仕事のプレッシャーに耐えられない。どう克服すればいい?

仕事のプレッシャーに耐えられない。どう克服すればいい?

仕事のプレッシャーが強くて、もう耐えられない、苦痛で辛いと感じていないでしょうか。

適度なプレッシャーはモチベーションアップなど良い方向に働くこともありますが、強いプレッシャー不安や苦痛などの強いストレスをもたらしてしまいます。

耐えられないと感じてしまうほどプレッシャーは、自分の中で上手く解消して行かなくてはなりません。

そこで今回は、仕事のプレッシャーの克服方法を紹介します。

おすすめ記事:過度なストレスが引き起こす症状や病気。適度なストレスは必要。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事のプレッシャー、なぜ感じる?

まずはなぜ仕事のプレッシャーを感じてしまうのかを考えてみましょう。

仕事をうまく進めたいが故にプレッシャーを感じてしまう。

仕事のプレッシャーを感じる理由の根本的な原因として、仕事をうまく進めたいということを強く思いすぎている為です。

何事もなく、うまく仕事を進めることができており、その後も問題なく進めることができる見込みがあるのであれば仕事に対して耐えられないほどのプレッシャーはそれほど感じることはありません。

外部からの影響、内部での影響

ではなぜ仕事を上手く進めたいと思うのでしょうか。

これには、外部からの影響と内部での影響の2つに分けて考えることができます。

外部からの影響

仕事をうまく進めることができないことによって、仕事上で外部からの影響が心配の種となってしまうことがあります。

例えば、営業について考えてみましょう。

営業では数字目標に対してプレッシャーを感じてしまうことがよくあります。

もし、目標達成できなかった場合、どういった外部からの影響があなたに及ぶでしょう。

例えば上司や先輩に怒られてしまうでしょう。

また、それが原因で給料が下がってしまうかもしれません。

そういった、仕事が上手く進めることができずに外部からあなたに不都合な影響がもたらされることが予想できる為に、強いプレッシャーを感じてしまうということがあります。

内部での影響

内部での影響というのは、自分自身の心の中で感じてしまうこと。

多くの場合、こちらのことが原因となり、強いプレッシャーを感じてしまう人が多いです。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 周囲にできない人間と見られてしまうのが嫌だ
  • 出世できなくなってしまう
  • できない自分が恥ずかしい

耐えられないような強いプレッシャーを感じてしまう人ほど、自分を良く見せたいという思いが強い傾向があります。

なぜプレッシャーを感じてしまうかということを理解

あなたにとって、仕事でプレッシャーを感じてしまう原因は何ですか?

上記の視点から、まずはなぜ感じてしまうかということを明確にしてみましょう。

スポンサーリンク

仕事のプレッシャーの克服方法

では、具体的にどのようにプレッシャーを克服すればいでしょうか。

具体的な方法を紹介します。

とにかくやってみる

仕事のプレッシャーを感じている時、何をすればうまくいいのかわからずに、考えてばかりでなかなか手を動かさないということが多いです。

しかし、これでは時間が過ぎていくばかりで、よいいっそう不安になってしまいます。

とにかくがむしゃらにやってみることは非常に大切で、やってみることによって不安となっていたものが取り除かれたり、すぐに動くことでミスをリカバリーできる時間もできます。

上司、先輩に相談する

自分一人で抱えてしまうと、なかなか解決にいたらずに、上司、先輩が気づいた時には手遅れになってしまっているということになりかねません。

失敗する、手遅れになる前に相談しておけば、解決方法を導いてくれ、不安解消につながることが多いです。

また、それでも失敗した時、それはあなたの責任ではなくなり、上司や先輩から怒られるという可能性は格段に減ることになります。

失敗はするものだという認識を持つ

なんでも上手くやろう、失敗は許されないということを思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

仕事というのはどれほど完璧に準備しても、予期しないことによって失敗してしまうことがあります。

あなたの上司でも、一回も失敗したことはないなんて人はおそらくほとんどいないでしょう。

失敗はするものなのです。

ですから、結果について強いこだわりを持ちすぎずに、とにかくやれることをやって、あとは楽観的に待つということを心がけてください。

失敗した後の準備をする

上記でも述べたように、失敗はするものです。

その為、失敗した時の為の準備もしておきましょう。

これがあるだけで、もし失敗してもまだ次の手があるという心の余裕ができます。

自分のハードルを下げる

自分で高いハードルを設定しすぎていませんか?

仕事は人生の一部でしかありません。

働いている時間が長いため、仕事が一番重要なんて思いがちですが、本当にそうでしょうか。

たかが仕事に自らで高いハードルを設定してしまい、その結果プレッシャーに耐えられない状況下においてしまうなんてことは、決して楽しいことではありません。

自分自身のハードルを下げてみてください。

耐えられない時は、辞めるのもあり

これまで紹介した仕事のプレッシャーの克服方法は、まともな会社、まともな上司がいてこそです。

しかし中には、能力以上の仕事を任せたり、相談したにも関わらず、聞いていないと怒ってきたり、たった一度のミスでできない人間の烙印をおしたりという会社もあります。

そういった場合、もしプレッシャーに耐えられないと感じたら辞めてしまうことも大事なことです。

無理をしすぎて、うつ病にかかってしまう前に行動を起こしましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

最後に

仕事ではプレッシャーは多かれ少なかれあり、上手く付き合っていかなければなりません。

しかし、無理はしすぎず、自分を最優先に考えるようにしましょう。

関連:働きやすい会社、働きやすい職場とはどういうところ?

関連:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ