこともあります。

どんな仕事が精神的に楽で、どんな仕事が精神的にきついかというのは、人によって様々ですが一般的な精神的に楽な仕事の特徴を紹介していきましょう。

ノルマがない、ノルマがゆるい仕事

営業だと、月に何件は成約させなくてはならないというノルマを設定している会社も少なくはありません。

このノルマが厳しいと精神的にきつくなってしまいます。

ノルマを達成できないことで、上司に怒られたり、職場に居づらかったり、給料があがらなかったりという影響がでてきます。

もちろん、出世にも影響するでしょう。

また、営業職ではなくても、技術職などで特許を何件ださなくてはいけないだとかなんていうノルマもあります。

数字があからさまにでるノルマは、評価しやすいという面がある一方で、差がはっきり分かれてしまうことから精神的に辛い状況に陥りやすいという面があります。

納期が厳しくない

仕事にはほとんどの場合、納期が設定されています。

その納期が厳しすぎることは精神的な負担を強いります。

仕事が終わらないことで上司に怒られる、労働時間が長くなる、ミスした時に取り戻す時間がない為にミスが許されない。

仕事によっては短納期の仕事が次から次へと入ってきて、一息つく暇もなく常に全力で仕事をしなくてはならないこともあります。

納期がゆるければ、自分のペースで仕事を進めることができる為、精神的に楽な仕事と言えるでしょう。

スポンサーリンク

仕事量が適切

いくら納期がゆるくても、仕事量が多すぎると仕事が終わらずに、結果的に納期に間に合わないという状態になってしまいます。

その為、結局納期が厳しいことと同様のことが起きます。

周囲からは時間はあったのになぜ終わっていないんだと責められたり、仕事が多いと言うと時間をうまく使えと言われてしまう。

ただ、仕事は少なければいいというわけではなく、暇すぎることで精神的に辛いと感じる人も多くいます。

リストラの為のいわゆる追い出し部屋も、暇な状態を作り自主退職に追い込むわけですから、暇はやはりきついのです。

ですから精神的に楽な仕事は、仕事量が適切であることが必要です。

関連:仕事量が多すぎる。その原因は?

関連:キャパオーバーで仕事が終わらない。原因は自分?それとも会社?

人間関係が良好

仕事の内容、厳しさということは関係なしに人間関係が悪いと精神的にきつくなってしまいます。

実際、人間関係が上手くいかずに仕事を辞めてしまう人も少なくはありません。

会社に所属して仕事していると、上司、同僚などと付き合っていかなくてはなりません。

仕事がきつくても人間関係が良好であれば、相談等もしやすく精神的にも楽であることが多いです。

関連:会社、職場での嫌がらせ、職場のいじめにどう対処する?

関連:嫌いな上司、嫌いな先輩と上手く付き合う方法

代わりの人間がいる

高いスキルを持ち、自分にしかできない仕事があるというのは、自分の価値という面では非常に良いと言えるでしょう。

しかし、その状態は精神的にきつい状況がつくられてしまいます。

自分にしかできない仕事がある結果、仕事量が増大してしまったり、仕事に対するプレッシャーが強くなることが多いです。

逆に、代わりの人間がいるのは精神的に楽であると言えます。

仕事を分担できたり、相談することもできる為、精神的な負担は少なくなるでしょう。

 

残業が適切

残業時間が少ないと、仕事から解放される時間が多く、疲れをとることができます。

それは身体的な面だけでなく、精神的な面でも一緒で、しっかり疲れをとることができる為、精神的にゆとりを持つことができる為、楽と感じることが多いです。

ただ、仕事量が多く、仕事が終わらない状態で残業することが許されないことで精神的なきつさを感じてしまう人もいます。

そういった時は早く帰っても仕事のことばかり考え、精神的に余計疲れてしまうことになりかねません。

ある程度融通が利く、適切な残業が良いと言えるでしょう。

関連:残業、休日出勤したくない!残業が多いことが当たり前な現状から脱出

休日が多い、休みやすい

残業同様、休日もまた精神的な楽さをもたらす要素の一つと言えます。

休日が少なければ、仕事から解放されプライベートを楽しむ時間が少なくなってしまいますから精神的な疲れがなかなかとれません。

休日は、年間休日数だけでなく、有給休暇のとりやすさも関わってきます。

また、休日出勤が多いことで休日は極端に少なくなることもあります。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

通勤時間が短い、満員電車に乗らなくて良い

直接仕事と関わることではありませんが、通勤が精神的な辛さをもたらしていることも多々あります。

特に通勤時間が長く、満員電車に乗らなくてはいけないという状況によって精神的に辛いと感じる人も少なくありません。

通勤時間が短かったり、たとえ長くても椅子に座れてのんびりできるのであれば、それだけ自分の時間をとることができます。

人と関わることが少ない

会社に所属している限り、上司や同僚などと関わっていかなくてはなりません。

しかし、仕事をする際にはチームとして行う場合もあれば、自分一人でもくもくと仕事をする場合もあります。

どちらかというと、自分一人でもくもくと仕事をするほうが精神的に楽だと感じることが多いようです。

外にでる仕事が多い

事務所ではなく、お客さんのところに行ったり、支店に言ったりと、

事務所にずっといるのではなく、外にでることが多い仕事は、一息つくことがしやすく、

精神的な負担を軽減してくれます。

仕事への接し方で精神的に楽になる

精神的に楽な状態を作るには、仕事内容、職場環境、労働環境といったものが重要となります。

しかし、それだけではなく、自分の仕事への接し方も非常に大切な要素となります。

例えば、あまりに強く出世を望みすぎていたり、周囲の目を気にしすぎて居たりすると、

一つのミスすら許すことができずに精神的に辛い状態を作り上げてしまうことになります。

もちろん上を目指すことは重要ですが、それによって毎日が辛く感じ、決して幸せと言えない状況に陥ってしまうことは誰も望んでいることではないでしょう。

どこかで割り切る必要はあるし、常に全力ではなく程よく手を抜き要領よく生きるということも必要です。

そうでなければ、たとえホワイト起業に転職することができたとしても、結局精神的に辛いと感じてしまうことになってしまいます。

自分に合った仕事、会社を見つける

今の仕事が辛いと感じてしまっているのであれば、まずは様々な仕事について調べてみましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:会社、仕事の選び方、自分の基準をしっかり持とう

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ