連続勤務がきつい!労働基準法では休日がどう定められているのか。

連続勤務がきつい!労働基準法では休日がどう定められているのか。

忙しい時期になると、休みが全然ない!なんて人も多いのではないでしょうか?

連続勤務は身体的にも、精神的にもかなり負担となります。

いくら忙しいとはいっても、それなりに休みは欲しいですよね。

今回は、労働基準法における連続勤務の扱いについて紹介していきます。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:年間休日数の平均やよく見かける105日、120日の理由

スポンサーリンク

労働基準法における休日の規定

労働基準法では休日について以下のように規定されています。

労働基準法 第35条

1.使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。

2.前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

引用:労働基準法

1項に従うのであれば、週に1回の休日でいいので、

1週目は日曜日が休日で、月曜日から土曜日まで勤務

2週目は日曜日から金曜日まで勤務で、土曜日が休日となるので、

連続勤務は最大で12日まで可能となるわけです。

ただ、2項に従うのであれば、4週間、28日の間に4日間の休日をとればいいわけですから、24日間の連続勤務となっても、法律上なんら問題ないというわけです。

連続勤務24日間はかなりきついですね。

ただ、1週間の労働時間は40時間と労働基準法第32条で定められているので、

1週間ずっと勤務をすることになるのであれば、1日あたりの勤務時間は5時間から6時間で抑える必要があります。

では、上記の1項と2項ではどちらが適用されるのでしょうか。

これは就業規則に明記された内容が適用されるのです。

休日については就業規則に労働条件として明記することが必須となりますので、その就業規則に書かれているものがどちらになっているのかに従うこととなります。

ですから、私たち労働者は就業規則はしっかりと内容を確認しなくてはならないのです。

今まで就業規則なんて見たことがないという人もたくさんいますが、それはだめです。

その会社に入社する前に、しっかり見て判断しなくてはならないのです。

ただ、36協定が結んであれば、残業時間としてそれ以上に働くことが可能となりますが。これについては下記で説明していきましょう。

関連:労働基準法の残業、休憩時間、労働時間などを簡単解説

スポンサーリンク

36協定を結んでいる場合

上記で紹介してきた連続勤務日数は36協定を結んでいない場合の話です。

36協定を結んでいる場合、労働基準法で定められている労働時間以上に働くことが可能となります。

36協定の詳細については以下の記事をご参考ください。

参考:36協定とは?特別条項や違反時の罰則をしっかり理解。

36協定というのは、労働基準法第36条からきているわけですが、この第36条の中に、

「休日に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによつて労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。」

という記載があります。

ようするに上記で説明した1週間に1日の休日や4週間で4日の休日は、36協定で結んでさえいれば残業時間として、働いても法律上なんら問題はないということなのです。

もちろん、休日に出勤する場合には割増賃金を支払わなければなりませんが。

すなわち連続勤務はいくらでも可能

話をまとめると、労働基準法では休日については最低限取得させる日数は決めているものの、36協定を結んでさえいればいくらでも可能となります。

ただ、36協定では残業時間の制約がつくので、トータルの労働時間としては決められる為、休日なしの長時間労働は単なる労働基準法違反となります。

とはいえ、いくら1日あたりの勤務時間がそこまで長くないとしても、丸1日休むことができる日がないというのはかなりきついものです。

スポンサーリンク

連続勤務は避けたい

休日がないというのは、かなりきついですよね。

私自身、最高で20日連続勤務を行ったことがありますが、かなりきつかった。

確かその時の残業時間は80時間。

プライベートなんてものはなく、ずっと仕事だけといった感じでした。

もちろん、忙しい時にはしかたがない時もあるかもしれません。

しかし、こんなことが常態化しているようであると、うつ病になってしまったり、しまいには過労死をもたらしてしまうなんてことになりかねません。

あまりきつい会社にいるのであれば、限界迎える前に辞めましょう。

転職しようかと悩んでいる人は、まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ