仕事を教えてもらえない、放置プレイされた時に辞めたいと思った時の対処法

仕事を教えてもらえない、放置プレイされた時に辞めたいと思った時の対処法

新入社員として働き始めた時、転職して新たな会社で働き始めた時、本人としては出来るだけ仕事を早く覚え、職場に馴染みたいですよね。

しかしその感情とは裏腹に、上司や先輩が全然仕事を教えてくれなかったり、仕事を与えてくれなかったりして、全然仕事を覚えることができずに時間だけが過ぎて行ってしまうなんてことも少なくありません。

それは非常に辛く、仕事を辞めたいと思う人も多いですし、実際に退職する人も少なくはありません。

関連:上司に嫌われたらどうすればいい?嫌われる原因や対策方法。

関連:仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?

関連:嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

スポンサーリンク

仕事を教えてもらえない、与えられない、それはなぜ?

新入社員や転職してきた社員にも当然給料は発生していますし、貴重な人材ですから、会社にとってもできるだけ仕事を早く覚え、会社に貢献して貰うにこしたことはありません。

仕事を教えなかったり、仕事を与えないことで覚えるのが遅くなるというのは、会社、従業員双方にとってデメリットなのです。

にも関わらず、多くの会社で頻繁に起きてしまいます。それはなぜでしょうか

忙しすぎる

まず一つ目の原因が仕事を教える立場である上司や先輩が忙しく、自分の持っている仕事をこなすのに精一杯になってしまっている場合です。

仕事を教えるというのはどうしても時間がかかり、かつ緊急性もない為、後回しにされがちです。

本来は上司がそれぞれの仕事の負荷を考え、教えることも仕事の一部として他の仕事の負荷を下げることも必要ですし、教える立場の人も目の前のことばかりを考えず、先を見越した上で教えることのメリットをよく理解しなくてはなりません。

また忙しい時というのは教えてもらう立場の人も、なかなか質問しにくくなってしまい余計に放置されがちになってしまいます。

どう教えればいいか、どう与えればいいかわからない

本当は仕事を教えるつもりはあっても、どう教えればいいのか、どう仕事を与えればいいかわからないことが原因となってしまう場合もあります。

多くの会社で取り入れているOJT教育ですが、実態は若手社員に任せっきりになることも多く、マニュアルもなければ教え方について教えてもらっていないなんて場合も多々あります。

嫌われている

仕事を教えてもらえなかったり、仕事を与えてもらえなかったりするのが、嫌われていることが原因である場合もあります。

教えてもらう側の言動に問題がある場合もありますが、全く関係なく新人に対して最初から嫌悪感を覚えしまう人もいます。

考え方が一致していない

新人である場合だと仕事は全くできないものだという認識を持ってもらえますが、転職してきた場合だとある程度の経験があるものだと考え接します。

このある程度という部分で、両社の間に相違が生まれてしまう場合もあります。

教えてもらう立場の人はじっくり教えて貰いたいと思っていても、教える側の立場の人はこれくらいで十分だろうと思ってしまう場合もあるのです。

忙しいと勘違いされている

仕事を与えられた時に、その仕事だけではまだまだ余力があったとしても、そのことに気づいて貰えずに新たな仕事を教えてもらえないという場合は多々あります。

どれくらい能力が高いか、仕事をこなすのかが早いかの認識をよく理解して貰うことができていなかったり、暇な感じは気まずくて出せずに忙しいふりをしている結果勘違いされてしまっていることが考えられます。

スポンサーリンク

仕事を教えてもらえない、与えられない時の対処法

会社でろくに仕事を教えてもらえなかったり、仕事を与えてもらえなかったりするのは非常に辛いことです。

そこで、いくつか対処法を紹介しましょう。

なぜそうなっているか原因を知ろう

まずは、なぜ仕事を教えて貰えないのか、なぜ仕事を与えてもらえないのかの原因を考えてみましょう。

先輩が忙しすぎるから?嫌われているから?勘違いされているから?

原因を見つけるのはそう難しいことではないはずです。

中には自分の力で簡単に解決できる場合も多々あるはずです。

特定の人に期待しない

仕事を教えて貰おうとする時、教育の担当となっている人だけに期待するのではなく、同じ職場の色々な人を頼ってみましょう。

もちろんあくまで担当となっている先輩のことは立てなければなりませんが、必ずしもその人だけに頼る必要はないのです。

無駄な残業はしない

残業代を稼ぎたいから、周りが残業しているからといって、仕事がないのに仕事があるふりをして無駄に残業するのは止めましょう。

そうすると、周りも仕事がないことに気づくことができません。

先輩が仕事を教えてくれなかったり、与えてくれなかったりしても、一人だけ毎日定時で帰っていればその問題に上司なりが気づいてくれるはずです。

受け身で待たない

仕事で何かわからないことがあったり仕事を与えてもらえなかったりする場合、受け身で待つのではなく、自分から積極的に尋ねるようにしましょう。

忙しそうにしているとどうしても聞きにくいのですが、人によっては聞かれた時だけ答えるという人もいるのです。

わからないのではないか、暇なんではないかと、気を使ってくれる人だけではないのです。

わからないことを絞る

質問する時は、できるだけ何がわからないのか絞った上で聞くようにしましょう。

あれもこれもわからない、全部わからないなんて言ってしまうと、教える側の人も何から教えていいかもわからず、時間もかかってしまいますし、何より面倒に感じます。

自分で調べることができることは自分で調べ、要点を絞ることが大切です。

あからさまな嫌がらせの場合は転職も考える

会社側も雇いたいから雇ったはずなのに、新しい人材に対して職場全体に嫌がらせされてしまうことも少なからずあります。

会社にとってはデメリットしかないに関わらず、会社側の人間であるはずの上司もそういう態度をとってくる場合もあります。

なんとか良くしようと試みることも大切ですが、それだけではどうしようもない場合はあるのです。

そういった場合には転職することも考えた方が良い場合もありますね。

そのまま働き続けることが大きなストレスとなりますし、成長という観点でみると無駄な時間を過ごしてしまうことにもなりますから。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:うざい上司の特徴や対処法、もう辞めたい、転職したいと思ったら要チェック

関連:上司が嫌いで仕方ない、もう辞めたいと思った時の対処法

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

スポンサーリンク



このページの先頭へ