転職しようと思ったら何社くらい受ける?平均応募社数や少なく済ませるコツ

転職しようと思ったら何社くらい受ける?平均応募社数や少なく済ませるコツ

転職するにあたり、中には2,3社応募しただけで内定を貰うことができたという人もいれば、100社応募しても全然決まらないという人もいます。

では、平均的にはどのくらいの会社に応募しているのでしょうか。

今回は、転職時の平均応募社数や、少なく済ませるコツを紹介します。

関連:転職活動の期間はどれくらいかかるもの?短い期間で終わらせる為には。

関連:転職の流れ。あまり細かいことは気にせずとりあえず始めることが大事。

関連:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

転職時の平均応募社数、みんなどれくらい受けるもの?

学生時代の就職活動であったら先輩であったり、同期であったりと、周りで同じように就職活動をしている人がいる為、参考にすることができます。

しかし、転職活動の場合は基本的に一人で、実際に転職した人からあまり話を聞く機会がない為、周囲がどんな感じで転職活動を進めたかわからないですよね。

平均応募社数は、転職のイメージを持つためにも知っておきたい情報です。

そこで、今回は平均応募社数や内定数について、リクルートキャリアが転職した人を対象にアンケートをとった結果を紹介します。

平均応募社数

転職時の平均応募社数は18.27社となっています。

各応募社数の割合は以下の通り。

  • 1社・・・4.0%
  • 2社・・・4.2%
  • 3社・・・6.3%
  • 4社・・・5.1%
  • 5社・・・7.6%
  • 6~10社・・・24.7%
  • 11~15社・・・7.8%
  • 16~20社・・・16.3%
  • 21~30社・・・11.0%
  • 31社以上・・・13.1%

また、男女年齢別に見た平均応募社数は以下の通りです・

  • 男性25歳以下・・・14.56社
  • 男性26~30歳・・・14.98社
  • 男性31~35歳・・・15.61社
  • 男性36~40歳・・・20.26社
  • 男性41歳以上・・・23.65社
  • 女性25歳以下・・・12.56社
  • 女性26~30歳・・・14.04社
  • 女性31~35歳・・・11.35社
  • 女性36~40歳・・・24.00社
  • 女性41歳以上・・・31.60社

上記の結果からわかるように、年齢が高いほうが、応募社数は多くなる傾向があります。

年齢が低いほうが転職しやすいというのはやはり事実であり、40歳以上となると、それなりの数を受ける必要があることがわかります。

内定数

では、これだけ応募した中で、どれくらいで内定までこぎつけることができるのでしょうか。

転職活動時の内定数は、

  • 1社・・・53.5%
  • 2社・・・27.3%
  • 3社以上・・・19.2%

となっています。

半数以上が内定1社となっており、最初に決まった会社に行く人が多いです。

応募社数を少なく済ませるには

誰だって、転職する際に何社も何社も受けたくないですよね。

では、少ない応募社数で済ませる為にはどうすればいいのでしょうか。

内定する為のポイントをよく理解

転職で内定を貰う為にはいくつかポイントとなることがあります。

もちろん、履歴書や面接でしっかり自分をアピールできることが大切ですが、そもそも企業の求めている人材と、自分自身がマッチングしていなくてはなりません。

どれほど優秀な人材であっても、企業が望んでいる人材、求めている能力と違っていれば内定は貰えません。

それは、経験やスキルもそうですし、年齢や性別といったことすらあります。

一応、年齢や性別で判断することはダメとなっており、求人広告には記載することができません。

しかし、書いていなくても望んでいるものがあれば選考時に絶対に見られてしまいます。そもそも書類選考には通過しないでしょう。

自分とマッチングしている会社を受けなければ、単に受け損となってしまい、応募社数が増え、転職期間が長引いてしまうことになります。

転職サイトのスカウト機能を活用

マッチングを大切にするとは言っても、求人広告だけではなかなかわかりません。

そこで活用したいのが転職サイトのスカウト機能です。

あらかじめレジュメを登録しておけば、マッチしている転職希望者に対して企業からオファーが来るというものです。

あらかじめマッチしてそうな人材に対して企業からオファーが来る為、大きな乖離が生まれないという利点があります。

参考:リクナビNEXTのスカウト機能は絶対使うべき。オープンオファーとプライベートオファーをうまく使おう。

転職エージェントを利用

もう一つ、マッチングを意識した時に活用したいのが転職エージェントです。

面談し、転職者の経歴や希望を聞いた上で、それにマッチしている非公開求人を紹介してくれます。

マッチングの点もそうですが、非公開求人は誰にでも見ることができるわけでは無い為、公開されている求人に比べて応募者数が少ないという傾向があります。

他にも、履歴書の添削、面接の練習といったものも行ってくれる為、転職活動の質向上が見込めます。

参考:転職エージェントとは?転職サイトとの違いや選び方、比較のポイント、利用のメリット

数にこだわりすぎてはいけない

応募社数を少なくしたいというのは、誰しもが思うこと。

しかし、あまりこだわりすぎるのもNGです。

あなたがすべきは、応募社数が減らすことではなく、絶対受からない無駄な企業への応募を無くすことです。

絞ったことで転職活動期間が長くなってしまう可能性も

たくさん受けるのは面倒だからと、とりあえず1社に応募したとします。

その1社が受かればいいですが、もし落ちてしまうと、また1からやり直しです。

応募から落ちたことがわかるまで、それなりに時間がかかります。

もし1社ずつ受けていると途方もない時間かかることになってしまいます。

一気に転職活動を終わらせる為にも、複数社に同時並行して応募することは必要なことです。

失敗から学ぶことも多い

転職で落ちたという経験から学ぶことも多いです。

なぜ書類選考で落ちてしまったか、なぜ面接で上手く話せなかったなど、失敗によって考えさせることも多いです。

それが、それからの転職活動の質向上につながっていきます。

受かりそうなところばかりを受けても後悔することに

自分とマッチしている会社を選び、受からない会社を受けないのは大切なこと。

ただ、勘違いしてはいけないのは、受かりそうなところばかりを受けるのが良いわけではないということ。

一番大切なのは、あなたが何を希望しているかということです。

その希望をないがしろにして、受かりそうな会社を見つけて応募したところで、転職後に後悔してしまうことになります。

最後に

転職を上手く終わらせるにあたり、ただがむしゃらにやるのではなく、効率良くできるような方法を選ぶのは大切なことです。

在職中のまま転職活動する人にとっても、仕事を辞めてから転職活動する人にとっても、無駄に労力を使うことも、転職期間が長引いてしまうことも避けたいですよね。

その為にどうすればいいか、自分でも考えて転職活動を進めましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?

関連:仕事をしながら転職活動を進めて良かったこと、困ったこと



このページの先頭へ