ワンマン社長にうんざりで仕事を辞めたい人の転職のすすめ

ワンマン社長にうんざりで仕事を辞めたい人の転職のすすめ

中小企業やベンチャー企業だと、社長がワンマンになってしまっている会社も少なくはありません。

その社長が経営者として優秀で、かつ人としてもできている人であれば良いのですが、残念ながらそんな人ばかりではありません。

自分勝手で社員のことをあまり考えてくれないワンマン社長も多く、そんな会社で働いていてもう辞めたいと感じている人も多いことでしょう。

関連:ブラック中小企業によくある特徴。大企業に比べると多いのでよく注意。

関連:ワンマン社長の会社は危ない!?特徴や対処法とは。

ワンマン社長の下で働いている場合によくある大変なこと、嫌なこと

ワンマン社長で働いていると、大変なことが本当に多いです。

頑張っても報われることなく仕事に楽しいこともない。ストレスはどんどん溜まっていく一方だという人も少なくはないでしょう。

実際、こんなことで苦労している人は多いのではないでしょうか。

自分が絶対に正しいと思っているので意見が通らない

会社をゼロから立ち上げたという自負から正しいのは常に自分であるという勘違いをしてしまっている為、社長が社員の意見を一切受け付けないというのはよくある話。

無理難題を押し付けられることもあれば、わざわざ無駄なことをしなくてはいけなかったり、時にはあきらかに失敗するということを強いられたり。

もちろんそれに関して責任は負ってくれず、失敗は社員のせいにしてきます。

労基法を無視

経営者という立場と労働者という立場は明確な違いがあるにも関わらず、自分がやってきたからという理由で労働者に対して労基法を無視した行為を強制する人もいますね。

中にはそもそもそれが労基法違反であることすら知らない経営者もいます。

サービス残業を平然と強いたり、社員に対して罰金等を課したり、本来法律で守られているはずのことが守られていない中で苦労している人も少なくはないでしょう。

適切に評価をされない

会社としてしっかりシステムができていればまだましなんですが、ワンマン社長の会社だとそういったシステムができていない場合が多いです。

結果、仕事の成果に見合った適切な評価を得ることができず、単に社長の好き嫌いによって昇給、昇格が決まってしまうなんて場合も多いようです。

万が一社長の意見に反対しようものなら、どれだけ優秀な人であっても評価はがっつり下げられてしまう可能性が大きいですね。

将来的な不安がある

社員の声に耳を傾けずに自分が全て正しいと考えてしまっているような会社でだと、将来的な不安もやっぱり大きいですよね。

もちろん中にはワンマン社長がその力を発揮して会社を順調に大きくしていくことができた会社も中にはあります。

ただ周りが間違っていると気づいているのにその話を聞かずに会社がどんどん悪い方向に進んでしまい、最終的に倒産してしまうパターンも多いです。

特に1代目の社長ではなくその子供が2代目となってワンマン社長と化してしまった場合だと危ないかもしれません。

うんざりしてもう辞めたいと思っているなら

社長がワンマンだからと言って、これまで述べたこと全てがあてはまるわけではありません。

社員のことを大切にし、社員とともに会社を良い方向に成長させていこうと考えてくれている社長もたくさんいます。

また社長との距離が近い分、実力を発揮することができれば若くても重要なポジションにつくことができる可能性は高く、上手くいけば大企業で働いていては不可能な年収を手に入れることができる場合もあります。

ただあなたが勤めている会社の社長がそういう社長ではなく、あなた自身がもううんざりして仕事を辞めたいと感じてしまっているならば、思い切って辞めるべき。

そんな社長の為に自分を人生を消費しないでください。

ワンマン社長ではなく会社としてのシステムが整っている会社はたくさんあります。そういった会社に早めに転職する方が得策です。

今は転職サイト、転職エージェントを利用すると転職活動に関する手間もかなり減らすことができますから、思い切ってチャレンジしてみましょう。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



このページの先頭へ