転職で人間関係をリセットすることのメリット、デメリット

転職で人間関係をリセットすることのメリット、デメリット

転職する理由として、昔からどんな年代でも上位にあがるのが人間関係。給料や休日などが魅力的であっても、人間関係が上手くいかないというだけで会社に行くのが相当な苦痛となりますから、退職に至ってしまうのもしかたないことです。

実際、転職で人間関係をリセットすることで仕事が楽しくなった、ストレスが減ったという人もかなり多いですから転職は非常に有効な手段でdあると言えるでしょう。

ただ、転職によって人間関係をリセットすることはにはメリットだけではなく、デメリットがあることも忘れてはいけません。

関連:新卒で人間関係が最悪な職場に入ってしまった。辞めたいなら転職するのはあり?なし?

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

人間関係をリセットするメリット

まずは転職によって人間関係をリセットするメリットから紹介していきます。

人間関係によるストレスをすぐに軽減できる

転職して人間関係をリセットすることの最大のメリットは、現在の大きな悩みとなっている上手くいかない人間関係を終わらせて、ストレスを軽減することができるという点ですね。

人間関係が人に与える影響は非常に大きいもので、上手くいかないことで感じるストレスといったらそれはもうかなり大きいものです。

それこそ1ヶ月も耐えることなんてできない、とにかくすぐ脱出したいと思うことは少なくありませんよね。

ただ、転職せずになんとかしようとすると、自分が異動するか、他の人が異動するか、まあ少なくともある程度は時間がかかってしまいますし、確実に変わるということも言えるわけではありません。

その点、転職は自分の意思ですぐに行える為、脱しようと思えばすぐに脱することができるという大きなメリットがあります。

悪い評価をゼロにできる

人間関係の悪化はは単に職場にいづらくなってしまうといった気にしなければ済むというだけの問題ではありません。

人間関係が悪化することで、理不尽に評価を下げられたり、これまで関わったことがない人にも変な先入観が植え付けられてしまうなんてこともありえるのです。

そうなってしまうt、単に元凶tなった上司などが異動したところであまり改善はしませんし、自分が異動となってもそれまでの評価がなくなるわけではありませんからその会社にいる限りがずっと付きまとわれてしまうことになります。

転職すればそれらは何もかもがゼロにリセットできる為、悪い評価もなければ、間違った先入観を持っている人もいないというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

人間関係をリセットするデメリット

では次にデメリットの面。これから転職しようとする人はこっちも知っておいたほうがいいです。

また人間関係で悩み転職を繰り返すことになる可能性がある

人間関係で悩んでリセットする為に転職したのはいいけれど、転職後の職場でまた同じように人間関係が上手くいかずに同じように悩むことになったということは少なからずあることです。

人間関係が上手く行かない原因は、決して周囲だけにあるものではなく、むしろ自分に問題がある場合も多々あります。

その点を反省せずに全てを人のせいにしてしまうと、結局同じように人間関係で悩むことになってしまうのです。

どんなにいい会社だとしても、中で働いている人には色々な人がいて、みんながみんな好意的に接してくれるわけではありません。そんな中で過ごしていくには、人間関係を構築するスキルというのもやはり必要になるのです。

これまで築いた人脈も一気に失う

確かに転職すれば悪い人間関係をリセットすることができますが、同時に良い人間関係もリセットすることになってゼロからスタートすることになります。

これまで築いてきた人脈も何もかも失うということになることを忘れてはいけません。融通の利く関係会社の人もいなくなるし、気心のしれた同期とも離れなくてはいけません。

転職すれば当然最初は一人。打ち解けるまでは孤独であることは覚悟しておかなくてはなりません。

人間関係で転職するのは悪くない、ただしリスクも考えておこう

人間関係で転職するのは決して甘えでも悪いことではありません。それほど人間関係が会社生活に与える影響は大きいのです。

絶対に無理をしたらだめ。そこに人の意見はいりません。無理なものは無理だと割り切ることも仕事をしていく中では重要なことです。

ただ、やっぱり失うものもあるんだということは知っておきましょう。知らず知らずに勢いで転職して失ってから気づいても、それはもう手遅れなんです。

とは言え、やっぱり人間関係をリセットできる転職は魅力的なもの。失うものは失うもので受け入れて、良い転職をするようにしましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

もし転職を少しでも考えている人はまずは登録してみてみてください。

転職サイトは色々とありますが、まずは大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。もちろん2つとも無料で利用可能です。

業界1位、2位のこの2つは、他の転職サイトに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:人間関係悪化で仕事を辞めるのは甘えではない。変わるまで待つなんて無理なことがほとんど。

関連:新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ