特に理由がないけど仕事を辞めたい。そんな時あなたならどうする?

特に理由がないけど仕事を辞めたい。そんな時あなたならどうする?

これと言った理由はないけれど、漠然と仕事を辞めたいと考えているなんてことに陥っていませんか?

特別人間関係が悪いわけではないし、特別仕事がつまらないわけではない。上司からパワハラを受けているわけでもなければ、残業もそれほど多くはなく休日もしっかりある。

それでも仕事を辞めたいなんて思うことはあります。

ただ、大きな理由はないし、なかなか辞めるまでは踏み切れずにいる人も多いのでしょうか。

関連:仕事を今すぐ辞めたい!2週間待たずに即日退職する方法。

関連:仕事を辞めたい。まずすべきは転職したいのか改善したいのか、転職できるのかを知ることから

理由がはっきりしないのはなぜか

何か一つ大きな不満があれば、もう嫌だ!って強く思えるし、転職してなんとかしようとも思えます。

しかし、理由がはっきりしないとどうにもこうにも身動きがとれなくなってしまいます。

ただ、理由がはっきりしていないだけで、何かしらの理由はあるはずです。

小さなストレスが積み重なっていない?

仕事を辞めたいと思う理由は一つではありません。

複数に小さな不満が積み重なってそれが大きなストレスとなっている場合もあるのです。

小さなことでの積み重ねであるが故、これ!って決めつけることができないのですが、積み重なればかなりの負担になるのです。

仕事なんてストレスの溜まることばかりですよね。

ただ、そんな中で何か良いことがあると、割と解消されたりもします。

しかし、それがなければ小さなストレスはどんどん溜まっていくばかり。そしていつのまにか仕事を辞めたいなんていう風に感じるようになるのです。

仕方ないと割り切っていない?

もう一つの原因が仕事だからと割り切ってしまって、多少嫌なこと、苦痛なことがあっても諦めてしまっていることです。

確かに仕事だからと割り切っていかなくてはいかない部分はたくさんあります。

ただ、自分の気持ちを押し殺して、当然のことと割り切るようになればなるほど、自分が気づかないうちにストレスは溜まっていくものです。

もしかしたら、もう割り切ることが限界にきてるのかもしれません。

ただ興味がなくなってるだけ

仕事でそれほどストレスが溜まっていなくても、単に仕事に興味がなくなってしまっている場合もあります。

最初はやる気に満ち溢れていてやりがいを感じていた仕事でも、ずっと同じ仕事をしていればだんだん興味はなくなっていくものです。

淡々と毎日が過ぎていき、喜ぶこともなければ悲しむこともない。

そんな状態におちいってしまうと、ふと仕事を辞めたいと考えてしまうのも仕方ありません。

短期間で終わればいいけど長期間続いているなら考えたほうがいいかも

誰にだって、なんとなく仕事を辞めたいなあと思うことはあるものです。

もしその度に仕事辞めていたら、一体何回転職しなくてはならないかわかったもんではありません。

ただ、仕事を辞めたいと思っていることが、ふとなにか良いことがあって解消されたりして短期間で終わっているのであればいいのですが、もし1年も2年も感じているならば、ちょっと自分の仕事について考えてみたほうがいいかもしれません。

一定期間続いているということは、今後もずっと続くことが考えられます。

異動や転勤などの大きなことがあればまた考え方が変わる可能性もあるにはありますが、下手したら今後何十年も仕事を辞めたいと思いながら働き続けていくことになるのです。

仕事をする時間は人生において大半を占めます。

その仕事をずっと嫌々やるなんて、決して幸せなことだとは言えませんよね。

不満を感じていること、喜びを感じることができることを整理してみよう

もしあなたが特に理由はないけど仕事を辞めたいと感じているならば、まずは不満を感じていることを整理することから始めましょう。

小さなことでも積み重なると大きなものになります。ですから、一つ一つ、不満を紙に書き出してみましょう。

あわせて、仕事で喜びを感じることができることも紙に書き出してみるといいです。

そうすることで、自分はなぜ仕事を辞めたいのかを明確にすることができ、さらに仕事を辞めるべきなのかどうなのか見えてきます。

転職で不満を解消できた人は8割

不満が明確になれば、転職してどうすればいいかも見えてきます。

そして転職では、それを高い確率で実現することが可能です。

失敗するリスクばかりが注目されがちな転職ですが、実際には転職して不満が解消されたという人は8割にものぼっており、転職するメリットは非常に大きいです。

転職時の注意点

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:30歳になって仕事を辞めたいと感じてるのに何もしないのはだめ。転職のリスクは高くない。

関連:新卒で入った会社を辞めたい人は、思い切って転職してみるのも大事。



このページの先頭へ