転職で人間関係をリセットすることのメリット、デメリット

転職で人間関係をリセットすることのメリット、デメリット

転職する理由として、昔からどんな年代でも上位にあがるのが人間関係。給料や休日などが魅力的であっても、人間関係が上手くいかないというだけで会社に行くのが相当な苦痛となりますから、退職に至ってしまうのもしかたないことです。

実際、転職で人間関係をリセットすることで仕事が楽しくなった、ストレスが減ったという人もかなり多いですから転職は非常に有効な手段でdあると言えるでしょう。

ただ、転職によって人間関係をリセットすることはにはメリットだけではなく、デメリットがあることも忘れてはいけません。

関連:新卒で人間関係が最悪な職場に入ってしまった。辞めたいなら転職するのはあり?なし?

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

人間関係をリセットするメリット

まずは転職によって人間関係をリセットするメリットから紹介していきます。

人間関係によるストレスをすぐに軽減できる

転職して人間関係をリセットすることの最大のメリットは、現在の大きな悩みとなっている上手くいかない人間関係を終わらせて、ストレスを軽減することができるという点ですね。

人間関係が人に与える影響は非常に大きいもので、上手くいかないことで感じるストレスといったらそれはもうかなり大きいものです。

それこそ1ヶ月も耐えることなんてできない、とにかくすぐ脱出したいと思うことは少なくありませんよね。

ただ、転職せずになんとかしようとすると、自分が異動するか、他の人が異動するか、まあ少なくともある程度は時間がかかってしまいますし、確実に変わるということも言えるわけではありません。

その点、転職は自分の意思ですぐに行える為、脱しようと思えばすぐに脱することができるという大きなメリットがあります。

悪い評価をゼロにできる

人間関係の悪化はは単に職場にいづらくなってしまうといった気にしなければ済むというだけの問題ではありません。

人間関係が悪化することで、理不尽に評価を下げられたり、これまで関わったことがない人にも変な先入観が植え付けられてしまうなんてこともありえるのです。

そうなってしまうt、単に元凶tなった上司などが異動したところであまり改善はしませんし、自分が異動となってもそれまでの評価がなくなるわけではありませんからその会社にいる限りがずっと付きまとわれてしまうことになります。

転職すればそれらは何もかもがゼロにリセットできる為、悪い評価もなければ、間違った先入観を持っている人もいないというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

人間関係をリセットするデメリット

では次にデメリットの面。これから転職しようとする人はこっちも知っておいたほうがいいです。

また人間関係で悩み転職を繰り返すことになる可能性がある

人間関係で悩んでリセットする為に転職したのはいいけれど、転職後の職場でまた同じように人間関係が上手くいかずに同じように悩むことになったということは少なからずあることです。

人間関係が上手く行かない原因は、決して周囲だけにあるものではなく、むしろ自分に問題がある場合も多々あります。

その点を反省せずに全てを人のせいにしてしまうと、結局同じように人間関係で悩むことになってしまうのです。

どんなにいい会社だとしても、中で働いている人には色々な人がいて、みんながみんな好意的に接してくれるわけではありません。そんな中で過ごしていくには、人間関係を構築するスキルというのもやはり必要になるのです。

これまで築いた人脈も一気に失う

確かに転職すれば悪い人間関係をリセットすることができますが、同時に良い人間関係もリセットすることになってゼロからスタートすることになります。

これまで築いてきた人脈も何もかも失うということになることを忘れてはいけません。融通の利く関係会社の人もいなくなるし、気心のしれた同期とも離れなくてはいけません。

転職すれば当然最初は一人。打ち解けるまでは孤独であることは覚悟しておかなくてはなりません。

人間関係で転職するのは悪くない、ただしリスクも考えておこう

人間関係で転職するのは決して甘えでも悪いことではありません。それほど人間関係が会社生活に与える影響は大きいのです。

絶対に無理をしたらだめ。そこに人の意見はいりません。無理なものは無理だと割り切ることも仕事をしていく中では重要なことです。

ただ、やっぱり失うものもあるんだということは知っておきましょう。知らず知らずに勢いで転職して失ってから気づいても、それはもう手遅れなんです。

とは言え、やっぱり人間関係をリセットできる転職は魅力的なもの。失うものは失うもので受け入れて、良い転職をするようにしましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:人間関係悪化で仕事を辞めるのは甘えではない。変わるまで待つなんて無理なことがほとんど。

関連:新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ