転職したことで生活面で変わること。どういう変化があるかは必ず事前にチェック

転職したことで生活が変わること

転職すると仕事面では仕事内容や会社の人間関係など、多くの変化があります。

ただそれだけではありませんよね。

仕事ではなく生活面でも自分や家族にとって大きな変化を伴う場合が多いですから、転職前にはしっかり考えておかなくてはなりません。

そこで今回は転職すると生活面でどういった変化があり、どんなことを考えておく必要があるかを紹介していきます。

関連:仕事を辞めたいけど勇気がでないという人は注意。その先の後悔が見えていますか?

関連:会社を辞めた感想。辞めた直後の解放感や不安、少しの後悔の気持ち

転職する際には生活面もしっかり考えなくてはだめ仕事

仕事がつまらない、人間関係が上手くいっていない、給料が低い、休みが少ないなど、仕事や会社に対する不満を理由に転職する人が多いですね。

こういったことは転職で十分解決することはもちろん可能。実際転職によって不満が解消されたという人は7割から8割に及びます。

ただ仕事で不満が解消されたとしても、それが生活に悪影響を及ぼすようなら問題。

いくら仕事が満足行くものになってしまったとしても、プライベートが充実しなくなってしまうと、またすぐに転職せざるを得なくなる可能性だってあります。

ですから転職する前にはしっかり生活のことも考えるようにしましょう。

転職すると生活面では何が変わる?

では転職すると生活面ではどういったことが変わるのでしょうか。いくつか紹介していきましょう。

生活レベル

まずは生活レベル。

転職では年収が変わることもしばしば。

人によっては200万円以上もアップする人もいますが、逆に他のことを重視して年収が下がってしまう人もいます。

年収が変われば当然生活レベルを見直す必要があるでしょう。

年収が上がる場合は生活レベルを少し上げるのか、毎月の貯金額や投資額を増やすのか。

年収が下がる場合はこれまでの出費をどの部分を抑えるのか、保険などの見直しをする必要はあるのかなど、お金に関することはしっかり最初に考えておきましょう。

年収が下がってもよいから仕事内容重視で仕事を選んだものの、いざ下がった年収で生活するのはかなり辛いことが転職後に気づき、ひどく後悔したという人もいるのです。

また最初のボーナスは査定期間を全て働いていない為、満額貰えない場合が多いので注意してください。

生活する場所

場合によっては勤務地が大きく変わることもあるでしょう。遠いのであれば引っ越しも必要です。

生活する場所が変わることによって考えておかなくて行かないのは以下の通り。

  • 通勤時間、通勤手段
  • 家賃
  • 家族を含めた生活環境

会社との距離が変わって通勤時間や通勤手段が大きく変わるかもしれません。

せっかく残業が減っても通勤時間が1時間以上も伸びてしまったなんて例もありますから注意しましょう。

また家賃相場も要チェック。以前と同じような家を借りようと思っていても、同レベルの家を借りた場合の賃料は地域によって大きく変わりますからね。

会社の近くだと高すぎるからという理由で会社から離れたところにすると通勤時間がかかりすぎますから、年収なども含めてしっかり考えておかなくてはなりません。

また家族を含めた生活環境の変化には十分気を使っておかなくてはなりません。

子供がいれば転校もあります。奥さんはせっかくできたママ友と離れ、知り合いが誰もいない環境で生活することになります。

自分はなんともなくても住む場所が変わったことが原因で家族がストレスを感じてしまうことは多々あるので、あらかじめ話し合っておく必要があります。

また自治体によって受けることができるサービスも異なるので注意してください。

例えば子どもの医療費助成ですが、これは地域間でかなり格差があり、年齢で言うと18歳未満は全額無料となる自治体もあれば4歳未満までという自治体があったり、所得制限がある自治体があれば所得制限がない自治体もあったりと、生活に関することも色々ありますから必ずチェックしておきましょう。

生活スタイル

会社が変われば残業時間は異なりますし、休日数も変わってきます。夜勤ありのところだと勤務時間も大きく変わることになりますね。

早く帰ることができるようになるかもしれませんが、逆にこれまでより遅く帰ることになるかもしれない。

早くなる分には家でのんびりすることができるようになるのでいいんですが、遅くなるような場合だと体力的にどうか、家族はどう思うかについては考えておいた方が良いですね。

友人関係

会社が変わるとそれまでの会社との友人と自然と疎遠になっていくし、会社とは関係ない友人とも住む場所が変わるとそう会えなくなってしまいます。

最初は中々愚痴を言いあったりする仲の人もいないことがストレスになってしまうこともありますね。

もちろんそれは家族も同様です。

良いものになるか、悪いものになるかは自分次第

このように転職で変わるのは仕事に関することだけではありませんから、全てをトータルに考えた上で決定するようにしておきましょう。

転職では、年収が上がった、休日が多くなったということが成功であるというわけではありません。

生活面も含めて自分が満足することができるかどうかが成功と失敗を分けます。

転職が良いものになるか、それとも悪いものになるかは自分次第。

一つのことだけを見すぎて大事なことを見落とさないように気を付けてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ