転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

転職において大事なことは、以前の会社で抱いていた不満が解消されたかということ。

その不満というのは年収であったり、人間関係であったり、労働環境であったりと人様々でしょう。

そういった不満を解消することができれば転職は成功と言えるでしょう。

では転職で不満を解消し、成功できる人の割合、すなわち転職の成功率はどの程度なのでしょうか。

関連:転職のきっかけは?実際に転職活動を始めた理由。

関連:転職で仕事が決まらな不安や焦り、どう解消して今後どうする?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク

転職の成功率、不満を解消できた人はこんなにいる

転職の成功率はどのくらいだと思いますか。

私自身、転職活動をする以前は転職したところで不満なんて解消されないだろうと思っていましたが、実際は違いました。

転職の成功率は驚きの数字

転職の成功率は驚きの数字です。

転職サイトのリクナビネクストが運営しているTech総研の調査で、年収が増えた人、減った人にわけて、転職前の不満が解消されたかどうかしすなわち成功率がわかりました。

その結果は以下の通りです。

  • 年収が増えた人の成功率・・・86%
  • 年収が変わらない人の成功率・・・77%
  • 年収が減った人成功率・・・66%

年収が減った人に比べて、年収が上がった人の成功率が高いのはわかりますが、

年収が下がった人ですら、3人に2人は転職前の不満が解消されているのです。

転職では年収があがる人が圧倒的に多いので、全体で見れば

転職の成功率は80%程度になると考えられます。

なんとも驚きの数字です。

転職の満足度

上記の調査に加えて、転職の満足度についても調査されまています。

不満が解消されれば十分成功といえますが、さらなる高みを見据えると、不満が解消されただけでは満足できないという人もいるでしょう。

その結果は以下の通りとなっています。

年収が増えた人

  • とても満足・・・19%
  • やや満足・・・39%
  • 普通・・・28%
  • やや不満・・・11%
  • とても不満・・・3%

年収が変わらない人

  • とても満足・・・5%
  • やや満足・・・27%
  • 普通・・・44%
  • やや不満・・・15%
  • とても不満・・・10%

年収が減った人

  • とても満足・・・3%
  • やや満足・・・13%
  • 普通・・・25%
  • やや不満・・・30%
  • とても不満・・・28%

転職で不満が解消されて成功したとは言えるけど、満足とまではいかないという人が多いですね。

特に年収が減ってしまうと、本来の転職の目的が年収ではないものの不満を感じる人が多いですね。

ただ、年収は上がる人の割合が多いので、全体的には50%程度の人が転職に満足しているということになるでしょう。

スポンサーリンク

転職の成功率はかなり高い

今回紹介したように成功率を見れば、転職に挑戦してみる価値は十分にあると思います。

確かに絶対に成功するとも限りませんし、少数派であっても、不満が解消されなかった人もいます。

ですから、不安になる人もたくさんいることでしょう。

ただ、現在不満がある状況から脱する為には必要なことであり、挑戦してみなければ何も変わらない毎日を過ごすことになってしまいます。

特に最近は多くの企業で人手不足が深刻化しており、それに伴い転職市場は超売り手市場となっています。

従来に比べて転職のしやすさというのはかなり良くなっています。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

関連:転職活動がばれるのだけは避けたい。何に気をつければいい?

関連:転職回数の平均はどれくらい?実は転職している人は多く、していない人は少ない

関連:転職にまつわる失敗談。これから転職しようと思っている人は要チェック!

関連:転職での書類選考に落ちる。履歴書、職歴書の書き方に問題あり?

スポンサーリンク



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ