仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

仕事をしていると、上司や先輩、顧客などから怒られることがよくあります。

怒られるということは、ほとんどの人にとって決して喜ばしい感情ではありません。

誰だって怒られたくはありません。

それでも、怒られてしまい、いずれ人に怒られるのが怖いと感じてしまい、会社に行きたくなくなったり、仕事を辞めたいと感じてしまうこともよくあるのではないでしょうか。

今回は、人に怒られるのが怖い、怒られたくないと思った時の対処法を紹介します。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:営業職を辞めたい、ノルマ、飛び込み営業が辛いと感じた時の対処法

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

スポンサーリンク

怒られることによるストレス、ほうっておくと危険

怒られることが怖い、怒られたくないと感じる人ほど、

怒られた時には強いストレスを感じてしまいます。

それだけではなく、怒られていない時でさえ、普段からビクビクしてしまったり、

誰にだってあるようなちょっとしたミスをした時にも「どうしよう」とおびえてしまいます。

そして、常日頃から、強いストレスを浴びてしまうという状況に陥るのです。

強いストレスは、あなたの心、身体を徐々に蝕んでいきます。

私の周囲でも、よく怒られている人で、うつ病にかかってしまった人もいます。

人に怒られるのが怖いと感じているものの、ただじっと耐えていると、あなたの心や身体も蝕まれてしまうかもしれません。

その状態は決してほうっておいていいものではありません。

上手く対処していくなり、場合によっては異動や転職することだって必要なことなのです。

スポンサーリンク

人に怒られるのが怖いと感じた時、どう対処すべきか

人に怒られるのが怖い、怒られたくないと感じた時、対処法は2つあります。

まず一つ目ができるだけ怒られないように仕事をする。

もう一つが怒らることを怖いと感じないようにする。

それぞれについて紹介していきましょう。

怒られないようにするには?

人に怒られるのが怖いと感じたならば、できるだけ怒られないようにすることが、対策の一つとしてあげられます。

あなたの周囲でも、よく怒られる人と全然怒られない人がいるかと思います。

仕事で同じようなミスをしたとしても、人によって怒られる具合も異なったり、全く怒られない人もいます。

もし、あなたが、「自分ばかり怒られる」と感じてしまうのなら、怒られない人との違いをよく考えてみてください。

私の周囲でよく怒られる人には以下のような傾向があります。

  • 期限、約束を守らない
  • すぐに反論する
  • 同じミスを繰り返す
  • 人のせいにする
  • ギリギリまで報告しない
  • 根拠のない自信がある

怒られない人になる為には、上記のことをしてはいけないということです。

期限、約束を守る

自分で、宣言した期限や、約束事を守らないということは、ほとんどの人に苛立ちをもたらします。

守らないということは、その後に控えている仕事に影響を及ぼしたり、あなただけではなく、上司や、会社自体の信頼までも失うこともなりかねません。

期限や約束事を守るということは、仕事上で最も必要なことです。

すぐに反論せず、最後まで話を聞く

自分では間違っていないという思いが強いと、ついつい反論したくはなります。

しかし、怒る側の人間としては、反論されるとさらに腹がたちます。

その結果、余計怒りたくなります。

もちろん、反論をすべき時はしてもいいですが、

少なくとも最後まで話は聞きましょう。

話を途中でさえぎってはいけません。

ミスは繰り返さない

同じようなミスを繰り返せば、繰り返す度に強く怒られるようになってしまいます。

ミスをした時にはしっかり反省し、自分のなかで消化し、繰り返さないようにしましょう。

人のせいにせず、自分の悪かった点を考える

自分のミスを認めずに人のせいにされると、余計腹がたちます。

もちろん、他の人の影響によってミスしてしまったということもあるかもしれません。

しかし、そんな時でも自分の何が悪かったかを考えることが大切です。

ミスした時にはすぐ報告

ミスをしても怒られたくないと思うあまり、報告することを引き伸ばしてはいけません。

本当であれば怒られなかったはずのものですら、怒られるようになってしまいます。

時間がたてばたつほど、ミスは取り返せなくなります。

バッド イズ ファーストをこころがけてください。

隠せば隠すほど、状況は悪化してしまいます。

謙虚な心をもつ

やたらと自信がある人がいませんか?

もちろん、自信をもつことは大事です。

しかし、自信には経験と根拠が必要です。

根拠のない自信ほど、腹が立つし、仕事を進める上でも危険です。

謙虚な心を持つことが大事です。

人に怒られるのが怖いと感じないようにするには

怒られないようにするとは言っても、仕事では怒られる時も来てしまいます。

完璧にできれば怒られることをゼロにできるかもしれませんが、なかなか完璧にはできません。

怒られることを怖いと感じないようにすることも必要です。

怒られている時、自分は成長している

怒られるという行為は、ネガティブに考えがちです。

しかし、怒られているということは、自分がだめであった点が明確になっているということです。

自分のだめな点を知ることができるということは、あなたにとって非常にメリットのある点です。

怒る側の立場にまわる

人に怒られるのが怖いと感じている人ほど、自分自身は部下や後輩に対して怒らない人が多いです。

そうではなく、怒ってみてください。

もちろん感情的にぶつけるのはだめですが。

なぜ、怒るのか。怒るとはどういうことなのかを怒る側の立場にたち理解してみてください。

怒られたからといって評価が下がるわけではない

ついつい考えがちなのが、怒られると評価が下がってしまうと思ってしまうこと。

しかし、まともな会社、上司であれば一度や怒られたところで、評価なんて下がらないし、出世に影響することはありません。

むしろ、それをバネにして、次の回に修正することで印象はよくなります

怒られることは恥ではない

怒られることが怖いと思う人の中には怒られることが恥だと思う人がいます。

しかし、怒られることは恥でもなんでもありません。

なぜなら、たいていの人は怒られた経験があるのですから。

あなたを怒っている人だって、怒られているのです。

完璧主義者にはならず、怒られることは当然であるということを知りましょう。

スポンサーリンク

怒られることを我慢し続けてはいけない

人に怒られたからといって、強いストレスを感じ、心や体を壊しては、元も子もありません。

あなたの為にも怒られない工夫、怖いと思わない工夫を実践していくことは必要です。

ただ、中には理不尽に怒る上司もいます。どうしようもない場合もあるのが現実です。もしそういった状況に陥っていているのであれば、体を壊す前に辞めることも考えておきましょう

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:嫌われる人の特徴や性格。当てはまっていませんか?

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ