大手企業の契約社員は中小の正社員よりもまし?大企業だと安心すると痛い目見るかも

大手企業の契約社員は中小の正社員よりもまし?大企業だと安心すると痛い目見るかも

大手企業の正社員は、倍率も高くそう簡単には転職できません。

ただ、契約社員であればそこまで転職のハードルは高くなく、誰もが聞いたことあるような超大企業で転職する可能性はあります。

ただ、そうはいってもやはり契約社員。メリットもありますが当然メリットもあります。

そこで、今回は大手企業の契約社員と中小企業の正社員を比較してみます。

関連:派遣社員は3年、契約社員は5年、その後はどうなる?

関連:正社員になれない理由とは?派遣社員、契約社員から抜け出す為に大切なこと

大手企業の契約社員と中小企業の正社員、どっちがいい?

最初は正社員として働きたいと思っていたが、転職活動を進めていると下手な中小企業よりも大手企業の契約社員の方が条件面では良く、どちらがいいか悩んでしまったという場合があります。

大手企業ということに魅力はあるけれど契約社員、正社員というのは魅力はあるけれど中小企業。

どちらにも一長一短あり、中々選ぶことが難しいかもしれません。

果たしてどちらがいいのでしょうか。それぞれのメリット、デメリットを考えてみましょう。

大手企業に契約社員として勤めるメリット、デメリット

では、まずは大手企業で契約社員として働くことのメリットを紹介します。

給料が比較的高め

契約社員であっても、給与水準が割と高く、下手な中小企業よりも年収が高いなんてこともあるのはかなりのメリットと言えます。

ボーナスが貰える場合も多々あり、中には契約社員であっても年間4か月以上のボーナスをもらうことができる場合があります。

福利厚生が充実

契約社員と言っても、直接雇用されている社員であwることには変わりない為、準備されている福利厚生のほとんどを正社員と同様に使うことができる可能性が高いです。

住宅手当が貰えたり、施設を格安で使えたり、団体保険に加入できたりと、中小企業ではなかなかない福利厚生の恩恵にさずかることができるかもしれません。

休みがしっかりしている

休日数に関しては企業による格差がかなり大きい部分ではありますが、

傾向としては、大手企業は、中小企業に比べると休日の数は多くなっており、また有給休暇も取りやすい傾向があります。

正社員であろうと契約社員であろうとその部分に代わりはなく、しっかり休むことができるというのは大きな魅力であると言えるでしょう。

仕事の内容、やり方がはっきりしている

大手企業の場合、契約社員に任せる仕事の内容、そしてその仕事のやり方やシステムが明確になっていることが多く、

仕事をする側の立場からすると、非常に仕事をやりやすい環境であると言えます。

5年が限度

ここからはデメリットの部分になります。

契約社員の場合、働くことができる限度は5年です。労働規契約法上、有期雇用者を5年以上雇用した場合、労働者が希望すれば無期雇用にしなければならないとされています。

その為、ほとんどの場合は5年以内で契約更新を辞めてしまいます。

せっかく仕事い慣れても、また新しい仕事を探さなくてはならなくなります。

出世、昇格がない

5年以内に退職することがほとんどですから、当然出世や昇格hありません。

昇給は多少はあるかもしれませんが、かなりわずかです。

働き出した時点では中小企業の正社員より給料が高くても、数年後には逆転されている場合も多々あります。

例えば25歳で給料が25万円だとしましょう。30歳になっても25万円で変わりませんし、再度契約社員の仕事を探してしたとしても、必ずしも増えるわけではありません。

一方、正社員であれば25歳の時点では22万円だとしても、30歳の時点では28万円、さらにそこから5年たって35歳になるとさらに給料がアップし35万円となる可能性があります。

最初は契約社員のほうが高くてもすぐに逆転され、それ以降はどんどん格差が開いてくる可能性が高いのです。

周りの社員との格差が大きい

大手企業の場合、周りの正社員との給料の格差がかなり大きいこともデメリットになるでしょう。

契約社員としては給料が高くても、周囲の正社員から比べるとかなり差がでてしまいます。

そんな中、正社員の賃金に合わせた飲み会に強制参加されたりして、不必要な出費が多くなっているという話もたまに聞きます。

中小企業に正社員として勤めるメリット、デメリット

では次に中小企業の正社員として働くメリット、デメリットを紹介します。

無期雇用

まず一つ目が無期雇用であるということ。

何年働いたからといって、大きな問題がなければ働き続けることができます。

そして、普通の会社であれば出世や昇格に伴い、年々給料はアップしていきます。

優良中小企業もたくさんある

中小企業の中にも、いわゆる優良と言われる、それなりに高い優良、しっかりとした休み、健全な経営、労働基準法を遵守した働き方を実現している会社は少なくありません。

大企業と中小企業という枠で平均的に考えれば、もちろん大企業の方が良いのですか、それぞれの企業として考えた時には大企業に勝る中小企業もあるのです。

キャリアアップしやすい

契約社員として働いているよりは、中小企業であっても正社員として働いていた経験のほうが転職活動時では評価される傾向があります。

5年契約社員として働いていた人と、5年中小企業の正社員で働いていた場合だと、さらにキャリアアップしようとした時には校舎のほうが有利になります。

福利厚生面があまり良くない

ここからは、デメリットについて紹介しましょう。

福利厚生面は、大企業ほど充実はしていなく、大手企業に契約社員として働いている人よりも恵まれてがいないことがほとんどです。

仕事のシステムが曖昧

中小企業では、大企業ほど仕事のやり方や会社のシステムが整っていません。

もしもこれまで大企業として働いてきた人が中小企業に転職した際には、非常い仕事がやりにくいと感じてしまうかもしれません。

倒産する可能性は大企業よりも多い

中小企業に働くことのの大きな心配は会社の安定性です。

大企業に比べると、どうしても倒産する可能性は増えます。

契約社員は5年しか働けないからと、正社員になってみても入社5年も待たずに会社が倒産したり、経営悪化によってリストラされたら大手の契約社員のほうが良かったなんていう風に感じてしまうかもしれません。

大企業であれば正社員登用される可能性は低いので要注意

ここで、一つ絶対に勘違いしてはいけないことを紹介しておきます。

それは、大企業の契約社員の正社員登用に関することです。

大企業の場合、たいてい「正社員登用制度あり」、「正社員登用の実績アリ」なんていうことを乗せています。

もしも大手企業で正社員登用されるたら非常にありがたいですよね。ただその可能性はかなり低くなっています。

まず、正社員登用の制度があってもそもそも使ったことがない企業も多いですし、実績があったとしてもそれは数年に一回あるかないか、確率で考えると1%にも満たないこともあります。

もし本格的に正社員を目指すならば契約社員を経由することはあまり得策とは言えません。

大手企業の正社員になれるかもしれないからと働いたところで、何事も起きずに退職となってしまい、年齢だけが高くなってしまったということがあり得るのです。

メリット、デメリットを把握して転職先を決めよう

ここまで、それぞれの働き方のメリット、デメリットについて紹介してきました。あとはどちらで働くかはあなた次第。自分が良いと思うほうで働きましょう。

どちらで働くか決めたにしろ、悩んでいるにしろ、求人は転職サイトや転職エージェントを使って上手く探していきましょう。

また、求人を探すだけではなく転職を上手く進め手間を省く為にも役立ちます。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントの大手では他にもマイナビエージェントが有名です。他の大手同様、非公開求人数は豊富で実績も豊富ですので、併せて使ってみても良いでしょう。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

関連:大企業と中小企業の定義や平均年収、企業数の違い



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ