転職するならどこがいい?今おすすめの業界や職種。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

転職するならどこがいい?今おすすめの業界や職種。

転職するにあたり、まず考えるのはどんな業界でどんな職種に就くかということ。

同じ業界で同じ職種に転職するという選択肢もあれば、違う業界でこれまでの職種に転職するパターンもあります。

難易度はあがりますが、業界、職種も一新するという選択肢だってあります。

ただ業界、職種をどう決めればいいかなと悩むことも多いですよね。

そこで、今回は転職するにあたりおすすめの業界、職種を紹介していきます。

転職する業界、職種はどう決める?

まずは、どのように業界や職種を決めていくかを紹介していきましょう。

業界を決める際のポイント

転職する際に、どの業界を選ぶのかは非常に大切です。

業界によって様々な点で傾向が変わってくるので、最初から良い業界に絞ったほうがホワイト企業に転職できる可能性は高くなります。

労働条件が良く、離職率も低い

給料の相場、休日日数の相場は業界によって大きく変わる点です。

ある業界内ではトップクラスの待遇であっても、他の業界であれば平均以下だなんてこともよくあること。

給料相場が低かったり、休日日数が少ない業界だと、当然離職率は高くなります。

今後の需要が高い

転職するにあたり、今後の展望も考えておきたいところ。

できるだけ需要が高くなってきそうば業界を選ぶようにしておきましょう。

明らかに需要が減っていくことがわかっているものだと、転職しても色々と不安なことが増えてきますし、ボーナスもあまり高くだしてもらえません。

未経験者の受け入れが多い

未経験の業界に転職する場合、その業界が未経験であっても受け入れてくれやすいかというのも一つのポイントになります。

あまり受け入れていない業界だと、転職自体がしにくくなってしまい、自分の希望条件を下げることにもなってしまいかねません。

職種を決める為のポイント

次に職種を決める際のポイントを紹介していきます。

ただ、転職において職種を変えることはそれなりの難易度があることであることは覚悟しておきましょう。

仕事が厳しすぎない

同じ会社であっても、職種によって仕事がきつかったり、逆に仕事が楽であったりするもの。

職種による差は本当に大きいです。

ある部署だけ残業や休日出勤がめちゃくちゃ多かったり、仕事の密度が高かったり、人に良く怒られる仕事であったり、職種による特徴がそれぞれありますので、自分に合わない仕事は避けなくてはなりません。

汎用性の高いスキルが身につく

職種を選ぶ際に、その会社でしか役に立たないようなスキルではなく、汎用性の聞くスキルが身につくかどうかは考えておいたほうがいいです。

できることなら一つの会社で定年まで働きたいと思うかもしれませんが、このご時世何があるかわかりません。

いざ何かあってまた転職しなくてはならなくなった時に、他の会社でも重宝されるスキルが身についていないとどの会社も取ってくれずに条件がかなり下がってしまうことも覚悟しなくてはならなくなります。

未経験者でも転職可能

転職で職種を変えることは難しいことですが、どの職種に変わるかによっても変わります。

そもそも未経験者を受け入れていない職種を狙っても転職することはかないません。

必ずしも前職と一致していなければ絶対に転職することができないという職種はそうありませんが、近い職種としての経験は必須とされる場合もあるので、今の自分の職種との関連性を考えることも大切です。

おすすめの業界

では、ここからは実際におすすめできる業界について紹介していきましょう。

IT関係

IT業界と聞くと、ブラック企業が多いというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、それは一昔前の話。

もちろん未だにブラックな労働環境を続けている会社がないわけではありませんが、ホワイト企業の割合も非常に増えています。

前職の業界がなんであれ広く受け入れているというのも良いポイントです。

ITは今後も高い需要が維持されていくことが予想されますから、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

建築関係

建築業界は、東京オリンピックに向けて需要増が予想される業界ですし、人手不足も顕著となっている為、未経験者であっても多数受け入れられる業界です。

一言で建築といっても、職種は様々ですから、自分にあった職種も選ぶことができます。

製造業

製造業は、労働条件が他の業界と比べて優れています。

もちろん会社にもよりますが、残業が少なかったり、休日が多かったりと、働きやすさは他の業界よりも上でしょう。

製造業と言っても細かく見ていくと様々なものがありますが、その中から何かしらの特筆すべきものを持っている企業がおすすめ。

ある分野において必須となるもののシェアが非常に高かったり、特別な技術を持っていたりといった企業です。

そういった企業は、あまり知名度がない企業も多いので、企業選びの際にはよく調べるようにしましょう。

おすすめの職種

次におすすめの職種を紹介していきます。

ITエンジニア

SEやネットワークエンジニアなど、ITエンジニアは汎用性のきく技術が身に付きやすく、未経験者であっても受け入れてくれる企業も多い点からおすすめです。

ITスキルは重宝されるスキルです。実際、平均時給が1500円である派遣社員であっても、開発経験などがあれば時給2500円以上となる仕事に就くことも可能です。

2500円だとフルタイムなら年収500万円以上になりますから、たとえ会社がだめになってもそこそこ稼ぐことは可能となるわけです。

生産技術、製造技術、品質保証

製造業の技術分野においておすすめなのが生産技術や製造技術、品質保証といった下流工程に属する職種です。

これらの技術は、製造業において必須の技術であり、転職もしやすい職種です。

ただ会社によっては休日出勤が多いという場合もあるので、それが嫌な人は注意も必要。

営業

営業と聞くと、嫌悪感を抱く人も多いかもしれませんが、営業であっても辛いかどうかは種類や会社次第。

ノルマの厳しさも会社によって全然違いますし、全うなとこは勤務時間などもしっかりしています。

特に既存の顧客を回るBtoB向けルート営業は、新規開拓する営業に比べて残業もストレスも少ない傾向にあるのでおすすめです。

営業の仕事は汎用性の面でも◎。扱う商品が変わったとしてもそのスキルは財産になるでしょう。

最終的には自分がやりたいと思えるか

ここまでいくつかおすすめの業界や職種を紹介してきました。

実際に何を選ぶかは、汎用性、今後のこと、労働条件など様々なことを考えることになるでしょう。

ただ、自分がやりたいと思えるかどうかという点も重要視しておかなくてはなりません。

どれだけ良い会社であっても、自分に全くあっていないしつまらないという仕事だと、会社に行くのが辛くて辛くて仕方がなくなってしまう可能性が非常に高いのです。

もちろん環境は大切。しかし自分の心も大切にしてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ