理想の上司はどんな人?部下が考える良い上司の条件

理想の上司はどんな人?部下が考える良い上司の条件

あなたにとっての理想の上司とはどういう人ですか?

会社生活において、上司という存在はかなり大きなものです。

会社生活が充実した楽しいものになるか、もしくは辛いものになるか。上司によって変わってしまうこともあるでしょう。

上司も管理する立場として色々と辛いこともあって厳しいこともあり、部下が描いている理想の上司にあてはまる人は少ないかもしれません。

しかし、部下に好かれる上司も少なからずいます。

今回は、部下にとってどのような上司が理想の上司なのか、その条件について紹介します。

関連:パワハラの対策方法。我慢しているだけでは解決しない。

関連:会社に行くのが怖い、仕事をするのが怖いと感じた時の対処法

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

どのような上司が嫌われる?

上司のことが好きか嫌いかと言うと、嫌いと答える人の多いのではないでしょうか?

私の周りでも、上司のことが嫌いな人のほうが圧倒的に多いのが現実です。

では、どのような上司が嫌われるのでしょうか。

嫌いな上司、嫌いな先輩と上手く付き合う方法の中で紹介している通り、嫌われる上司には以下の特徴があります。

1位:気まぐれで意見、指示がころころ変わる。

2位:短気で怒りっぽい。

3位:相手の立場によって露骨に態度が違う。

4位:失敗を部下や後輩のせいにする。

5位:人の陰口や悪口を言う。

納得する人も多いのではないでしょうか。

他にも、私の周囲では、部下の成功を自分のおかげであると強調したり、機嫌が良い時と悪い時の差が激しかったり、自慢話、成功談をやたら話してきたりする人も嫌われます。

逆に言うと理想の上司はこういったことに該当していないことが条件となります。

スポンサーリンク

理想の上司の条件

では、具体的に理想の上司の条件を紹介していきましょう。

指示に一貫性がある

気まぐれに意見を変えず、ころころと指示した内容を変えない上司のほうが、部下には好かれます。

もちろん、会社の方向性などの変更によって、どうしても変えざるをえない場合もあるでしょうが、そういった場合に良い上司は変更する理由をしっかり説明してくれます。

気分によって意見や指示をころころ変えるようでは理想の上司にはほど遠いですね。

感情に任せて怒らない

誰もが、人に怒られたくないと思うでしょうが、全く怒らない上司が良い上司だとは思いません。

時には部下の成長の為にも怒る必要はあるでしょう。

しかし、怒る時に感情に任せて怒る上司は嫌われます。

人前で怒鳴りつけるなんてことはパワハラになることもあります。

怒る際に怒鳴るのではなく、部下がどういう人間かを見極めて、その人にあった怒り方をする人が理想の上司と言えるでしょう。

どんな相手にも敬意をもつ

自分より上の相手に対しての態度と、部下に対する態度が全く違うというのはしかたのないことだ思います。

上司だってサラリーマンですもん。

しかし、部下に対しても最低限の敬意は払わなくてはなりません。

馬鹿にするような態度をとったりするのであれば、当然嫌われます。

責任をとってくれる

嫌われる上司は、失敗は部下のせい、成功は自分のおかげ。

理想の上司は、失敗は上司である自分のせいで、成功は実際に頑張った部下のおかげ。

上司の立場からすれば、いくら指示しようとも失敗されることもありますが、それは自分の指示、サポートが悪かったと思ってくれ、必要な時には前にも出て行ってくれる上司は非常に良い上司っですね。

立場と発言の重みを知っている

上司として、指示する立場であることをしっかり理解している人は、発言の重みをしっていて、むやみやたらに、思いつくままに発言しないことが理想の上司としての条件です。

立場が上になればなるほど、発言したことによって多くの人を動かすことになることをしっかり理解しておかなければなりません。

自慢話をしない

特に飲み会の場になると、やたら過去の成功談を言う上司がいます。

聞いている側としては、非常におもしろくない内容です。

こんなことばかり話す上司は嫌われます。

逆に失敗談のほうが、役に立つことも多くて、部下にとっても受け入れられやすい内容です。

機嫌によって態度が変わらない

機嫌良い時はいいけれど、機嫌が悪い時はたちが悪いということを経験をもっている人もいるでしょう。

上司として、機嫌の良し悪しによって部下に接する態度をとる人は嫌われますね。

部下に対して、機嫌が良いか悪いかを悟られないようにしなくてはなりません。

報・連・相を大事にしてくれる

報告・連絡・相談は大事だといいながら、聞きにくい状態を作っている人もいます。

理想の上司の条件としては話を聞くことができる体制を作ることです。

理想の上司と言われる人は、部下の報・連・相を聞きいれる体制を作っていて、そうすることによって仕事のフォローなどもしやすくします。

部下の成長を考えている

いきあたりばったりに仕事を振るのではなく、部下の能力や、今後の成長を見据えて仕事を割り振ることが理想の上司の条件と言えます。

最後に

理想の上司にめぐり合うことができる人はなかなかいないでしょう。

部下の立場からすればついつい完璧を望んでしまいますが、上司も人間ですから、どうしようもなく機嫌が悪い時もあれば、上の目が気になる時があります。

部下の立場にいる人はただ嫌いというのではなく、上司の立場になって考えることが大事です。

一方、上司の立場であれば、理想の上司になれるように努力することが大事です。ついつい忘れがちになって傲慢になりすぎていませんか?

 

もし上司があまりにひどく、パワハラも激しいのであれば、我慢せず、周囲に相談してなんとか異動させてもらうことをしたり、無理なようであれば、転職することも考えてみましょう。

上司によってうつ病になってしまうという話もよく聞きます。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:ワンマン社長の会社は危ない!?特徴や対処法とは。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ