転職するのは悪いことではない。人材が流動的になることはもっと推奨すべきこと。

転職するのは悪いことではない。人材が流動的になることはもっと推奨すべきこと。

日本では、終身雇用制度が一般的なものとなっていた為、転職することがどこか悪いことなんていう風に考えられている風潮があります。

ただ、転職することは本当に悪いことなのでしょうか。むしろ転職を推奨しない環境のほうが、危険性は高くなってしまうように感じます。

関連:転職は会社への裏切り行為ではない。自分の幸せを優先しよう。

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

転職が悪いというイメージが引き起こす問題

では、まずは転職が悪いというイメージが引き起こす問題点について紹介していきましょう。

キャリアアップのチャンスがなくなる

まず一つ目がキャリアアップのチャンスがなくなってしまうという点です。

新卒時にどこに入社したかによって、会社生活の人生が決まってしまうなんてことは決して正しい形とは言えません。。

会社によって、待遇も全然異なります。成果をだして出世したところで、他の会社の平社員にすら及ばないなんてことは良くあることです。

ですから優秀な人は、自ら転職して待遇を向上させていくべきだし、より優秀な人がより難しい仕事に取り組むことで企業としてのレベルもアップしていきます。

しかしながら、多くの優秀な人がそれに見合わない待遇で、新卒で入社した会社で働き続けています。

企業の労働条件が改善していかない

転職が頻繁に行われていない状態であれば、多少給料が悪くても、職場の環境が悪くても人材は流出しません。

その為、企業は人材流出を防ごうと労働条件面を改善しようとしません。ブラック企業はブラック企業であり続けるし、サラリーマンの平均年収は全然上がりません。

本来は会社と労働者が対等の立場に立ち、会社側も辞められるかもしれないという危機感を持つべきです。しかし今はそう危機感があまりないのが現実です。

転職が悪いという考え方は企業にメリットがあるだけ

転職が悪いことという認識があり、人材流動が活発ではないことは、デメリットだけではありません。実は企業にとって大きなメリットがあるのです。

企業にとってみれば、転職して人が入れ替わるよりも、一人の人に長く働いてもらうほうがずっと効率的です。採用活動にもかなりお金がかかるし、いくら経験者とは言っても、すぐにはその会社で何年も働いてきた人のように働くことはできません。

転職は悪いこと、リスクのあることのようなイメージがあり、労働者が転職に対して消極的であればあるほど企業にとってはありがたいのです。

転職したいなら絶対に転職すべき

一方で、現在は転職がやりにくいものではなく、むしろやりやすい環境となっています。

入社1年目から3年目の人を対象として第二新卒の需要は多くなっているし、経験者採用であれば転職によって年収があがる人も多く、キャリアアップを実現させています。

実際の転職では、失敗した人よりも成功させた人の割合のほうがずっと高く、転職が悪いというイメージとは真逆である結果がありますが、あまり知られていません。

まあ周囲の人間として転職されると困ることが多いでしょうし、成功されたらされたで妬んでしまいますから、転職しないほうが良いともいうし、悪い面を大げさに言うものです。

ただ、もしあなたが転職することを意識しているならば、無駄に人の意見を聞いたり、変なイメージを持つことで転職しない方に流れるのではなく、絶対に転職すべきであると考えます。

転職は決してマイナスなものではありませんし、特殊なことでもありません。むしろプラスのことであり、一般的なことなのです。

転職に向けて

では最後に転職に向けた取り組み方について紹介します。

転職は、なんでもかんでもがむしゃらにやればいいというものではなく、それなりに戦略をもって、上手く進めていく必要があります。

その為にも、転職サイトや転職エージェントは最大限フル活用するようにしましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス) はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職しない人の理由や特徴、可能性を自分で潰していませんか?

関連:転職すると同僚はどう思う?あまり好意的には捉えてくれないので要注意


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ