大手企業、一流企業でもブラック企業はあるので要注意。知名度で安心するのは絶対ダメ

大手企業、一流企業でもブラック企業はあるので要注意。知名度で安心するのは絶対ダメ

中小企業よりも大手企業、一流企業に入社したいと考えている人は多いかと思います。

給料が高く福利厚生も充実していて働きやすいというイメージがありますからそれは当然のことでしょう。

しかし大手企業だからといって全ての企業が働きやすいかというと、決してそんなことはありません。

中にはまさにブラック企業だというような企業もまぎれこんでおり、単に大手企業だからと入社を決めてしまうと後悔することになるかもしれません。

関連:大企業、一流企業に転職するには?求人の探し方や転職を成功させる方法

関連:大企業でも辞めたいと思う人は多い!大企業への転職を失敗と感じる人の主な理由。

大手企業、一流企業でも安心はできない

大手企業が様々な部分で恵まれているというのは確かです。

平均年収で見ると、従業員数10人未満の会社が337万円であるのに対して5000人以上の会社だと503万円。

年間休日数で見ると、従業員数100人未満の会社が108.0日であるのに対して1000人以上の会社だと118.3日。

有給休暇取得日数で見ると、従業員数100人未満の会社が108.0日であるのに対して1000人以上の会社だと118.3日。

その他にも福利厚生は大手企業の方が充実しているし、安定度、世間体といった部分も優れているでしょう。

このように収入、働きやすさという観点で見れば中小企業に比べて大手企業が勝っているのは確かです。

ただこれはあくまで平均的な傾向の話。

全ての大手企業が働きやすいような環境であるわけではなく、残念ながらブラック企業と言わざるを得ない企業も少なからずあるのです。

サービス残業、サービス休日出勤が多々行われている、限界を超えた長時間労働を強いられる、上司からのパワハラが蔓延している、そんな会社が残念ながら存在しているのです。

いくら安定していて福利厚生が良くても、環境がひどすぎて長く働くことができないような会社ならば大手企業で入る意味は何もありません。

ブラック大手企業に転職しないように最低限やるべきこと

いくら大手企業と言えどもブラック企業で働くことはマイナスなことばかりですから、なんとしてでも避けなくてなりません。

ではどうすれば転職時にブラックな大手企業を避けることができるのでしょうか。

知名度で応募企業を決めない

転職活動時には、その企業を知っているかどうかによって応募するかどうかを決めてしまうことが少なくありません。

ただ知名度は企業選びをする際にはっきり言って意味がないものです。

BtoBの知名度の低い企業にはたくさん優良企業がありますし、中小企業にもホワイト企業がたくさんあります。

知名度に目がくらんでそういった企業に目が行かずにブラック企業を選んでしまうなんてことは絶対にないようにしなくてはなりません。

誰だってブラックな大手企業で働くくらいならば、ホワイトな中堅企業、中小企業で働いた方がましなはずですから。

厚生労働省の情報をチェック

厚生労働省労働基準局監督課の「労働基準関係法令違反に関わる公表事案」では、直近1年程度で法律に違反した企業とその内容について公表されいますのでチェックしてみましょう。

もちろん掲載されているからと言って、必ずしもブラック企業であるというわけではありません。

特に大手企業の場合だと会社としては十分に注意し法律遵守をしようとしていても、思わぬことで違反しまうこともあります。

ただそうなってしまっても再発しないように対策を打って、働きやすい環境を整えてくれる企業も決して少なくありません。

とは言え、過去にどういった違反をしているのかは参考になりますから確認しておきましょう。

離職率、勤続年数等をチェック

大手企業であれば四季報等で離職率や勤続年数、有給消化平均日数、平均年齢、組合の有無などを確認することができます。

離職率はもちろんですが、勤続年数から長続きすることができそうな会社なのか、有給休暇の日数から働きやすい会社なのかなどを読み取ることが可能です。

また有価証券報告書データ等を見れば非正規社員の割合などもわかる為、確認してみると良いでしょう。

インターネットで情報収集

大手企業のメリットは従業員が多い分、内部事情等がインターネット上で検索するこができるという点。

もちろん匿名で誰が書いているかもわからないので、完全に信用することはできないかもしれませんが、あまりに悪評が多いようであれば避けた方が得策かもしれません。

大手企業で働くことができれば幸せなんてことはない

大手で働きたいと思っている人は多いと思いますが、その根幹にあるのは高い給料で整った労働条件で働くことができるからという理由にあると思います。

だからこそ企業選びの際には知名度まかせにするのではなく、視野を広げて探さなくてはなりません。

大手企業で働くことが幸せにつながるというのは、決して正しい考え方ではないのです。

転職活動の際に企業選びするならば転職エージェントを利用することをおすすめします。

自分の希望条件に合った企業を紹介してくれる為、思わぬ良い企業に巡り合えるかもしれませんから。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ