仕事を教えてもらえない、放置プレイされた時に辞めたいと思った時の対処法

仕事を教えてもらえない、放置プレイされた時に辞めたいと思った時の対処法

新入社員として働き始めた時、転職して新たな会社で働き始めた時、本人は出来るだけ仕事を早く覚え、職場に馴染みたいですよね。

しかし、その感情とは裏腹に、上司や先輩が全然仕事を教えてくれなかったり、仕事を与えてくれなかったりして、全然仕事を覚えることができずに時間だけが過ぎて行ってしまうなんてことも少なくありません。

それは非常に辛く、仕事を辞めたいと思う人も多いですし、実際に退職する人も少なくはありません。

関連:上司に嫌われたらどうすればいい?嫌われる原因や対策方法。

関連:仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?

関連:嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

仕事を教えてもらえない、与えられない、それはなぜ?

新入社員や転職してきた社員にも、当然給料は発生していますし、貴重な人材ですから、会社にとってもできるだけ仕事を早く覚え、会社に貢献して貰うにこしたことはありません。

仕事を教えなかったり、仕事を与えないことで覚えるのが遅くなるというのは、会社、従業員双方にとってデメリットなのです。

にも関わらず、多くの会社で頻繁に起きてしまいます。

忙しすぎる

まず一つ目の原因が、仕事を教える立場である上司や先輩が忙しく、自分の持っている仕事をこなすのに精一杯になってしまっている場合です。

仕事を教えるというのはどうしても時間がかかり。かつ緊急性もない為、後回しにされがちです。

本来は上司が、それぞれの仕事の負荷を考え、教えることも仕事の一部として他の仕事の負荷を下げることも必要ですし、教える立場の人も目の前のことばかりを考えず、先を見越した上で教えることのメリットをよく理解しなくてはなりません。

また、忙しい時というのは教えてもらう立場の人も、なかなか質問しにくくなってしまい余計に放置されがちになってしまいます。

どう教えればいいか、どう与えればいいかわからない

本当は仕事を教えるつもりはあっても、どう教えればいいのか、どう仕事を与えればいいかわからないことが原因となってしまう場合もあります。

多くの会社で取り入れているOJT教育ですが、実態は若手社員に任せっきりになることも多く、マニュアルもなければ教え方について教えてもらっていないなんて場合も多々あります。

嫌われている

仕事を教えてもらえなかったり、仕事を与えてもらえなかったりするのが、嫌われていることが原因である場合もあります。

教えてもらう側の言動に問題がある場合もありますが、全く関係なく新人に対して最初から嫌悪感を覚えしまう人もいます。

考え方が一致していない

新人である場合だと、仕事は全くできないものだという認識を持ってもらえますが、転職してきた場合だとある程度の経験があるものだと考え接します。

このある程度という部分で、両社の間に相違が生まれてしまう場合もあります。

教えてもらう立場の人はじっくり教えて貰いたいと思っていても、教える側の立場の人はこれくらいで十分だろうと思ってしまう場合もあるのです。

忙しいと勘違いされている

仕事を与えられた時に、その仕事だけではまだまだ余力があったとしても、そのことに気づいて貰えずに新たな仕事を教えてもらえないという場合は多々あります。

どれくらい能力が高いか、仕事をこなすのかが早いかの認識をよく理解して貰うことができていなかったり、暇な感じは気まずくて出せずに忙しいふりをしている結果勘違いされてしまっていることが考えられます。

仕事を教えてもらえない、与えられない時の対処法

会社でろくに仕事を教えてもらえなかったり、仕事を与えてもらえなかったりするのは、非常に辛いこと。

そこで、いくつか対処法を紹介しましょう。

なぜそうなっているか原因を知ろう

まずは、なぜ仕事を教えて貰えないのか、なぜ仕事を与えてもらえないのかの原因を考えてみましょう。

先輩が忙しすぎるから?嫌われているから?勘違いされているから?

原因を見つけるのはそう難しいことではないはずです。

中には自分の力で簡単に解決できる場合も多々あるはずです。

特定の人に期待しない

仕事を教えて貰おうとする時、教育の担当となっている人だけに期待するのではなく、同じ職場の色々な人を頼ってみましょう。

もちろん、あくまで担当となっている先輩のことは立てなければなりませんが、必ずしもその人だけに頼る必要はないのです。

無駄な残業はしない

残業代を稼ぎたいから、周りが残業しているからといって、仕事がないのに仕事があるふりをして無駄に残業するのは止めましょう。

そうすると、周りも仕事がないことに気づくことができません。

先輩が仕事を教えてくれなかったり、与えてくれなかったりしても、一人だけ毎日定時で帰っていればその問題に上司なりが気づいてくれるはずです。

受け身で待たない

仕事で何かわからないことがあったり、仕事を与えてもらえなかったりする場合、受け身で待つのではなく、自分から積極的に尋ねるようにしましょう。

忙しそうにしていると、どうしても聞きにくいのですが、人によっては聞かれた時だけ答えるという人もいるのです。

わからないのではないか、暇なんではないかと、気を使ってくれる人だけではないのです。

わからないことを絞る

質問する時は、できるだけ何がわからないのか絞った上で聞くようにしましょう。

あれもこれもわからない、全部わからないなんて言ってしまうと、教える側の人も何から教えていいかもわからず、時間もかかってしまいますし、何より面倒に感じます。

自分で調べることができることは自分で調べ、要点を絞ることが大切です。

あからさまな嫌がらせの場合は転職も考える

会社側も雇いたいから雇ったはずなのに、新しい人材に対して職場全体に嫌がらせされてしまうことも少なからずあります。

会社にとってはデメリットしかないに関わらず、会社側の人間であるはずの上司もそういう態度をとってくる場合もあります。

なんとか良くしようと試みることも大切ですが、それだけではどうしようもない場合はあるのです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

もし転職を少しでも考えている人はまずは登録してみてみてください。

転職サイトは色々とありますが、まずは大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。もちろん2つとも無料で利用可能です。

業界1位、2位のこの2つは、他の転職サイトに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:うざい上司の特徴や対処法、もう辞めたい、転職したいと思ったら要チェック

関連:上司が嫌いで仕方ない、もう辞めたいと思った時の対処法

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ