仕事のサボり癖を直すには?転職して新たな環境に身を置いてみるのもいいかも

仕事のサボり癖を直すには?転職して新たな環境に身を置いてみるのもいいかも

真面目にやらなきゃいけないのについついさぼってしまうというサボり癖が付いてしまったというのは良くあること。

ただ、周囲から評価を落としてしまったり、仕事を終わらずに長時間労働を招いてしまったり、期限内で仕事が終わらずに上司に怒られてしまったりと、正直良いことはありません。

そこで、今回は仕事でサボり癖が付く原因や直すにはどうすればいいのかを紹介します。

関連:仕事を頑張りたいのに頑張れない時にすべきことは?

関連:仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ

仕事でサボり癖がつく原因

では、まずは仕事でサボり癖がついてしまう原因について紹介します。

仕事に飽きてきた

仕事でサボり癖が付く大きな原因は仕事に飽きてきたこと。

毎日毎日、何時間も同じ仕事をしていれば、最初は楽しいと思っていた仕事であっても、誰だって飽きてくるものです。

飽きてくれば当然やる気はなくなるし、つい仕事以外のことに目がいてしまいがちです。

仕事に余裕がある

仕事に慣れてきて余裕がでてきたこともサボり癖がつく原因と言えるでしょう。

余裕がでてくると、多少サボっていても仕事を終わらせることができる為、ついサボってしまいがちになります。

時間を読めていない

与えられた仕事がどれくらいで終わるかを読むことができず、サボってもなんとかなるだろうと慢心してしまうのも仕事をサボる原因です。

例えば2週間後までに終わらせなければいけない仕事があった時、1週間で終わるだろうと勘違いし、サボってなかなか手をつけずにいるという人はたくさんいますね。

そして、実際に始めて大きな後悔をしてしまうのです。

頑張る必要性が感じられない

仕事を頑張っても正当に評価されなかったり、やってもやらなくても良さそうな仕事だと、どうせ頑張っても意味はない、頑張る必要はないと思ってしまい、最小限のことだけをやり、他の時間をついサボってしまうものです。

サボっても問題なかった実績がある

これまで、実際にサボっても誰にもばれずに、仕事もなんとかなって、特に支障はなかったなんていう経験があると、それはサボり癖になってしまいます。

サボる→問題なかった→さらにサボる→問題なかったという感じで悪循環は続いていきます。そして痛い目を見るまでサボり続けてしまうのです。

実際にさぼっている人が周囲にいる

周囲に実際にサボっている人がいて、その人が自分と同等か自分以上に給料をもらっていると、やる気はなくなり、どうせ給料は貰えるんだから自分もサボってしまえなんて言う風に思ってしまいますね。

年功序列制を取り入れている以上、たとえサボっていても年齢が高ければそれなりに給料を貰うことができる為、そうなってしまうことが多いです。

常に疲れた状態が続いている

サボる原因が疲れが溜まっていることによるものであることも多々あります。

精神的、肉体的に疲れていると、集中できずに休憩がてらサボることは増えてきます。

ただ、サボってとる休憩では当然疲れなんてとることができず、むしろ仕事に追われることにつながり余計に疲れがたまります。

そしてさらに集中力が落ちていきサボる頻度が増えていくという悪循環に陥ってしまいます。

仕事のサボり癖を直すには

サボること全てが悪いことではありません。上手くサボることで、逆に仕事の効率をあげていくこともできます。

ただ、過度にサボるサボり癖がついているようだと、やはりそれは良くないことであり、直していく必要があります。

とりあえず一回しっかり休み疲れをとる

まずはとりあえず、一回しっかり休みましょう。

仕事がたてこんでいても、体調不良かなんかを理由に休んでみたり、早く帰るようにし、疲れきった状態で仕事をしている状態から抜け出すことが大切です。

特に毎日睡眠時間をしっかりとるようにしましょう。ついスマホをいじったり、テレビを見たりしていて睡眠時間が少ないと、疲れは取れるどころ溜まっていく一方になってしまいます。

何かしらの目標をつくる

何かしらの目標をつくることも、さぼらないようにするコツです。

1日これだけはするという目標、1週間でこれを終わらせるという目標、1ヶ月、1年後にどういう成果をだすかという目標。

短期的、長期的な目標をそれぞれたててみましょう。

難しい仕事を引き受ける

もういっそのこと、あえて難しい仕事を引き受けてみるというのも一つの方法です。

わざとやらなきゃいけない環境に自分を追い込み、サボっている暇をなくすのです。

ただ、難しすぎて何をやればいいかわからないなんてことになると、何もせずにサボってしまう時間が増える為、自分の実力、周囲の協力関係も考える必要はあります。

誰かは見てるということに気づく

サボっていても誰にも何も言われないからと言って、気づかれていないわけではありません。

というか誰かには気づかれています。職場には敏感に察知する人がいるものです。

たまたまそれが上司ではないから今のところは何も言われずに済んでいるのかもしれませんが、いつか必ず痛い目にあいますよ。

自分は上手くやれているなんて言うのははっきり言って勘違いです。あなたに対して「またサボってる」と思っている人はおそらくいるでしょう。

どうにも直らないならいっそ転職してみるのもあり

仕事をサボってしまっていることは、自分でも辛いことなはずです。

ただそうは言っても、なかなかサボり癖を直すのは難しいことです。そもそも根本的に仕事に飽きてしまってつまらなくなっていることが原因であれば特にそうでしょう。

そんな時はあえて転職して、自分を新たな環境に身をおくというのもありです。

新たな環境に身をおけば、また新鮮な気持ちを取り戻せますし、自分自身を必死にさせることができます。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:簡単に分かる転職活動の流れ、スムーズに進める鍵はスケジューリングとコツの理解

関連:仕事のやらされ感を感じる原因。主体的になれないなら転職してみるのもあり。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ