転職するならどこがいい?今おすすめの業界や職種。

転職するならどこがいい?今おすすめの業界や職種。

転職するにあたり、まず考えるのはどんな業界でどんな職種に就くかということ。

同じ業界で同じ職種に転職するという選択肢もあれば、違う業界でこれまでの職種に転職するパターンもあります。

難易度はあがりますが、業界、職種も一新するという選択肢だってあります。

ただ業界、職種をどう決めればいいかなと悩むことも多いですよね。

そこで、今回は転職するにあたりおすすめの業界、職種を紹介していきます。

転職する業界、職種はどう決める?

まずは、どのように業界や職種を決めていくかを紹介していきましょう。

業界を決める際のポイント

転職する際に、どの業界を選ぶのかは非常に大切です。

業界によって様々な点で傾向が変わってくるので、最初から良い業界に絞ったほうがホワイト企業に転職できる可能性は高くなります。

労働条件が良く、離職率も低い

給料の相場、休日日数の相場は業界によって大きく変わる点です。

ある業界内ではトップクラスの待遇であっても、他の業界であれば平均以下だなんてこともよくあること。

給料相場が低かったり、休日日数が少ない業界だと、当然離職率は高くなります。

今後の需要が高い

転職するにあたり、今後の展望も考えておきたいところ。

できるだけ需要が高くなってきそうば業界を選ぶようにしておきましょう。

明らかに需要が減っていくことがわかっているものだと、転職しても色々と不安なことが増えてきますし、ボーナスもあまり高くだしてもらえません。

未経験者の受け入れが多い

未経験の業界に転職する場合、その業界が未経験であっても受け入れてくれやすいかというのも一つのポイントになります。

あまり受け入れていない業界だと、転職自体がしにくくなってしまい、自分の希望条件を下げることにもなってしまいかねません。

職種を決める為のポイント

次に職種を決める際のポイントを紹介していきます。

ただ、転職において職種を変えることはそれなりの難易度があることであることは覚悟しておきましょう。

仕事が厳しすぎない

同じ会社であっても、職種によって仕事がきつかったり、逆に仕事が楽であったりするもの。

職種による差は本当に大きいです。

ある部署だけ残業や休日出勤がめちゃくちゃ多かったり、仕事の密度が高かったり、人に良く怒られる仕事であったり、職種による特徴がそれぞれありますので、自分に合わない仕事は避けなくてはなりません。

汎用性の高いスキルが身につく

職種を選ぶ際に、その会社でしか役に立たないようなスキルではなく、汎用性の聞くスキルが身につくかどうかは考えておいたほうがいいです。

できることなら一つの会社で定年まで働きたいと思うかもしれませんが、このご時世何があるかわかりません。

いざ何かあってまた転職しなくてはならなくなった時に、他の会社でも重宝されるスキルが身についていないとどの会社も取ってくれずに条件がかなり下がってしまうことも覚悟しなくてはならなくなります。

未経験者でも転職可能

転職で職種を変えることは難しいことですが、どの職種に変わるかによっても変わります。

そもそも未経験者を受け入れていない職種を狙っても転職することはかないません。

必ずしも前職と一致していなければ絶対に転職することができないという職種はそうありませんが、近い職種としての経験は必須とされる場合もあるので、今の自分の職種との関連性を考えることも大切です。

おすすめの業界

では、ここからは実際におすすめできる業界について紹介していきましょう。

IT関係

IT業界と聞くと、ブラック企業が多いというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、それは一昔前の話。

もちろん未だにブラックな労働環境を続けている会社がないわけではありませんが、ホワイト企業の割合も非常に増えています。

前職の業界がなんであれ広く受け入れているというのも良いポイントです。

ITは今後も高い需要が維持されていくことが予想されますから、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

建築関係

建築業界は、東京オリンピックに向けて需要増が予想される業界ですし、人手不足も顕著となっている為、未経験者であっても多数受け入れられる業界です。

一言で建築といっても、職種は様々ですから、自分にあった職種も選ぶことができます。

製造業

製造業は、労働条件が他の業界と比べて優れています。

もちろん会社にもよりますが、残業が少なかったり、休日が多かったりと、働きやすさは他の業界よりも上でしょう。

製造業と言っても細かく見ていくと様々なものがありますが、その中から何かしらの特筆すべきものを持っている企業がおすすめ。

ある分野において必須となるもののシェアが非常に高かったり、特別な技術を持っていたりといった企業です。

そういった企業は、あまり知名度がない企業も多いので、企業選びの際にはよく調べるようにしましょう。

おすすめの職種

次におすすめの職種を紹介していきます。

ITエンジニア

SEやネットワークエンジニアなど、ITエンジニアは汎用性のきく技術が身に付きやすく、未経験者であっても受け入れてくれる企業も多い点からおすすめです。

ITスキルは重宝されるスキルです。実際、平均時給が1500円である派遣社員であっても、開発経験などがあれば時給2500円以上となる仕事に就くことも可能です。

2500円だとフルタイムなら年収500万円以上になりますから、たとえ会社がだめになってもそこそこ稼ぐことは可能となるわけです。

生産技術、製造技術、品質保証

製造業の技術分野においておすすめなのが生産技術や製造技術、品質保証といった下流工程に属する職種です。

これらの技術は、製造業において必須の技術であり、転職もしやすい職種です。

ただ会社によっては休日出勤が多いという場合もあるので、それが嫌な人は注意も必要。

営業

営業と聞くと、嫌悪感を抱く人も多いかもしれませんが、営業であっても辛いかどうかは種類や会社次第。

ノルマの厳しさも会社によって全然違いますし、全うなとこは勤務時間などもしっかりしています。

特に既存の顧客を回るBtoB向けルート営業は、新規開拓する営業に比べて残業もストレスも少ない傾向にあるのでおすすめです。

営業の仕事は汎用性の面でも◎。扱う商品が変わったとしてもそのスキルは財産になるでしょう。

最終的には自分がやりたいと思えるか

ここまでいくつかおすすめの業界や職種を紹介してきました。

実際に何を選ぶかは、汎用性、今後のこと、労働条件など様々なことを考えることになるでしょう。

ただ、自分がやりたいと思えるかどうかという点も重要視しておかなくてはなりません。

どれだけ良い会社であっても、自分に全くあっていないしつまらないという仕事だと、会社に行くのが辛くて辛くて仕方がなくなってしまう可能性が非常に高いのです。

もちろん環境は大切。しかし自分の心も大切にしてください。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ