転職時における様々な仕事の探し方やそれぞれの特徴。上手く行かない場合には色々試してみよう。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

転職時における様々な仕事の探し方やそれぞれの特徴。上手く行かない場合には色々試してみよう。

転職しようと考えた時、あなたはどのように仕事を探し、応募をしますか?

仕事の探し方は色々とあります。結局は応募できる求人を見つけるということに変わりはないのですが、それぞれの探し方によって長所、短所があるのであらかじめチェックしておいてください。

転職時の仕事の探し方とそれぞれの長所、短所

転職時の仕事の探し方は多様です。

転職サイトで探す、転職エージェントから紹介して貰う、ハローワークで探す、企業サイトで探すといったことから、電話で直接問い合わせをしてみるなんて方法をとって内定を取った人もいます。

ここでは、それぞれの探し方に対して長所、短所を紹介していきます。

転職サイト

リクナビネクストDODAといった転職サイトでは、公開されている求人から気になる企業があればその転職サイト経由で応募することが可能です。

また、上記のような大手転職サイトではスカウト機能があって、職歴やレジュメを登録しておけば、企業からぜひ応募してくださいというスカウトメールが来ます。

無料でどこでも利用できる、診断テストや転職ノウハウといって転職に関する情報が手に入るといった点は大きな長所であり、転職を考える人は絶対に登録すべきサービスです。

ただ、検索してでてくる求人というのは実は現在ある求人のほんの一部分であり、大半は非公開求人となっているので公開求人のみで転職活動を進めるというのはちょっと厳しいです。

公開されている求人は誰もが見ることができる分、倍率もかなり高いのでなかなか内定につながりにくいです。

スカウト機能を使えば、非公開となっている求人からオファーが来るのでぜひ使いましょう。ただメールがどれほど来るかどうかは職歴などにもよるので、全く来ないという場合もあるので注意してください。

もっと詳しく⇒転職サイトとは?ハローワークとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

転職エージェント

DODAリクルートエージェント 、JAC Recruitment といった転職エージェントは、無料で担当者がついてくれてマンツーマンで転職に関することを支援してくれるというサービスです。

具体的には、仕事の紹介、キャリアの相談、書類選考や面接対策、面接日程調整、入社日交渉、年収交渉といったことを行ってくれます。

これらのことを無料で行ってくれるということは大きな長所ですし、さらに転職エージェントの扱っている求人は非公開求人が多いので、倍率自体も低く、条件面としても好条件である場合が多いです。

実際、年収1000万円以上の転職をする人はほぼ転職エージェントを利用して転職活動を進めているので、好条件を目指した転職活動をする人にとって利用は必須となるでしょう。

ただ、もちろんデメリットもあります。

エージェント会社にとっては無料でやっている代わりに転職を成功させなくては報酬を得られません。それ故に良くない担当者にあたってしまうと転職を強く進めてくる場合がありますし、ほとんどのエージェント会社では短期間で転職活動を終わらせることに力を入れるので3ヶ月間限定といった時間の制約があり、自分のペースでのんびりというわけではありません。

また、その人の職歴等によって仕事を紹介できないと利用自体を断られるなんてこともあり、いくつかのエージェント会社に登録して利用できることを探す必要があります。

もっと詳しく⇒転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

ハローワーク

国が運営しているハローワークは、仕事を探している人が一番多く使われています。

求人掲載が無料である分、中小企業などが多く掲載されている、地元企業の求人が多く掲載しているというのが特徴です。

転職サイトや転職エージェントに比べると条件面で下がってしまうかわりに難易度が低くなっています。

ただ、ブラック企業が多い、空求人が多いといった短所があるので注意してください。

もっと詳しく⇒ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

企業サイト

企業サイトにおいて中途採用の求人を掲載している会社は少なくありません。

同時に転職サイトで掲載している場合もありますが、掲載していない場合、非公開求人として求人をだしている場合も少なくはないので行きたい企業があるならばチェックしてみるといいでしょう。

ただ転職サイトのように、色々な条件をいれて検索するということができないので、手間が必要となりますし、企業の求めている能力にマッチしていないのに受けてしまって落ちる可能性が増えてしまいます。

電話による問い合わせ

大企業では無理ですが、中小企業なんかだと直接電話で問い合わせして内定までこぎつけたなんていう例も聞いたことがあります。

いきなり電話しても迷惑がられることがほとんどで、確率はかなり低いのでかなりの数に電話しなくてはならないので手間も多く、あまり現実的であるとは言えません。

ただ運よく探しあてたら、熱意を認められて内定を貰うことができるかもしれません。

派遣サイトから紹介予定派遣

正社員として仕事を探す方法としてまずは紹介予定派遣として働くというパターンがあります。

通常の派遣と違って選考がある一方、直接雇用されることが前提となっている働き方であり、派遣として働くのは最大6ヶ月、その後は企業と派遣社員双方が希望すれば直接雇用されることになります。

ただ、紹介予定派遣として働くことができたからといって直接雇用されるとは限らないし、直接雇用されたからといって正社員ではなく契約社員の可能性もあるので、実際に正社員になることができるのは2割から3割程度となっています。

もっと詳しく⇒紹介予定派遣とは何?実態は正社員になれるのはどれくらい?

ヘッドハンティング

自分からわざわざ転職活動をしなくても、ヘッドハンティングされて転職するなんて人もいますね。

それほど多い話ではありませんが、仕事で優秀な成績を収め、さらにそれが他社に知れ渡っているということが必要になります。

ただ、なかなか名前を知られることは難しく、実際は希望者がヘッドハンティング会社に登録するという形が多くなっています。

もっと詳しく⇒ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

張り紙

飲食業や小売り業なんかだと、お店の張り紙に「正社員募集」といった貼り紙がある場合もあり、それに応募して正社員になることができたという人もいます。

ただ、なぜ張り紙で求人をだしているのかというのは少し疑ったほうがいいですね。

ハローワークであれば無料で求人を出すことができるのに、なぜわざわざ張り紙をするのか、何か理由があると思ったほうがいいです。

ハローワークにも出しているけど募集が集まらない、ハローワークに出すほど積極的に募集しているわけではない、ハローワークに拒否されたなんてことが考えられます。

近年の転職事情

最後に、近年の転職事情を簡単に紹介していくことにします。

顕著な人手不足

現在は多くの企業で人手不足となっており、有効求人倍率もかなり高い位置で推移しています。

それゆえ、かなり転職はしやすい状況。

いつか転職したいという人にとっては、チャンスの時期であると言えるでしょう。

転職サイト、転職エージェントの増加

転職サイトや転職エージェントを運営している会社は非常に増えています。

どれを使えばいいかわからないなんてことがあるかもしれませんが、基本的に転職希望者にとって大きなメリット。

ライバル会社が増えている中で利益を上げようと思えば、自然とサービスの質は向上する為です。

転職エージェントの場合、職歴によっては紹介することができませんと拒否されることもありますが、転職エージェントの会社はたくさんあるので探せば利用できる会社も見つかります。

平均年齢の増加、平均転職回数の増加

これまで、転職には35回限界説、転職回数が多くなってくると不利になるというということが言われてきました。

ただ、近年は転職者の平均年齢は増加し、平均転職回数も増加してきており、以前に比べて転職すること自体が一般的になってきました。

それこそ30代後半、40代であっても転職する人の割合は増えており、十分にチャンスがあると言えるでしょう。

第二新卒の需要増大

とりあえず3年は働けという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

そして、新卒3年以内に会社を辞めてもまともに転職はできないといったことも一般的な考え方として浸透していました。

しかし、最近は全くそんなことはなく、入社3年以内に転職する第二新卒の需要は非常に増えており、大手も積極的に採用するようになってきます。

転職活動時には複数のことを試すようにしよう

転職活動を進める際、最初はどれかを使って仕事を探すかと思いますが、あまり良い仕事が見つからない、転職活動がなかなか上手くいかないといった時は複数のことを試してみるようにしてみましょう。

転職サイトを利用するにしたって、転職サイトによって掲載している求人は全然違います。もちろん重複しているものもありますが、大半はその転職サイトでしか掲載していない求人です。

転職エージェントにしたって抱えている非公開求人の種類も違えば、担当者によってサポートの質は変わります。

一度駄目だったからと言って転職をあきらめるのではなく、違う手段を講じてみてください。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ