就職偏差値ランキングや人気就職ランキング。参考にすべき事は?

じて大丈夫?就職ランキングや就職偏差値ランキングから考えること

就活生なら一度は見たことのある就職偏差値ランキングや人気就職ランキング。

私も学生の頃には見ていました。

ただ、この就職偏差値ランキングや人気就職ランキングというもの。どこまで信じ、どこまで参考にすべきなのでしょうか。

今回は最新の就職偏差値ランキングと人気就職ランキングと、見る際に気をつけておきたい点を紹介します。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

おすすめ記事:知っていますか?大企業と中小企業の定義や平均年収の違い。

スポンサーリンク

人気就職ランキングや就職偏差値ランキング

人気就職ランキングは色々なところでアンケートされ、結果がでています。

いくつか紹介してみます。

マイナビの人気就職ランキング

就職・転職サービスを行っているマイナビが実施した人気就職ランキングです。

文系の人気就職ランキング

1位:JTB

2位:H.I.S

3位:ANA

4位:JAL

5位:三菱東京UFJ

6位:電通

7位:三井住友銀行

8位:みずほフィナンシャルグループ

9位:博報堂

10位:東京海上日動火災保険

引用:マイナビ大学生就職起業人気ランキング

飛行機会社、旅行会社、金融、広告代理店が人気就職ランキングの上位に来ていますね。

ここらへんは昔から入っています。

驚いたのはJAL。

つい最近、倒産したにも関わらず、この人気ぶり。

確かに倒産しても、結局はなんとかなったという安心感はあるかもしれません。

理系の人気就職ランキング

1位:トヨタ自動車

2位:味の素

3位:カゴメ

4位:明治グループ

5位:資生堂

6位:JR東日本

7位:サントリーホールディングス

8位:キリン

9位:三菱電機

10位:日立製作所

引用:マイナビ大学生就職起業人気ランキング

トヨタ自動車は最近のニュースを見ているとうなずけますね。

自動車や電機は毎年の業績によって割と変わります。

ニュースでよくやるので良いも悪いも目立つのでしょう。

食品は昔から安定の人気。

東洋経済オンラインの人気就職ランキング

東洋経済オンラインで紹介されていた人気就職ランキング。調査は文化放送キャリアパートナーズ就職研究所が実施。

文系の人気就職ランキング

1位:三菱東京UFJ銀行

2位:JTB

3位:みずほフィナンシャルグループ

4位:大和証券グループ

5位:三井住友銀行

6位:野村證券

7位:ANA

8位:損保ジャパン日本興亜

9位:日本生命保険

10位:丸紅

引用:東洋経済オンライン

こちらのランキングでは、証券系も人気就職ランキングに食い込んできています。

この違いはなんなのでしょう。

理系の人気就職ランキング

1位:東芝

2位:旭化成グループ

3位:本田技研工業

4位:明治グループ

5位:三菱商事

6位:三菱重工業

7位:ロッテグループ

8位:野村総合研究所

9位:トヨタ自動車

10位:川崎重工業

引用:東洋経済オンライン

理系は電機会社が入っています。文系よりもいっそう異なった人気就職ランキングとなっていますね。

関連:理系男子や理系女子が就く職業や就職活動、特徴をまとめてみた

2ch就職偏差値ランキング

2chでは、就職偏差値ランキングなるものが存在します。

就職の難易度や、人気度などを偏差値で表したものです。

各企業の就職偏差値は以下のサイトで見ることが可能となっています。

就職偏差値ランキング

就職偏差値ランキングの上位を紹介すると、

文系が上から、

日本銀行、三菱総研、国際協力銀行、日本政策投資銀行、フジテレビ、三菱地所、三井不動産

理系が上から、

IBM(基礎研)、Google(ソフトエンジニア)、Intel、JAXA

となっています。

これらの結果は人気就職ランキングとは大きく異なるのがわかります。

人気就職ランキングが、志望者数の多い企業であることに対し、

就職偏差値ランキングは就職する難易度を表していることがよくわかります。

上記であがった会社は就職することが相当難しいというわけですね。

就職ランキングや就職偏差値について考えてみよう

それぞれについて考察してみましょう。

就職ランキング

人気就職ランキングは当然のごとく、有名な企業ばかりです。

そしてBtoC(Business to Consumer)の企業ばかりです。

CMなどでテレビでも露出が多いため当然でしょう。

気になるのは2つの人気就職ランキングの順位が大幅に異なるということ。

調査人数はそれなりに多いので、同じくらいになってもいいものですが。

これらの違いで考えうる理由は、この就職ランキングをつくる為のアンケートをとったタイミングが異なる点。

利益があがった等という良いニュース直後にとったアンケートであれば、その会社のランキングは上位に来るでしょう。

もう一つは、対象が異なること。例えば全大学を対象にした場合と、東京大学のみであればランキングは大きく異なると考えられます。

まあ想定にすぎませんが。

なにより、これだけ異なる就職ランキングだとこんな感じなのかとか、こういう会社は志望者が多いんだという認識を持つくらいにとどめておきましょう。

あくまで、これから就職する学生が露出の多い企業に表を入れているだけです。

もちろん、しっかり調査した上で考えている学生も多少はいるとは思いますが。

ついつい就職ランキング上位の会社のほうがいい会社だと思ってしまいがちですが、それは違います。

このランキングに入っている会社に入る事=幸せという方程式は成り立たないので気をつけましょう。

就職偏差値

就職偏差値ランキングは、人気就職ランキングと違い難易度を表しているため、かなりランキングは違います。

有名ではない企業も多く入っているため、会社名を知るにはいいですし、各地方別にもある為、難易度を知るのには役立ちます。

2chという匿名の掲示板で作られているため信ぴょう性が疑問とはなりますが、おおよそはあっているのではないかなという感じがします。

あまりバカにはできない感じでしょう。

ただ、こちらも就職偏差値が高い=幸せなんて方程式にはなりませんし、自分にあった会社でもありません。

知らずに難易度の高い会社ばかり受けたりすることを避けるのも役立ちます。

スポンサーリンク

人気転職ランキング

就職ランキングが学生のアンケートによるものであることに対し、

社会人にアンケートをとって作成している人転職企業ランキング。

以下の通りになっています。

1位:トヨタ自動車

2位:Google

3位:ソニー

4位ANA

5位:オリエンタルランド

6位:Apple Japan

7位:本田技研工業

8位:パナソニック

9位:資生堂

10位:サントリーホールディングス

参考:DODA 転職人気企業ランキング2015

学生が選んだ就職ランキングと同じ会社もあれば、異なる会社もあります。

ただ、毎年のランキングを見てみると、変動は少ないです。

よく学生の意見から作った人気就職ランキングより、実際に働いている社会人の意見から作った転職ランキングのほうを参考にすべき!なんて意見を見ますが、そうなんでしょうか。

いくら社会人といえども、これらの会社で働いてはいないわけですし、これらの会社の人と接することすらない人が大半です。

選んだ理由にしても、学生の意見とそう変わりません。

安易にこのランキングに入っている会社なら大丈夫!なんて考えを持つことはやめましょう。

会社なんて山ほどあるんです。有名ではなくても良い条件の会社なんてたくさんあります。

スポンサーリンク

大事なこと

人気就職ランキングに入っている会社や、就職偏差値の高い会社に入ることができれば、周囲に自慢できるかもしれません。

しかし長い会社生活、その自慢のために選んでしまってはもちません。

しっかりと自分の望んでいることを考えた会社選びをしましょう。

関連:理系の大学院ってどんなところ?学費や就職活動、普段の生活を解説

関連:初任給の平均は?大学院卒、大卒、高卒での推移や高い初任給の罠

関連:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ