仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

仕事をしていると、上司や先輩、顧客などから怒られることがよくありますよね。

ただ怒られるということは、ほとんどの人にとって決して喜ばしい感情ではありません。

だからこそひどく怒られてしまうことが続き、人に怒られるのが怖いと感じてしまうようになり、会社に行きたくなくなったり、仕事を辞めたいと感じてしまうこともよくあるのではないでしょうか。

今回は、人に怒られるのが怖い、怒られたくないと思った時の対処法を紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

スポンサーリンク

怒られることによるストレス、ほうっておくと危険

怒られることが怖い、怒られたくないと感じる人ほど、怒られた時には強いストレスを感じてしまいます。

それだけではなく、怒られていない時でさえ普段からビクビクしてしまったり、誰にだってあるようなちょっとしたミスをした時にも「どうしよう」とおびえてしまうことになります。

そして、常日頃から、強いストレスを浴びてしまうという状況に陥るのです。

強いストレスは、あなたの心、身体を徐々に蝕んでいきます。私の周囲でも、よく怒られている人でうつ病にかかってしまった人もいます。

人に怒られるのが怖いと感じているものの、ただじっと耐えていると、あなたの心や身体も蝕まれてしまうかもしれません。

その状態は決してほうっておいていいものではありません。

今回は対処法を紹介して行きますが、場合によってはできるだけ早く転職してその場から逃げることが必要だということは忘れないでください。

参考:初めての転職を成功する為にやるべきことや注意点

スポンサーリンク

人に怒られるのが怖いと感じた時、どう対処すべきか

人に怒られるのが怖い、怒られたくないと感じた時、対処法は2つあります。

まず一つ目ができるだけ怒られないように仕事をする。

もう一つが怒らることを怖いと感じないようにする。

それぞれについて紹介していきましょう。

怒られないようにするには?

人に怒られるのが怖いと感じたならば、できるだけ怒られないようにすることが対策の一つとしてあげられます。

あなたの周囲でも、よく怒られる人と全然怒られない人がいるのではないでしょうか。

仕事で同じようなミスをしたとしても、人によって怒られる具合も異なったり、全く怒られない人もいます。

もしあなたが、「自分ばかり怒られる」と感じてしまうのなら、怒られない人との違いをよく考えて見てください。

私の周囲でよく怒られる人には以下のような傾向があります。

  • 期限、約束を守らない
  • すぐに反論する
  • 同じミスを繰り返す
  • 人のせいにする
  • ギリギリまで報告しない
  • 根拠のない自信がある

怒られない人になる為には、上記のことをしてはいけないということです。

期限、約束を守る

自分で宣言した期限や、約束事を守らないということは、ほとんどの人に苛立ちを与えてしまいます。

守らないということは、その後に控えている仕事に影響を及ぼしたり、あなただけではなく、上司や、会社自体の信頼までも失うこともなりかねません。

期限や約束事を守るということは、仕事上で最も必要なことです。

すぐに反論せず、最後まで話を聞く

自分では間違っていないという思いが強いと、ついつい反論したくはなりますよね。

しかし、怒る側の人間としては、反論されるとさらに腹がたつものです。

基本的には反論せずにぐっとこらえて話を聞きわかったような態度をしておくのが無難。

ただどうしても反論したくなる時もあるかもしれません。反論をすべき時はしてもいいですが、少なくとも最後まで話は聞くようにしてください。

話を途中でさえぎってはいけません。

ミスは繰り返さない

同じようなミスを繰り返せば、繰り返す度に強く怒られるようになってしまいます。

ミスをした時にはしっかり反省し、自分の中で消化し繰り返さないようにしましょう。

繰り返せば繰り返すほどに信頼は低下し、関係ないことでも怒られやすくなるので注意です。

人のせいにせず、自分の悪かった点を考える

自分のミスを認めずに人のせいにされると、余計腹がたちます。

もちろん、他の人の影響によってミスしてしまったということもあるかもしれません。

しかし、そんな時でも自分の何が悪かったかを考えることが大切です。

ミスした時にはすぐ報告

ミスをしても怒られたくないと思うあまり、報告することを引き伸ばしてはいけません。

本当であれば怒られなかったはずのものですら、怒られるようになってしまいます。

時間がたてばたつほど、ミスは取り返せなくなります。

バッド イズ ファーストをこころがけてください。

隠せば隠すほど、状況は悪化してしまいます。

謙虚な心をもつ

やたらと自信がある人がいませんか?もちろん、自信をもつことは大事です。

しかし、自信には経験と根拠が必要です。

根拠のない自信ほど、腹が立つし、仕事を進める上でも危険です。

謙虚な心を持つことが大事です。

人に怒られるのが怖いと感じないようにするには

怒られないようにするとは言っても、仕事では怒られる時も来てしまいます。

完璧にできれば怒られることをゼロにできるかもしれませんが、なかなか完璧にはできません。

怒られることを怖いと感じないようにすることも必要です。

怒られている時、自分は成長していると考える

怒られるという行為は、ネガティブに考えがちです。

しかし、怒られているということは、自分がだめであった点が明確になっているということです。

自分のだめな点を知ることができるということは、あなたにとって非常にメリットのある点です。

怒る側の立場にまわる

人に怒られるのが怖いと感じている人ほど、自分自身は部下や後輩に対して怒らない人が多いです。

そうではなく、怒ってみてください。

もちろん感情的にぶつけるのはだめですが。

なぜ、怒るのか。怒るとはどういうことなのかを怒る側の立場にたち理解してみてください。

怒られたからといって評価が下がるわけではない

ついつい考えがちなのが、怒られると評価が下がってしまうと思ってしまうこと。

しかし、まともな会社、上司であれば一度や怒られたところで、評価なんて下がらないし、出世に影響することはありません。

むしろ、それをバネにして、次の回に修正することで印象はよくなります

怒られることは恥ではない

怒られることが怖いと思う人の中には怒られることが恥だと思う人がいます。

しかし、怒られることは恥でもなんでもありません。

なぜなら、たいていの人は怒られた経験があるのですから。

あなたを怒っている人だって、怒られているのです。

完璧主義者にはならず、怒られることは当然であるということを知りましょう。

スポンサーリンク

怒られることが大きなストレスになっている場合は

上記で述べた対策は、まだ心の余裕がある人だけに限ります。

もし現時点で大きなストレスを感じており、すぐにそこから脱出できそうもないのであれば、転職して一旦リセットすることも考えてください。

中には理不尽に怒る上司もいます。どうしようもない場合もあるのが現実なのです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。



このページの先頭へ