SEの仕事が辛い、辞めたいと思っている人が転職を成功させる為の手順

SEの仕事が辛い、辞めたいと思っている人が転職を成功させる為の手順

理系、文系、男女問わず新卒で積極的に行われているシステムエンジニア、いわゆるSE。

IT技術の発達に伴い今はかなりの需要があり採用人数は多くなっており、中途採用市場でも未経験者が転職しやすい仕事の一つになっています。

ただ仕事では辛いことも多く、せっかく入社してもすぐに仕事を辞めてしまう人が多いのもこの職種の一つの特徴。

そこで今回はSEの仕事で辛いこと、辞めたいと思っている理由とともに、SEから違う仕事に転職する場合の方法を紹介していきたいと思います。

関連:26歳で転職する場合の注意点。未経験職種、経験者採用どちらも可能!

関連:転職時に知っておくべき未経験可、未経験者歓迎の求人の目的と難易度、評価される為にすべきこと

SEをやっていて辛いこと、辞めたい理由

少し前まで、IT業界はブラック企業ばかりで長時間労働にサービス残業が当たり前なんてイメージがありました。

過酷な労働環境での仕事に対して「デスマーチ」と呼ぶようにもなりましたね。

しかしこんなイメージがあれば当然その仕事に就こうという人は減少。労働者のIT業界離れが進み、深刻な人手不足となってしまいました。

もちろんこれでは業務に支障が起き、下手したら会社自体の存続にも関わりますから、なんとかしなくてはなりません。

その為、以前に比べると多少条件や待遇は改善傾向があり、以前ほどブラック企業と呼ばれるような会社は少なくなってきました。

ただそれでもやっぱり辛いSEという仕事。まだまだブラック企業と言われる企業はあるし、そうではなくても他の仕事に比べると辛い労働環境、そして仕事で苦労することが本当に多いですよね。

勤務時間が長い

SEの仕事は多職種に比べて勤務時間が長く、納期が近づいてきたりトラブルが起きてしまった場合などは毎日のように終電を超えるような状況になってしまう会社もしばしば。休日出勤も度々あります。

まだまだサービス残業も多い傾向にあり、この長期労働によって体を壊してしまう人も中にはいます。

大手企業で労働管理がしっかりしているような会社は中小企業や下請け企業に比べると幾分ましでしゃありますが、それでも他業種の仕事に比べて激務である場合も多いですね。

私の知人で大手で勤めている友人も毎日22時まで残業していると話をしていました。

人間関係で苦労することが多い

SEは特にコミュニケーション能力、交渉力と言った人が絡んだ時に上手くやれる能力が求められますが、中々上手く行かず苦労している人は多いと思います。

顧客との打ち合わせが上手く行かなかったり、現実を知らない上司と顧客との間で板挟みにあったり、同僚と進め方でもめたりと、とにかく人が絡むことが多い仕事の為、その悩みは特に大きなものになりがちです。

人間関係での悩みは本当に辛いですよね。かなり大きなストレスになります。

無茶な要求にうんざりする

顧客から無茶な要求をされたり、営業から無茶なことを頼まれたりと、とにかく損が多い仕事にうんざりしてしまっている人も多いのではないでしょうか。

現実を知らずに要求してきて、その結果ただでさえ忙しい仕事がより一層忙しいものになってしまう。そして残業は増えて、仕事が嫌でたまらなくなってしまっているのではないでしょうか。

給料が安い

SEとして働いている人の中には、給料が安いことが辞めたいと思う原因になっている人も多いのではないでしょうか。

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査によると、SEの平均月収等は以下の通り。

  • 平均月収・・・33万8千円
  • 平均ボーナス・・・102万1千円
  • 平均年収・・・507万7戦円
  • 平均年齢・・・37.4歳
  • 平均勤続年数・・・10.8年

全職種の平均から見ると決して低い賃金とは言えません。

ただSEの場合は会社による賃金の格差がかなり大きく、大手企業で働いていれば1000万円超える場合も少なくない一方で、年収300万円だいしか貰えない人もいます。

給料が安い会社で働いていれば、仕事量やきつさから考えてもきついと感じてしまうのも仕方がありませんね。

給料を上げていく為にはスキルを身につけた上で転職してキャリアアップしていかなければ中々難しいでしょう。

勉強しなくてはいけないことが多い

SEとして働く上で知識を身につけなくてはならないのは当然ですが、SEの場合は身につけなくてはならない知識も多く、今後さらにキャリアアップしていこうと思うとなおさらです。

しかしただでさえ忙しいSE。仕事が終わってからや休日に個人的に勉強するとはかなりしんどいですよね。いっそのこともっと楽な仕事にという気持ちをもつのも仕方ないかもしれません。

中には業務で使う知識を時間外に勉強することを強制してくる会社もあり、やってられないという感じになっている人も多いのではないでしょうか。

スキルが身についていると実感できない、将来が不安

SEとして働いている人の中には、自分の将来に不安感じている人も多いのではないでしょうか。

スキルが身についている気がしない、勤続年数が短い業界で40代以降どうなるかをイメージができない、SEという仕事自体将来減ってきそう、そんな理由によって辞めたいと感じることに繋がっていきます。

SEを辞めた後どうする?転職を成功させる為に知っておくべきこと

こういった理由からSEを辞めて違う仕事に転職しようと考えている人はおそらくかなりいるでしょう。

ただ中途採用で未経験の仕事に就くのはそれなりに大変なこと。それなりに粘り強く進めていく必要があります。

SE以外の仕事をしたいなら20代のうちに転職を

未経験の仕事に就く場合、とにかく年齢が重要になってきます。

未経験者でも可となっている求人も決して少なくありませんし、中には大手でも行っている場合がありますが、その場合は30歳未満、35歳未満という年齢制限がついている場合が多くなっています。

ですからもし転職するならば20代のうちに、遅くても30代前半で行っておかなくてはなりません。

辞めたいと思っているのにだらだら時間がたってしまうのが一番危険なことなのです。

SEとしてでも良い会社はある

SEとしての仕事に嫌気がさしてしまったとしても、せっかくこれまで続けてきた仕事です。その仕事を生かした上で自分に合った働き方できる会社を探すというのも一つの手段であり、ぜひ考慮にいれてもらいたい点です。

SEとしてでもそこまで残業が多くない、給料がそれなりに高いなど良い会社はたくさんあります。

人手不足の環境下で待遇をアップさせている会社も多いですから、ぜひ一度求人を探してみてください。

社内SEとして働くのも一つの手です。それぞれの会社によって仕事内容は様々ですが、SEの中では割と楽で残業もそれほど多くはない傾向にあります。

まずは一度転職エージェントに相談を

SEとして転職するべきか、それとも違う仕事に転職するべきか、頭の中で考えているだけでは中々決めきることはできないと思います。

SEとして転職するにしても一体どういった待遇で転職することができるのかは未知ですし、違う仕事に転職するにしても未経験者がどういった待遇でどういった仕事に転職できるかもまた未知です。

ですからまずは一度転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントではキャリアカウンセリングを行ってくれるので、どういった道があるのかを踏まえた上でどうするのがベストかを診断して貰えます。

もちろん転職サイトにはそれ以前に登録して色々自分なりに情報収集はしておくことも必要です。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ