リストラされて再就職しなくてはいけなくなった時にすべきこと

リストラされて再就職しなくてはいけなくなった時にすべきこと

リストラは決して他人事ではありません。

中小企業では頻繁に行われ、今や安定と言われているはずの大企業でも行われています。

関連:追い出し部屋の実態と対策。追い出し部屋での退職は自己都合?

関連:自己都合と退職と会社都合の退職。なぜ会社は自己都合にしたがる?

リストラ後の再就職の状況は厳しい

大手企業では、経営悪化を理由に希望退職者を募った際、再就職の斡旋もしてくれます。

しかし、斡旋されたからと言って、必ず再就職先が決まるわけではありません。

1年たっても就職先が決まらないという人が非常にたくさんいるのです。

中小企業だと、斡旋すらしてもらえず自分で探さなければいけませんから、難易度はさらに高くなります。

30代であれば、再就職先は見つけることがそこまで難しくありませんが、40代、50代になると正社員はもちろん、派遣社員の仕事すら見つからないという場合もあります。

最初はまだ失業保険を貰えるのでいいかもしれません。

リストラの場合は会社都合の退職になりますから、すぐに貰うことができ、最大330日貰うことができます。

ただ、それが終わってしまえば、また働かなくてはいけません。

リストラ後の再就職の為にすべきこと

では、もしリストラされてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

失業保険は当てにせず、すぐに再就職活動を!

しばらくは失業保険の手当てを貰うことができるからと油断してはいけません。先ほども述べたように、再就職活動は厳しいものになります。

その為、再就職活動の期間は長くかかってしまう可能性があります。

失業保険手当を貰えるうちに再就職先を決めようと思ったならば、とにかくすぐ動かなければなりません。

現実を直視し、プライドを捨てる

再就職の場合、以前の待遇や自分が希望している仕事内容といったものは目をつぶらなくてはいけません。

実績、経験が優れていても、高い条件を望みすぎていれば再就職先は見つかりません。

以前は立場が上だった人も、一番下に就かなくてはいけない状況に陥るのことがほとんどです。

もし、高いプライドを持ったまま、以前と同じように働くことを望んでいては、再就職することがさらに難しくなってしまいます。

生活の為だと割り切って、仕事をする必要もでてくるのです。

資格取得は必要ない

再就職の為に、新たに資格取得を考える人もいるでしょう。

しかし、資格は取得しただけではあまり役に立ちません。

実際にその資格が必要な仕事で働いた経験、実績が伴って初めて意味のあるものです。

もちろん空いた時間で資格取得の勉強をするのは良いですが、まずなにより行うのは再就職活動を行うことです。

資格取得に重点を置いて、再就職活動がおろそかになることだけは避けましょう。

一人でやろうとしない

再就職活動は、やり方もわからず、どうすれば上手くいくかもわからないという人が多いかもしれません。

そんな中、自己判断のみで再就職活動を行うことはやめましょう。

ありがたいことに今では転職エージェントという転職、再就職に関する相談、アドバイス、フォローを無料で行ってくれるものがあります。

一人で抱え込まずに、プロにも協力を仰ぐようにしてください。

厳しいのは事実、受け入れてやれることをやる

リストラ後の再就職は、年齢が高ければ高いほど厳しいのはまぎれもない事実です。

実際、ずっと再就職先が見つからないなんて人もいます。

しかし、決して全員が再就職できないわけではなく、中には正社員に再就職することができた人もいるのです。

再就職できるかどうかは、運の要素もあるかもしれません。

しかし、動かなければ可能性はゼロになってしまいます。

まずは事実を受け入れて、自分がやれることを必死にやるしかありません。

社会人はチェック!!

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

もし転職を少しでも考えている人はまずは登録してみてみてください。

転職サイトは色々とありますが、まずは大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。もちろん2つとも無料で利用可能です。

業界1位、2位のこの2つは、他の転職サイトに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ