仕事が面白くないから辞めたいと思ったら転職するのはありかなしか。転職して変わる人、転職して変わらない人の違い。

仕事が面白くないから辞めたいと思ったら転職するのはありかなしか。転職して変わる人、転職して変わらない人の違い。

仕事が面白くない。そんな風に感じていながらも我慢して働いている人は多いと思います。

中には、面白くもないことをし続ける毎日に嫌気がさしてもう仕事を辞めたいと考えている人もいるでしょう。

もしあなたがそうなら、今後どうしていく予定ですか?

我慢して働き続けますか?それとももっと面白い仕事を求めて転職しますか?

関連:公務員の仕事がつまらない、楽しくない。民間企業に転職したほうがやりがいはあるのか。

関連:仕事が楽しい人と、仕事が楽しくない人の違い

仕事が面白くないのは仕方ないこと?

仕事を面白いと感じることができていない人にとって、仕事はお金を貰う為に行っているものであり、面白くないのは仕方がないことであると考えている人もいるかと思います。

面白くないと思う理由は山ほどある

確かに仕事には、面白くないと思う理由が山ほどあります。

  • どんな仕事でも面倒な雑用はある
  • 面倒な人間関係を築いていかなくてならない
  • 上司に言われたことをやらなくてはならない
  • まともに評価をしてもらえない
  • 怒られることはあっても褒められること、感謝されることはほとんどない

ざっと考えただけでもどう頑張っても面白いとは思えないようなことがこれだけありますし、自分でなんとかしようにもどうにもならないことが多いですよね。

もちろん労働の対価としてお金を貰う以上は我慢しなくてはならないこともあります。組織の中で動いていく以上は我慢しなくてはならないこともあります。

それでも面白いと感じている人がいるのも事実

ただ、これだけの面白くない理由があったとしても仕事が面白いと感じることができている人もまたいるのは事実です。

仕事は面白くないものだけどお金の為だから仕方がないと思って働いている人ばかりではありません。

そういった人たちがいる以上は、面白くないのが仕方ないことだと終わらせてしまっていいものではないでしょう。

仕事を面白いと感じている人も全ての不満が全くあるわけではなく、仕事の大半は面白くはないし、やりたくもない仕事をやらなくてはならないこともあるし、我慢していることもたくさんあります。

ただ、それらのことをひっくり返すことができるくらいに、面白いと思える瞬間があるのです。

仕事が面白くない!もう辞めたい!転職するのはあり?

では現在の仕事で仕事が全く面白くいないし、面白いと思える瞬間も全くないとなった時、あなたはどんな行動をとりますか?

転職して仕事を変えるというのは一つの選択肢。ただその選択をすることがありでしょうかなしでしょうか。

我慢するには時間が長すぎる

仕事が面白くないからという理由で転職することに対し、そんなネガティブな理由で転職するのは甘えだ、忍耐力がないという意見もあるのは事実です。

ただ、実際にそのことで悩んでいる人にとってはかなりの苦痛なことです。

多少なら面白くなくたって我慢することができるかもしれません。ただ仕事となると正直我慢するには時間が長すぎます。

1日8時間以上を週5日、そしてそれを数十年。人生の大半を費やす仕事に対して、面白くなくても我慢するべきだというのはかなり酷な話でしょう。

ですから十分に仕事を辞める理由に値すると思います。

仕事が面白くないから転職する人は非常に多い

実際、仕事が面白くないから転職するという人は非常に多くなっています。

厚生労働省の転職者実態調査の概況によれば、仕事を辞めた理由のランキングは以下の通りになっています。

  1. 労働条件(賃金以外)がよくなかった:27.3%
  2. 満足のいく仕事内容でなかったから:26.7%
  3. 賃金が低かったから:25.1%
  4. 会社の将来に不安を感じたから:24.2%
  5. 人間関係がうまくいかなかったから:17.7%
  6. 正当に評価されないから:15.9%

                  (3つまで複数回答)

仕事内容に関することで仕事を辞める人は第二位にランクインしており、約4人に1人となっています。

転職後の満足度

仕事が面白くない人にとって、転職してなんとかなるのかというのは気になるところ。どうせ変わらないのではと考えてしまっている人も少なくはないと思います。

ただ転職後の仕事の満足度というのは意外に高いものがあり、転職にはそれ相応の価値があるものだということがわかります。

厚生労働省の転職者実態調査の概況によれば、転職後の仕事で仕事内容に満足している人の割合は以下のとおりとなっています。

  • 満足:29.4%
  • やや満足:40.0%
  • どちらでもない:21.6%
  • やや不満:6.1%
  • 不満:2.1%

満足、やや満足を合わせるとおよそ7割。不満という人は1割にも満たず大きく満足が上回っていることがわかります。

仕事の内容、そして面白さというのは転職によって変えやすい部分、そして自分でもコントロールが効く部分。

転職して変わる人、転職して変わらない人の違いは?

上述したように、仕事が面白いものにできるかというのは転職によって十分に解決できる問題であると言えるでしょう。

ただ、人によっては転職したところで結局何も変わらず毎日毎日面白くないと感じている人がいるのも事実。そういった人たちはどういった問題点があるのでしょうか。

仕事が面白くない原因を全て環境のせいにしている

仕事が面白いものにできるか、それとも仕事が面白くないものになってしまうかは、もちろん環境に影響している部分が大きいです。

ただ原因はそれだけではありません。仕事をしている本人にも多かれ少なかれ原因はある場合が多く、転職する前に自分の反省点についても考えてみる必要があります。

仕事選び、仕事に対する向き合い方など、一度自分のことを振り返ってみてください。

自主的に行動してみる努力をしていない

仕事は与えられるものだと決めつけ、仕事をやらされる毎日を送っていれば仕事が面白くないのは当然。

少なくとも、自分なりに仕事を面白いものにしようと、自分が面白いと思える仕事を行おうとする努力は必要です。

もちろん仕事によってはそれが許されずに、何の自由もなく働かざるを得ない場合もありますが、もしそういう環境があるにも関わらず、自ら何もしないような状態で面白くないと決めつけるのは早すぎる決断です。

先入観で決めつけすぎている

最初から面白くないと決めつけていては、仕事が面白くないのも仕方がないことです。

転職したところでどうせ面白くないだろうと思っていれば、当然仕事を面白いものなんて感じることはできずに、結局仕事が苦痛以外の何ものでもなくなります。

確かに仕事というのは面白くないことが多いですが、そんな中でも面白いものはあるはずだという前向きな気持ちを持つことも大切です。

まだ成功体験をしていない

仕事が面白いと感じることができる一番のタイミングは、何か成功を体験してみることです。

苦労して準備したプロジェクトが問題なく終わった、先輩と一緒にしていた仕事が一人でできるようになったなどの成功体験は、普段の仕事が面白くない、辛いという気持ちを覆してくれる可能性があります。

まだ何もしていないうちから、面白くないと決めつけるのは少し早すぎるかもしれません。

何が面白くないのか、どうありたいのかをわかっている

自分にとって今の仕事の何が面白くないのか、そして転職したらどうありたいのかというのは転職前にしっかり明確しておく必要があります。

なんとなく面白くないから仕事を変えたい。これでは転職したところで何も変わらないのも仕方がないこと。

結局他のことを重視してしまう

転職活動を始めると、当初転職したいと思っていた転職の理由がブレていってしまうという人も少なくありません。

仕事が面白くないから転職しようとしたはずなのに給料が上がりそうな求人を見つけてそちらに飛びついてしまうなんてことになってしまうこともあるのです。

もちろん当初考えていたよりもよい条件があったならそちらも考えてみるのは良いですが、自分が大事にしたいものを忘れないようにするというのも大切です。

転職すれば仕事は面白くなる可能性が十分にある

転職に向けてやるべきことをやっていけば、これまで面白くないと考えていた仕事も面白いものに変えてけることは十分に可能なことです。

ただ安易に考えていれば失敗する可能性は大きくなってしまいます。

転職活動を始めながらでもいいので、仕事について、自分についてよく考えるようにしてみましょう。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じた時には何をすべきか

関連:仕事に適性は必要?適性がない仕事にはつくべきではないのか



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ