楽な正社員の仕事を選ぶ際、どうやって探せばいい?大切なのは自分に合っているかどうか

楽な正社員の仕事を選ぶ際、どうやって探せばいい?大切なのは自分に合っているかどうか

もうきつい仕事は嫌だ。もっと楽な仕事に就きたい。忙しい毎日にうんざりしてそんな風に感じている人も多いのではないでしょうか。

毎日精神的に、肉体的に辛く、休日はぐったりなんて生活を送っていると、嫌になるのも仕方ありませんよね。

では、楽な仕事はどうやって探せばいいでしょうか。転職を考えている場合に楽な仕事を見極める特徴を紹介していきましょう。

関連:精神的に楽な仕事はどんな仕事?きつい仕事から解放される為には

関連:楽な仕事と楽しい仕事。あなたはどちらを選びますか。

楽な正社員の仕事なんてあるの?

派遣社員なら中には楽な仕事もあるかもしれないけれど、正社員だとどの仕事でもきついだろうと思っている人もいるかもしれませんがそれは間違い。

正社員でも楽だと感じる仕事は確実にあります。

あなたにとっての楽な仕事って?

楽な仕事を探す前に、まず知っておかなくてはならないのが、自分にとって楽な仕事って何なんだろうってことです。

人によって、辛いと感じるものは違います。

例えば単純な肉体労働は人によってはしんどいと感じるけれど、頭を使わずに体を動かせばいいということに楽だと感じることもあります。

楽な仕事に転職したいと思ったら、まずは自分にとってどういったことが辛いと感じるのか、どういった仕事であれば楽しくできるのかということをまずは知っておかなくてはなりません。

自分に合った仕事であれば楽に感じる

楽な仕事を探す際に、最も重要なポイントは自分に合った仕事であるかどうかです。

どういったことにストレスを感じやすいかどうかは人によって様々なのです。

もちろん、例えば残業時間があまりにも多かったり、プレッシャーがあまりに大きかったりすると、誰もがきついと感じるかもしれませんが、そういった場合を除けば、人によってきついと感じる人もいれば、楽だと感じる人もいます。

もし今の仕事がきつい、しんどいと感じているならば、もしかしたらそれは自分に合っていないだけかもしれません。

もし、自分のことをよく知らないまま、この仕事は楽そうだと思って転職してしまうと、実際に入社した後で「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうことになりかねません。

楽な仕事を見つける為には?

では具体的に、自分にとっての楽な仕事はどうやって探せばいいでしょうか。

何を重視するか決めよう

一般的に楽な仕事として挙げられる特徴として以下のものがあります。

  • ノルマがない
  • 人と関わりが少ない
  • 自由度が少ない(仕事が決められている)
  • 仕事量が少ない
  • 誰でもできる(仕事が簡単)
  • 肉体的負担が少ない
  • 休日数が多い
  • 残業が少ない
  • 納期がゆるい

この中で、あなたは何を重視しますか?優先順位をつけてみましょう。

中にはこんなものはむしろ嫌だというものもあるかもしれません。

犠牲にできるものは?

何か実現したいことがあれば、同時になにか犠牲にする必要があるかもしれません。

もちろん自分に合った仕事で楽で、かつ給料も高い仕事のほうが良いでしょうが、そんな良い仕事はめったにありません。

簡単な仕事であればあるほど、プレッシャーの少ない仕事であればあるほど、自分の頭を使わなくても良い仕事であればあるほど給料は低くなる可能性が高いです。

また、やりがいであったり、自分の成長という面も犠牲にする必要が出てくる可能性があります。

とにかく楽な仕事をと思っていざ転職してみても、実は犠牲になったことが多すぎて後悔してしまうことも少なくありません。

だからこそ、仕事を選ぶ前に、自分は何を犠牲にしてもいいのかということを知っておかなくてはなりません。

安易に派遣社員にならないほうが良い

楽な仕事がいいと思っても、正社員では無理と考えて派遣社員になることを考える人もいるでしょうが、それはあまりおすすめしません。

一度派遣社員になってしまうと、そこからまた正社員になることが難しくなってしまいます。

内容を絞れば会社は意外に見つかる

正社員で仕事を見つける際に重要なのは、求める内容を絞ることです。

あれもこれもと望んでいては、見つからなくて当然です。

確かにすべてが理想通りになればいいかもしれませんが、それが無理だとしても少しでも何かしらよくなるならば転職してしまってもいいのではないでしょうか。

ただ多くの人は全てを理想通りにしたいと考え、それができないとなると転職することを辞めてしまう人も少なくありません。

意外に楽すぎてしんどくなることも多いので要注意

できる限り楽な仕事に就きたいと思うのは当然のことです。

ただ、一つ注意しておかなくてはならないのが、楽すぎてしんどくなることも多いということです。

例えば、暇な仕事は一見楽そうに感じますが、実際は最初は楽でもだんだんと辛くなっていく人が多いです。

自由度が少なくて決められた仕事をするのも最初は楽ですが、徐々につまらなくて仕方がなくなるかもしれません。

楽というのは、リスクと隣り合わせであることは覚えておきましょう。

転職は早めに行うのが吉

楽な仕事に限らず、現状の仕事に不満があり転職を考えているならば早めに行いましょう。

年齢が高ければ高くなるほど転職はしにくくなっていきます。

また、今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:仕事がきつい時、限界まで頑張りすぎてはいけない

関連:年間休日数が少なくて不満なら違う業界に転職しよう。早めに決断することが重要



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ