パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

パワハラがひどすぎることで、退職、転職を考える人も少なくないでしょう。

しかし、ただ退職してしまうと、退職の原因があなたには無いにも関わらず、不利益が生じてしまします。

そこで、今回はパワハラによる退職、転職時の注意点を紹介します。

関連:クラッシャー上司とは?上司に潰されない為の対策

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

パワハラによる退職時の注意点

もし、パワハラが原因で退職を考えている場合、以下のことに注意しましょう。

証拠集めは最重要

パワハラで退職する場合、それが行われているという証拠は必ず集めなければなりません。

証拠というのは、ICレコーダー等による録音や、メール等の証拠画像といった、第三者が見てもわかるものである必要があります。

また、日々何が行われていたか、どれだけの頻度で行われていたかがわかるように、毎日の出来事を記録しておくと良いです。

これがなければ、パワハラをされていたという証拠がなく、その事実を証明できません。

周囲は見ていたと言っても、あくまでそれは会社に残る人達であり、そういった人が会社に不利になることを証明してはくれないと考えましょう。

自己都合ではなく会社都合に

自分から会社を辞める場合、それは自己都合の退職となるのが一般的です。

しかし、パワハラが原因であれば、それは自己都合ではなく、会社都合の退職です。

ですから、会社都合の退職にもっていかなければなりません。

自己都合の退職の場合、退職金や失業保険受給で不利になります。

退職金は、自己都合の場合に大きく減額されることがほとんどです。会社にもよりますが、半分以下になることも多いです。

また、失業保険では、受給までに給付制限期間があり、すぐに給付されないだけでなく、給付日数も大きく違います。

ですから、会社都合にしたほうが絶対に良いのです。

退職届にパワハラによる会社都合であることを明記

では、どうすれば会社都合による退職とすることができるのでしょうか。

それは、退職届に、パワハラによる会社都合の退職であることを明記することです。

通常の自己都合の退職の場合、一身上の都合という理由を書くことが一般的です。

しかし、今回の場合には、理由をしっかり明記しましょう。

会社には行かなくても良い

パワハラで退職を考えるくらいですから、会社には行きたくないと思う人がほとんどでしょう。

こうった場合、会社に退職届を郵送で送るという方法でも問題ありません。

退職届を人事宛てに配達証明郵便で送るだけでいいです。

また、労働基準法上14日前に退職を会社に伝える必要がありますが、その14日を有給休暇取得とすることができます。

会社はこの有給休暇取得を拒否でいませんから、退職を決めてから1日も行かずに退職することも可能なのです。

スポンサーリンク

パワハラによる退職、会社は認めないことが多い

まず、知っておかなければならないのが、パワハラによる退職を望んでも会社は認めないことがほとんどです。

上記のように会社都合であるという退職届をだしても、認めずに自己都合であると主張してくる場合が多いです。

元々、会社都合の退職はその会社にとって不利益を生じることが多い為、避けたがります。

上記でも述べたように、退職金を多く支払わなければならない点や、会社都合の退職者をだすと、その会社自体のイメージが悪くなるという点があります。

ましてや、パワハラによって退職者をだしてしまったとなると、イメージは最悪になってしまいます。

ですから、会社は自己都合による退職にしてくるでしょう。

その為、退職する場合には第三者でもわかる証拠が必要となるのです。

明確な証拠があれば、万が一裁判になった場合にも心配ありませんし、そもそも会社が裁判まで持っていくことも無く諦めてくれることがほとんどです。

パワハラで転職する場合の注意点

次に、パワハラが原因によって転職する場合の注意点です。

パワハラが原因によって転職する場合、転職理由をパワハラであることが原因とすることは避けましょう。

パワハラは言葉だけでは、それが本当にパワハラであったのか、単にストレス耐性が弱いのか判断することができません。

たとえ、あまりにもひどいパワハラで退職したとしても、そんなことは相手にはわかりません。

その為、少しのことで辞めるのではないかと思われてしまう可能性があります。

また、その会社で働きいのではなく、退職を余儀なくされた為に仕方なく応募していると思われてしまう可能性もあります。

例え原因がパワハラであっても退職、転職理由はもっとポジティブなやりがい面で伝えるのが無難でしょう。

悩まず辞める時は辞める

パワハラによる退職、転職時の注意点について紹介してきました。

ただ、何よりも大切なことは、辞めるという決断をすることです。

パワハラが原因で悩んでいるなら、我慢しすぎずしょう。

パワハラで悩んでいる人の中で、本当に辞めてもいいのだろうかと思い、辞めることを戸惑う人も少なくありません。

そして、結局我慢することを選んでしまい、心身ともに疲弊し、病気になってしまう人も少なくはありません。

パワハラを受けている状態にも関わらず、今の会社にしがみつく必要なんてありません。

働くべき会社はもっと他にあります。

最近は人材不足から非常に転職しやすい状況になっています。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連ブラック企業はすぐ辞めるべき理由や、退職時の注意点

関連:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ