転職におけるキャリアプランの重要性。よく質問されるのでしっかり準備しておこう

転職におけるキャリアプランの重要性。よく質問されるのでしっかり準備しておこう

普段仕事をしていると、中々自分のキャリアプランについて考えることってないですよね。

ただ転職活動ではこのキャリアプランがかなり重要となってくる為、しっかり考えておく必要があります。

関連記事

 

キャリアプランがない人が転職を成功させることは困難

将来どうなりたいか、どんなキャリアを積みたいかということを示すキャリアプラン。

このキャリアプランを持ち説明できるようにしておくことは、転職を成功させる上で非常に重要。

何も考えないまま転職活動に挑んでも、転職を成功させることは困難です。

面接で高い確率で問われるキャリアプラン

転職活動での面接では、かなり高い確率でキャリアプランを聞かれることになります。

もし質問された時に曖昧な答えしかできなかったり、特にないなんて答えてしまえば、その面接を通過できる可能性はかなり低くなるでしょう。

キャリアプランとはいわば目標。その目標がない人材を企業は採用してくれません。

企業側がキャリアプランから知りたいこと

では企業はキャリアプランから何を知ろうとしているのでしょうか。

企業の狙いは以下の点が挙げられます。

  • 目標を持ちモチベーション高く仕事に臨めるか
  • 会社と転職希望者にミスマッチがないか
  • 仕事に対して熱意を持っているか

いくら仕事の経験が豊富でスキルが高い人材であっても、仕事に対するモチベーションが低ければ宝の持ち腐れ。

入社してからの仕事ぶりにあまり期待はできませんし、入社後の成長も期待することができません。

また転職希望者のキャリアプランがその企業で実現できる内容ではない場合、そのミスマッチによっていずれは退職することが予想されます。

企業は優秀な人材に長期的に、できれば定年まで働いてくれることを望みます。

ミスマッチによっていずれは退職を予想される人材なんて、ほとんどの場合は採用しません。

自分にとっても転職の道標になる

キャリアプランは面接に答える為に必要なわけではありません。

転職先を選ぶ際、年収や労働条件などはもちろん大切な点で重要視すべき部分ですが、目の前のことだけを見ていては転職を成功させることはできないでしょう。

20代であればあと30年以上、30代であればあと20年以上働くことになるわけです。

長期的な視点を持っていなければ、転職直後満足できたとしても、またすぐ不満を感じるように転職を繰り返すことになります。

転職を1回だけにする必要はもちろんありません。

ただ将来を見据えた上で企業を決めておいた方が、次の転職に対しても一貫性を持つことができるようになり、待遇面での向上も見込まれます。

キャリアプランは転職活動で必要なだけではない

さらに言えば、キャリアプランを持つことは転職活動のみで必要なわけではありません。

たとえ転職せず一つの会社で働く場合であっても、キャリアプランを持っているか持っていないかでかなり差がでるでしょう。

キャリアプランとはいわば目標。

自分がどうなりたいかという姿を明確にしておけば、そうなる為にしなくてはいけないこともおのずとわかり、どういう努力をする必要があるかということも見えてきます。

面接でキャリアプランを質問された際に気を付けるべきこと

転職活動でかなり高い確率で質問されることになるキャリアプラン。

面接で答える場合、単に自分のなりたい姿を正直に答えることが良いとは限りません。

ここではいくつか回答で気を付けるべきことを紹介します。

企業のニーズとキャリアプランが一致しているか

面接でキャリアプランを答える際に最も重要となるのが、企業のニーズとマッチしていること。

企業が求めている人材と、自分がどうなりたいかという点を一致させる必要があります。

企業にとって必要ないこと、企業の利益に貢献しないこと、その企業で働いても実現不可能なことを述べてしまうのは問題外です。

現実的かつ、ある程度難しい内容

キャリアプランの内容は、5年、10年で実現することが現実的である一方で、現時点で実現することは困難である程度ハードルが高くなくてはいけません。

現実不可能なことを言っても仕方がないし、かと言ってすでにできることを述べては目標になりませんからね。

キャリアプランを実現する為に何が必要かということも意識

答える際には単に目標だけを答えれば良いわけではなく、その目標を実現する為には何が必要か、何をやらなければいけないかも織り交ぜなくてはいけません。

こうなりたいので後はお願いしますではなく、こうなりたいのでこうしますという方が、圧倒的に仕事に対するモチベーションも高く、しっかり考えているという印象を持たれますからね。

キャリアプランに迷ったら転職エージェントに相談しよう

転職活動ではこのキャリアプラン以外にも、志望動機や長所・短所、自分おスキルや経験など様々なことを質問されます。

そして内定を貰う為には、それらの内容にしっかり答えていかなくてはなりません。

ただ正直なところ、結局どう答えればいいのかわからないという人が大半だと思います。

答え合わせもできませんし、ネットや本で例を調べてもあくまでそれはその人の例であり自分とは違いますからね。

そこで使いたいのが転職エージェント。

転職エージェントを利用すれば、プロのキャリアコンサルタントが担当についてくれて、その人に合った面接対策を行ってくれます。

転職活動での面接はだいたい30分から1時間程度。たったそれだけでその人を見極めることは正直困難です。

だからこそ、できるだけ効果的にアピールし自分を知って貰う為にも、適切なやり方を教えて貰うことはとても大切になります。

おすすめ転職支援サービス

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

関連記事

 



このページの先頭へ