ルート営業は楽?きつい?未経験でも転職することは可能?

ルート営業は楽?きつい?未経験でも転職することは可能?

営業という仕事はほとんどの仕事で必要なものであり、他の職種に比べるとかなり人数は高くなっています。

しかし営業という仕事は直接顧客と対面する為、クレーム等を言われることもあれば、厳しいノルマもあってかなり大変な仕事です。

その中でも全く未知の個人、法人に飛び込む新規開拓営業はとりわけきついイメージがありますよね。知らない会社の人がいきなり飛び込んでくれば腹が立つ人も少なくないし、物も中々売れませんから。

その一方で既存顧客が相手となるルート営業は、営業の中でもまだ楽だというイメージを持っている人は多いのはないでしょうか、

そこで今回はルート営業の良いところ、きついところについて紹介していきたいと思います。

関連:営業をやってて辛いこと、しんどいこと。辞めたいくらい悩んでいるなら転職したっていい

関連:不動産業界に転職。未経験の営業職に就いてみた32歳、36歳男性の感想

ルート営業とは?仕事内容は?

まずは簡単にルート営業の仕事内容について紹介していきましょう。

ルート営業とは、担当の既存顧客を回ることが主となる営業のこと。新たに顧客となってくれる人を探す新規開拓営業に比べると、既にお互いが知り取引がある相手が対象となるので営業の中では楽な部類に入ると言われています。

具体的な仕事内容は、取引先に対し納めた商品やサービスに対するフォローを行うこと、自社の新たな製品やサービスを売ること、製品の入れ替え等を行うことなどが主となります。

ルート営業は楽?きつい?

新規開拓営業とは同じ営業と言えども仕事に対する良い面、悪い面とは全然違います。

いくら楽だと言われているルート営業だと言えども良い面ばかりではなく、人によっては転職しても前の営業の方がストレスが低かったなんてことになってしまう可能性も少なくはありません。

ですからこれから転職を考える人は良いところばかりを見て判断するのではなく、しっかり悪い部分も認識していきましょう。

ルート営業の良いところ

ではまずはルート営業の良いところから。

会社によってはあてはまらない場合もありますから、あくまで一般的な傾向として確認してみてください。

既に人間関係が出来上がっている

ルート営業の最大の良さは、対象となる顧客と既に人間関係が出来上がっているという点でしょう。

新規開拓のように話しすら聞いてくれないまま断られるなんてこともないし、上手く人間関係を築くことさえできれば嫌な思いをすることもかなり少ないでしょう。

人にやっては顧客のところに言って楽しく雑談をして一日を終えるなんて人もいますね。それも人間関係を築く為にやっていることで仕事の一部ではあるんですが、新規開拓営業に比べるとストレスは全然少ないですね。

ノルマ達成がそこまで難しくない

ルート営業の場合、ノルマがないことも少なくありませんし、そのノルマが厳しくないものである場合が多いです。

またノルマに対しても頑張って売らなくても担当している顧客から営業に連絡が入って勝手に売れるなんて場合も多々あります。

営業にとって毎月の厳しいノルマはストレスの大きな原因であり、営業を辞めたいという大きな理由です。

それがないというのはかなりのメリットですよね。

残業が少なめ

新規開拓営業の場合、ノルマが達成できないからと遅くまで営業活動を行うことも多いんですが、ルート営業で既存顧客の法人を相手にしている場合だと、時間外に営業で回ることはあまりしません。

もちろん事務仕事などで残業をしたり、自社製品のトラブルなどで突発的に残業をしなくてはいけない場合もでてはくるんですが、新規開拓営業に比べると残業時間は少ない傾向があります。

ただ残業時間がどれくらいかはその職場次第ですから、転職前にしっかり確認しておかなくてはならない部分です、

ルート営業のきついところ

では次にルート営業のきついところを紹介していきましょう。

1件当たりの売り上げが大きい

相手が法人となると、1件当たりの売り上げが大きくなる場合が多いですよね。

そうなると一気に大きな売り上げを上げることができるというメリットもあるんですが、その分プレッシャーも大きくなります。

トラブルがあった際にその法人に与える影響はかなり大きくなってしまう可能性もあるし、自分のミスで顧客が離れてしまった時に自分の会社に与える影響も大きくなります。

顧客との関係も非常に気を遣うことになり、気疲れしてしまうこともあるでしょう。

接待が多い、社外での付き合いが多い

顧客と長い付き合いとなるルート営業は接待をすることも多くなるし、ゴルフに付き合ったり結婚式にでたりしなくてはならなくなることも少なくありません。

時間外でこういったことを行っても無休である場合がほどんどだし、ゴルフのお金、結婚式にかかるお金も自腹になる場合が多いです。

会社によっては接待として行った飲み会のお金も出してはくれない場合も少なくありません。

自腹ならやりたくはないと思っていても関係を壊すわけにいかないから身銭を切らざるを得なかったという経験をしたことがある人は多いと思います。

新規開拓営業が必ずしもゼロとはならない

ルート営業といっても、新規開拓を全くやらなくていいかというとそうではない場合が多いみたいです。既存顧客とだけやっていれば会社の利益は増えていきませんからね。

ルート営業なら飛び込み営業しなくて良いと思っていたらそこそこしなくてはいけなかったなんて場合もありますし、中にはルート営業をしながらも新規のノルマが厳しい場合もあります。

最初の仕事選びの際は注意するようにしましょう。

付き合いが長いが故に無茶な要望を聞きざるをえなくんる

付き合いが長くなってくると、顧客から無茶な要望を言われることもあります。

普段お世話になっていて今後の付き合いを考えると無下にはできないものの、それを聞こうと思ったら上司に怒られてしまう。

顧客と上司の板挟みにあって困ってしまうことは少なくないと思います。

顧客との間で妥協案を探りながら、上司とも交渉していく。そんな能力がないとルート営業として続けるのは辛くなってくるかもしれません。

新規開拓営業ばかりは嫌ならチャレンジしてみていいかも

ルート営業といえども今回紹介したように色々なデメリットはあります。ただそれでも新規開拓営業よりは良いという意見は多いですね。

新規開拓営業には新規開拓営業の楽しい部分もありますが、もしその仕事があまり向いていないと感じているなら一度チャレンジしてもてみいいかもしれません。

全くの未経験職種に転職するよりは、転職するハードルも高くはありませんし、もしかしたら年収は上がってストレスは低くなるかもしれませんよ。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトや転職エージェントに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:残業なし、残業の少ない会社に転職する為の方法。17時、18時台に帰れる仕事もたくさんある。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ