大企業病なんて気にするな!最初は大企業で働くべき9つのメリット

最初は大企業で働くべき9つの理由

大企業で働くこと、中小企業で働くことにはそれぞれメリット、デメリットがあります。人気があるのは大企業ですが、絶対に大企業が良い、中小企業は辞めたほうが良いなんてことは決してありません。

とは言ってもやはり、大企業で働くことのメリットはかなり大きいです。デメリットは確かにあります。ただ、最初の就職時は特にメリットが大きいと考えます。

あまりに大企業に就職することにこだわりすぎる、いわゆる「大企業病」の話もよく聞きますが、やはり大企業で働くことのメリットの大きさからそうなってしまうのも致し方ない部分があるのかなと思います。

そこで今回は実際に大企業に身を置く立場の人と話す機会があったので紹介していきます。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:大企業と中小企業の定義や平均年収の違い

関連:年間休日数の平均やよく見かける105日、120日の理由

スポンサーリンク

大企業病は確かによくないけれど

大企業で働くことのメリットの紹介の前に気をつけて欲しいのは就職活動の時によく耳にする大企業病についてです。大手病とも言われたりしますね。

大企業にで働くことばかりを夢見て、大企業しか受けないという人。内定することが難しい大企業ばかりを受け、結局内定をとれずに終わったりしてしまう人に対して使われる言葉です。

ただ、そういう人の言う大企業って本当に世間にも名前のしれているBtoCの会社ばかりであることが多かったりします。

勘違いしてはいけません。世間には大企業ってたくさんあります。名前の知られていない大企業なんて山ほどあります。そういう会社こそ目指すべき会社です。

超一流の大企業にこだわりすぎた「大企業病」でなければ、大企業にこだわるのは決して悪いことではありません。

スポンサーリンク

大企業で働くべき9つのメリット

大企業で働くべき9つのメリットを紹介していきましょう。

メリットその1.給料がいい

もちろん、中小企業でも出世をすればいい場合もありますが、

当然ですが総じて大企業のほうが給料がいいです。

 一流企業であれば年収1000万を余裕で超す場合も多くあるでしょう。

今回、いろいろ話を聞かせてくださった人は31歳で年収1000万を超えていました。

大企業と中小企業の年収の差はこちらに詳細を載せています。

参考:大企業と中小企業の定義や平均年収の違い

メリットその2.福利厚生の充実

大企業は中小企業にくらべ福利厚生がかなり充実しています。

家賃は格安。

保険は格安。

財形の利率はいいし、色々なサポートも多い。

いいホテルに格安で泊まれたりもします。

こういった面を考えると、年収格差って実際はもっと広がります。

メリットその3.教育制度の充実

かなりしっかりしているそうです。

大企業は、新入社員に多大な時間とお金を費やします。

最初の1年を教育のみで終える会社もあるそうです。

見て覚えろ!というのは昔の世界。

効率のいい教育制度があります。

すなわち成長が早いです。

関連:OJT研修は最高の教育にも最低の教育にもなる

メリットその4.優秀な人がそばにいる

これは私が最も勧める理由です。

仕事柄、大企業の人と話す機会が多いのですが、やはり優秀な人が多いです。

優秀な人から学ぶことは本当に多い。

そういう人たちと接することができる機会が常にあるということは非常に恵まれています。

関連:仕事ができる人と仕事ができない人の明確な25の違い

メリットその5.転職がしやすい

転職サイト等に登録した経験がありますが、他の大手の企業からもメールが来ます。

また、そういった自分で登録するサイト以外でも、

色々な場所から話をもらう機会がある人もいます。

仕事の関係上、いろいろな会社とかかわる為、中小企業でもいい会社をいろいろ知っていますが、

就職時点で知ることは困難です。

そんな中小企業への転職も逆の場合に比べて容易であるとされてます。

しかし、中小企業に勤めているからといって、大企業に転職することが不可能なわけではありません。

転職の場合はスキルを求められる為、中小企業から大企業に転職できた人が大勢います。

メリットその6.人脈が広がる

仕事上の付き合いで、下に見られることは基本的にありませんので、対等に話すことができます。

その結果、非常に優秀な人たちと仕事面以外でのつながりに発展することも多いです

メリットその7.ローンが組みやすい

周りで住宅ローンが通らなかった人を聞いたことがないそうです。

大企業は中小企業に比べると、やはり安定しているので、信用度が高くクレジットカードやローンの審査は非常に通りやすくなります。

メリットその8.挑戦がしやすい

自由度がないと思われがちですが、実はそうじゃないんです。

もちろん好きなことをできるわけではありませんが、

自分の挑戦が失敗することで、会社に致命的なダメージを与えることがないため、

非常に大きな挑戦する機会を与えられることが多いです。

メリットその9.休みをとりやすい

有給がとりやすい。

休日はしっかり休み。

仕事だけの人生はつまらないですよね、プライベートを充実してなんぼです。

本来であれば大企業であろうが、中小企業であれば有給休暇は労働基準法で定められている労働者の権利ですから、

休みはとりやすい状況であるべきなんですが、実際はそうもうまくいていないですね。

関連:労働基準法の年次有給休暇制度。どれくらいの日数消化してる?

スポンサーリンク

今から大企業を目指してみる

名前が知られていなくても、規模が小さい中小企業ても優良な会社はやまほどあります。

もちろんそういった会社でもいいですが、やはり大企業のほう上記であげたメリットが多いのでおすすめします。

転職する場合、企業が求めているスキルさえ持っていれば、中小企業から大企業に入ることも可能です。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:大企業で働いている人、中小企業で働いている人の仕事の悩み

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:カフェテリアプランとは?メリットや利用時の注意点。



このページの先頭へ