生産技術はきつい?仕事内容ややりがい、転職、求人情報に関するまとめ

生産技術はきつい?仕事内容ややりがい、転職、求人情報に関するまとめ

機械系、電子系、化学系など、製造業と言っても多様な分野がありますが、ものを作る以上はどのように生産するかを考え、実際に生産していく必要があります。

その生産に対する重要な仕事としてあるのが生産技術。

今回はその生産技術の仕事内容や転職事情について紹介していきます。

関連:理系の転職、求人が多く転職しやすい職業とは?

関連:理系男子や理系女子が就く職業や就職活動、特徴をまとめてみた

生産技術の仕事

正直言って生産技術はそれほど人気があるとは言えません。

メーカーに就職した技術職の人は大半が研究、開発、設計で働くことを希望します。もちろん生産技術を希望する人もいますが、少数派と言えるでしょう。

とは言え製造業にとって生産技術は欠かせないものですから、希望していなくても配属される人は一定数います。その結果、生産技術に配属されたことに対してショックを受ける人は決して少なくありません。

ただ、生産技術もやりがいはあり、楽しもうと思えば楽しむ要素はいくらでもあるものです。

ここでは生産技術の仕事内容について紹介していきましょう。

仕事内容

生産技術の主な仕事内容は、製品の設計、ものを作るための生産ラインを設計すること、導入すること、管理すること、改善すること、工法を開発することです。

製品の設計

製品を設計するのは主に設計部署の仕事ですが、生産技術の立場から設計に口を出していくことも多々あります。

製造現場を知らない設計部署に完全に任せてしまうと、非常に作りにくい製品ができあがってしまう為、生産技術者も設計に加わり、最初から作りやすさも考慮にいれた製品を設計していきます。

設計段階からコスト削減の為に生産性をおりこんでいくのです。

生産ラインの設計

まずは生産ラインの設計。どうすれば決められた建物の中で、安く、高品質ものを決められた数だけ作ることができるラインを決められた期間内で導入することができるのかを考えていきます。

ラインの構成はもちろん、使う技術や設備も考えますし、物流なんかも検討していかなくてはなりません。

いくらでもお金をかければいくらでも高品質を実現できますが、それでは利益をだせませんし、逆に品質をおろそかにすればコストを下げることができます。

ただ、高品質、低コストのどちらも両立することは難しく、技術者の腕の見せ所であると言えるでしょう。

生産ラインの導入

設計が終わったら具体的に導入です。

設備メーカーへの発注、納期管理、確認しながら導入していきます。

分野にもよりますが、基本的にはかなりの量の設備を発注することになるので扱う額はかなり高額になりますので予算管理は非常に重要になりますし、一つ一つのものも大きい為、納期遅れ等がないように要所要所での確認も重要になってきます。

設備メーカーとよくコミュニケーションをとり信頼関係を築いていくことが非常に重要になります。

生産ラインの改善

導入した当初というのは、不具合も多数でてきくる為、一つずつつぶしていくことが必要になります。

簡単に解決できるものもあれば、なかなか解決できないものもあって、ラインにはりつき原因究明を行ったりと泥臭いことをする必要もでてきますし、柔軟にかつ論理的に考えていくことも必要になってきます。

また導入したばかりのラインではなく以前からあるラインについても、コスト削減や品質向上の為に改善を行ったりもします。

工法の開発

生産ラインを作る上で、高品質、低コストを実現するにはどのような工法を使うかが重要になってきます。

技術は常に進化していますから、いつまでも古い技術に頼らずにどんどん新しいことを生み出していかなくてはなりません。

生産技術者は、その工法の開発も行っていきます。特許をだすことも多いでしょう。

やりがい

生産技術という仕事のやりがいはどういったところにあるでしょうか。考えられるものとしては、

  • 規模の大きい仕事ができる
  • 幅広い知識が身につく
  • 自分の手でものを形にできる

といったところにあると思います。

設備は非常に高額であり、しかも何台もいれることになりますから扱う金額は大きいし規模も大きくなります。

また生産技術者には、工法、製品設計、投資、経営といった幅広い知識が必要になり、それが身についていくこともやりがいにつながるでしょう。

何より一番大きいのは、自分の手でものを形にできるという点です。

苦労してラインを立ち上げ、実際に稼働した時の喜びはひとしおです。

きつさ

生産技術の仕事はきついと言われています。確かに楽ではないでしょう。

忙しい

忙しさは会社にもよるんですが、たいていは生産技術の仕事は、かなり忙しい部類にはいる職種です。

同時に色々な仕事をしなくてはならなかったり、急なトラブルに対応する必要もでてくるので、残業時間も長くんることが多いかもしれません。

休日出勤が多い

新しいラインを作る場合であればそれほど休日出勤はないのですが、既存のラインを改善、改造する担当となると休日出勤が増えてしまいます。

平日はラインが稼働しているので手をいれることができず、土日や長期連休でしか対応することができない為です。

規模の大きいものは長期連休にまとめておこなうという形しかとることができない為、連休が潰れてしまうなんてこともありますね。

交渉事が多い

生産技術の仕事はとにかく交渉事が多いです。

同じ会社内の設計部署や製造部署との交渉であったり、発注先の設備メーカーとの交渉もあります。

相手にも言い分はありますから、いかに上手く交渉でき自分の希望を叶えるかが重要になってきます。

怒られることも多い

実際にラインでトラブルがあったら怒られるのは生産技術者。

その問題が設計にあろうと、設備メーカーにあろうと、まず一番最初に怒られます。

もちろんトラブルを起こさないようにできればいいのですが、最初から完璧にはなかなかできるものではありませんから、怒られるのは避けては通れないことかもしれません。

板挟みにあう

現場と設計、開発部署との板挟みにあうのも生産技術のきついところ。

そんなものは作れない、そんなことはできない、もっと良い生産方法にしろと現場に詰め寄られ、設計からは機能上必要だから仕方ないと言われてしまうなんてこともよくあることです。

生産技術者の転職

では次に生産技術者の転職について紹介していきます。

転職の状況

生産技術の経験は、割と汎用性があることや需要に対して供給が少ないという点から転職に関してはしやすい傾向にあります。

製品に関する知識がない他業界への転職に関してもそれほど不利にはならず受け入れてくれます。

ただ未経験の場合だと、大手企業に転職することはかなり厳しいです。

まずは中小企業から生産技術者としての経験を積むか、まずは派遣会社の正社員になり大手の生産技術部門に派遣してもらい経験を積んだ上で転職するという形があります。

派遣会社の正社員であっても、その後大手の企業に転職できたという例も実際にあるので、チャレンジしてみてもいいかもしれません。

ただ派遣会社の正社員になることにはデメリットもあるのでよく知った上で決めましょう。

求人情報の入手に関して

派遣会社の正社員だと、リクナビネクストなどの転職サイトで検索すれば多数でてきますが、あまり他のは充実していません。

ただ、求人がないのではなく、大半が非公開求人となっているだけであって実際は求人は多数あります。

ですので転職する場合には転職サイトのスカウト機能や、転職エージェントを利用する必要があります。

転職に向けて

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

関連:常用型派遣、特定派遣とは?一応正社員だけど普通の正社員とは大きな違いがあるので要注意!!

関連:大卒で工場勤務ってどうなの?転職する際に知っておきたい働き方の特徴や転職方法



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ