転職しようと思ったら何社くらい受ける?平均応募社数や少なく済ませるコツ

転職しようと思ったら何社くらい受ける?平均応募社数や少なく済ませるコツ

転職するにあたり、中には2,3社応募しただけで内定を貰うことができたという人もいれば、中には100社応募しても全然決まらないという人もいます。

では、平均的にはどのくらいの会社に応募しているのでしょうか。

今回は、転職時の平均応募社数や、少なく済ませるコツを紹介します。

関連:転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

関連:転職の流れ。あまり細かいことは気にせずとりあえず始めることが大事。

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

転職時の平均応募社数、みんなどれくらい受けるもの?

学生時代の就職活動であったら先輩であったり、同期であったりと、周りで同じように就職活動をしている人がいる為、参考にすることができます。

しかし、転職活動の場合は基本的に一人で、実際に転職した人からあまり話を聞く機会がない為、周囲がどんな感じで転職活動を進めたかわからないですよね。

平均応募社数は、転職のイメージを持つためにも知っておきたい情報です。

そこで、今回は平均応募社数や内定数について、リクルートキャリアが転職した人を対象にアンケートをとった結果を紹介します。

平均応募社数

転職時の平均応募社数は18.27社となっています。

各応募社数の割合は以下の通り。

  • 1社・・・4.0%
  • 2社・・・4.2%
  • 3社・・・6.3%
  • 4社・・・5.1%
  • 5社・・・7.6%
  • 6~10社・・・24.7%
  • 11~15社・・・7.8%
  • 16~20社・・・16.3%
  • 21~30社・・・11.0%
  • 31社以上・・・13.1%

また、男女年齢別に見た平均応募社数は以下の通りです・

  • 男性25歳以下・・・14.56社
  • 男性26~30歳・・・14.98社
  • 男性31~35歳・・・15.61社
  • 男性36~40歳・・・20.26社
  • 男性41歳以上・・・23.65社
  • 女性25歳以下・・・12.56社
  • 女性26~30歳・・・14.04社
  • 女性31~35歳・・・11.35社
  • 女性36~40歳・・・24.00社
  • 女性41歳以上・・・31.60社

上記の結果からわかるように、年齢が高いほうが、応募社数は多くなる傾向があります。

年齢が低いほうが転職しやすいというのはやはり事実であり、40歳以上となると、それなりの数を受ける必要があることがわかります。

内定数

では、これだけ応募した中で、どれくらい内定までこぎつけることができるのでしょうか。

転職活動時の内定数は、

  • 1社・・・53.5%
  • 2社・・・27.3%
  • 3社以上・・・19.2%

となっています。

半数以上が内定1社となっており、最初に決まった会社に行く人が多いです。

応募社数を少なく済ませるには

誰だって、転職する際に何社も何社も受けたくないですよね。

では、少ない応募社数で済ませる為にはどうすればいいのでしょうか。

内定する為のポイントをよく理解

転職で内定を貰う為にはいくつかポイントとなることがあります。

もちろん、履歴書や面接でしっかり自分をアピールできることが大切ですが、そもそも企業の求めている人材と、自分自身がマッチングしていなくてはなりません。

どれほど優秀な人材であっても、企業が望んでいる人材、求めている能力と違っていれば内定は貰えません。

それは、経験やスキルもそうですし、年齢や性別といったことすらあります。

一応、年齢や性別で判断することはダメとなっており、求人広告には記載することができません。

しかし、書いていなくても望んでいるものがあれば選考時に絶対に見られてしまいます。そもそも書類選考には通過しないでしょう。

自分とマッチングしている会社を受けなければ、単に受け損となってしまい、応募社数が増え、転職期間が長引いてしまうことになります。

転職サイトのスカウト機能を活用

マッチングを大切にするとは言っても、求人広告だけではなかなかわかりません。

そこで活用したいのが転職サイトのスカウト機能です。

あらかじめレジュメを登録しておけば、マッチしている転職希望者に対して企業からオファーが来るというものです。

あらかじめマッチしてそうな人材に対して企業からオファーが来る為、大きな乖離が生まれないという利点があります。

参考:リクナビNEXTのスカウト機能は絶対使うべき。オープンオファーとプライベートオファーをうまく使おう。

転職エージェントを利用

もう一つ、マッチングを意識した時に活用したいのが転職エージェントです。

面談し、転職者の経歴や希望を聞いた上で、それにマッチしている非公開求人を紹介してくれます。

マッチングの点もそうですが、非公開求人は誰にでも見ることができるわけでは無い為、公開されている求人に比べて応募者数が少ないという傾向があります。

他にも、履歴書の添削、面接の練習といったものも行ってくれる為、転職活動の質向上が見込めます。

参考:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

数にこだわりすぎてはいけない

応募社数を少なくしたいというのは、誰しもが思うこと。

しかし、あまりこだわりすぎるのもNGです。

あなたがすべきは、応募社数が減らすことではなく、絶対受からない無駄な企業への応募を無くすことです。

絞ったことで転職活動期間が長くなってしまう可能性も

たくさん受けるのは面倒だからと、とりあえず1社に応募したとします。

その1社が受かればいいですが、もし落ちてしまうと、また1からやり直しです。

応募から落ちたことがわかるまで、それなりに時間がかかります。

もし1社ずつ受けていると途方もない時間かかることになってしまいます。

一気に転職活動を終わらせる為にも、複数社に同時並行して応募することは必要なことです。

失敗から学ぶことも多い

転職で落ちたという経験から学ぶことも多いです。

なぜ書類選考で落ちてしまったか、なぜ面接で上手く話せなかったなど、失敗によって考えさせることも多いです。

それが、それからの転職活動の質向上につながっていきます。

受かりそうなところばかりを受けても後悔することに

自分とマッチしている会社を選び、受からない会社を受けないのは大切なこと。

ただ、勘違いしてはいけないのは、受かりそうなところばかりを受けるのが良いわけではないということ。

一番大切なのは、あなたが何を希望しているかということです。

その希望をないがしろにして、受かりそうな会社を見つけて応募したところで、転職後に後悔してしまうことになります。

最後に

転職を上手く終わらせるにあたり、ただがむしゃらにやるのではなく、効率良くできるような方法を選ぶのは大切なことです。

在職中のまま転職活動する人にとっても、仕事を辞めてから転職活動する人にとっても、無駄に労力を使うことも、転職期間が長引いてしまうことも避けたいですよね。

その為にどうすればいいか、自分でも考えて転職活動を進めましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

関連:仕事をしながら転職活動を進めて良かったこと、困ったこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ