会社で上司に怒られやすい人の性格や特徴

会社で上司に怒られやすい人の性格や特徴

会社でいつも上司から怒られている人はいませんか?

もしかしたら自分がそうだなんて人もいるかもしれません。

人ですから、色々な性格、色々な特徴を持った人がいて、怒りっぽい人もいれば、怒られやすい人もいます。

そこで、今回は会社で上司に怒られやすい人の性格や特徴を紹介します。

関連:仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

関連:ブラック上司の実態、会社がホワイトでも上司がブラックだと意味なし

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

怒られるのはミスしたからだけではない

仕事をしていて、ミスをしてしまって上司に怒られたという経験は多くの人が持っているかと思います。

まあ誰にだってミスはあるし、上司の立場からしても怒らなくてはいけない時もあります。

ただ、ミスをした時に怒られる人と怒られない人っていますよね。

割りと大きなミスをしたのに、上司からそれほど怒られない人もいれば、小さなミスなのに上司から厳しく怒られる人もいます。

怒られる人にとってみては「理不尽だ!」なんて思うかもしれませんが、上司も人ですから、どうしても人によって差がついてしまいます。

ですから、もしあなたが怒られたくはないと考えるならば、できるだけミスしないようにするのと同時に、怒られにくい人間になることが必要となります。

会社で上司から怒られやすい人の性格や特徴

では、具体的にどういった人が会社で上司に怒られやすいのでしょうか。

その性格や特徴を紹介します。

おどおどしている

普段から自信がなさそうで、おどおどしている人というのは怒られやすい傾向にあります。

堂々としている人よりも、おどおどしている人のほうが、抵抗される心配もありませんから、上司にとっては非常に怒りやすそうだと判断されています。

また、ミスをしておどおどしてしまうと、相手に余計に不安を与えることにもなってしまいます。

真面目すぎる

真面目すぎる性格の人もまた、怒られやすい傾向があります。

真面目すぎる人は、ミスをして怒った時に反抗しなさそうです。

また、小さいミスでも自分自身が過剰に重たく受けすぎて、上司にまでそれが波及してしまうなんてこともあります。

声が小さい

普段から声が大きい人もいれば、声が小さい人もいるかと思いますが、声が小さい人の方が怒られやすい傾向にあります。

声が小さい人というのは、相手に気が弱そうというイメージを与えます。

気が弱いと思われると、怒られるターゲットになりやすいです。

言い訳する

ミスをした時に、誰だって怒られたくない、上司の怒りをできるだけ少なくしたいと思うのは当然のこと。

その結果、言い訳してしまうという人もいるでしょう。

しかし、単なる言い訳は、相手の怒りを増幅させるだけです。

周囲から見れば「素直に謝ればいいのに」という風に思うけど、その場にたつとついつい言い訳してしまっている人が多いです。

挽回案を考えていない

ミスをして上司に報告する時、「ミスをしました」ということだけ報告してしまうのはどうぞ怒って下さいと言っているようなもの。

ミスしたこと自体も責められますし、どう挽回するんだってことも責められます。

一方で怒られにくい人は、ミスした時にそのミスを挽回する案を持っていきます。

ミスをしたことを反省しつつも、挽回できることを示せば、上司の不安は軽減されますから、怒りにくくなります。

それどころか、ミス自体がなかったことになったり、挽回したことを高く評価され、ミスしなかった場合よりも高評価をつけられるなんてこともあります。

原因を考えていない

挽回案と同時に、ミスした原因についても考えているといでしょう。

ミスした理由は何かと問われた時に、すっと答えることができるかできないかは、怒られるか怒られないかに大きく影響します。

上司にとっても、自分で原因をしっかりわかっている人は同じミスを繰り返さないだろうと思いそこまで怒らなくても良いと考えますが、

自分で原因がわかっていない人、考えようとしない人は怒らなずにはいられません。

正直すぎる

ミスを報告する時には、基本的に正直に言わなくてはならないと思っていませんか。

確かに正直に伝えるのは大切なことですが、何もかも、全てを正直に話すことはむしろ逆効果になることもあります。

怒られにくい人は、全てを正直に話すのではなく、必要ないこと、影響ないことをあえて言わなかったりします。

怒られてからの仕事が早い

もし、怒られると極端に仕事が早くなったり、ミスがなくなるといった特徴を持っていると、その人は怒られやすくなります。

怒りっぽい上司もいますが、できることなら怒りたくないという上司もいます。

ただ、上司がどんな性格であっても、怒ったら効果がでる人間に対しては怒ります。

最初に自分から報告しない

ミスに気付いた時、できることなら上司に言いたくないし、ばれないままで済むならそうあって欲しいですよね。

実際、運よく上司もミスに気付かないまま、大きな影響もでずに終わることも多々あります。

しかし、そんな運が良いことは続きません。

当然上司にばれてしまうこと、大きな問題を起こしてしまうこともあります。

そして、最後まで隠して自分から報告していないと、上司が気づいた時に大きな怒りを買うことになってしまいます。

報告するタイミングが悪い

怒られやすい人の特徴として、上司に報告する時のタイミングが下手ということがあげられます。

上司は上司の仕事があり、忙しいことも多いです。

また、上司も人ですから、機嫌が良い時もあれば、期限が悪い時もあります。

理想としては、ミスに気付いた時にすぐ報告するべきですが、実際にそれをやってしまうと必要以上に怒らてしまいます。

ただ、報告のタイミングは上司の都合ばかりで決めるわけではありません。

ミスによる影響なども考慮した上で報告のタイミングを見極めなければいけません。

報告の仕方が下手

怒られるか怒られないかは、報告の仕方によっても大きく変わります。

言うべきこと、言わなくても良いことを見極め、原因と挽回案を適切に説明しなくてはなりません。

ただでさえミスしているのに、長々とまとまりのない話をしてしまうと、上司を余計怒らせてしまうことになります。

仕事以外の付き合いがない

上司と仕事以外で付き合いがあるかというのは非常に大切なことです。

仕事以外の付き合いとは言っても、個人的に遊びにいったりまではする必要はなく、飲み会に参加して上司と雑談をしたりといったことで良いんです。

そういった仕事以外でも仲良くなっていると、怒られにくくなります。

誰だって仲良い人、好きな人に対しては起こりにくいし、仲良くない人、嫌いな人には怒ることに抵抗がなくなります。

怒られにくい人間になると働きやすくなる

上司に怒られることが好きだなんて人はそういないはず。

多くの人は、怒られることでストレスが積み重なっていってしまいます。

中にはそれが原因でうつ病になってしまう人もいます。

また、頻繁に怒られると周囲は仕事のできない人間という認識を持ってしまい、会社にいること自体が苦痛でたまらなくなります。

だからこそ、怒られにくい人間になることは非常に大切なことなのです。

ただ、すでに怒られやすくなっていると、中々すぐには覆すことも難しいですね。

ある程度の時間がかかることは覚悟しておいたほうがいいです。

そんな時、転職を考える人もいるかもしれませんし、それはそれでいいでしょう。

とは言え、転職したところで性格や特徴が変わらなければ、また同じことの繰り返しになってしまいますから、自分も変えなくていけません。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:厳しい上司にあたってしまったら、上司が何の為にしているか考えてみる

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ