OJT研修は最高の教育にも最低の教育にもなる

OJT研修は最高の教育にも最低の教

最近、新入社員の研修として用いられているのがOJT研修。

ほとんどの会社で実施されていますが、この研修は、最高の教育にも、最低の教育にもなりうるのです。

関連:部下や後輩を指導する時に忘れがちな、人それぞれであるということ。

関連:会社の社風が合わない。自分に合う会社を見つけるには?

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

OJT研修とは

OJTとは、職場の上司や先輩が、部下や後輩に対し具体的な仕事を与えて、その仕事を通して、仕事に必要な知識・技術・技能・態度などを意図的計画的継続的に指導し、修得させることによって全体的な業務処理能力や力量を育成する活動である。

引用:Wikipedia

簡単にいうと、実際に仕事をさせながら、仕事を独力で進めるための力を身に付けさせるという教育方法です。

ちなみにOJTという言葉は ON THE JOB TRAINING の略語です。

一方で、実際の職場から離れて行う教育をOFF-JTと言われます。

スポンサーリンク

OJT研修には多くのメリットがある

OJT研修には、会社側にとって多くのメリットがあります。

教育の為の講師が不要

職場の先輩や上司などが講師となる為、わざわざ講師を雇う必要がありません

また、簡単な仕事であれば労働力としてすぐ使うことができます。

一人一人に応じた教育が可能

全体の研修と異なり、一人につき一人の指導者が付くため、それぞれの理解に応じたスピードで教育することが可能となります。

実際に必要なことを学ぶことができる

異なる業務を担当することになる人間が集まる全体の研修と違い、自分の仕事にあったスキルに特化して学ぶことができます

OJT研修はメリットばかりではない

OJT研修のメリットをあげてみました。確かに使いようによっては、非常に有意義なものとなる研修でしょう。

しかし、それはあくまでしっかりとした環境が整っている場合に限られます。

OJT研修で整えなければならない環境

OJT研修において、なによりも大切なことは教える立場の人間です。

教える立場の人間が、仕事をする為の知識をしっかり有しており、

かつ教えるという行為についてきちんと理解している必要があります。

また、教えるという行為は、当然のごとく時間を使う行為です。

その分の時間を見込まなければなりません。

環境の整っていないOJT研修は意味がない

一般的な場合、OJT研修の教える立場となるのは、実際に同じ部署で働いている先輩の場合が多いです。

残念ながら人に教えるという行為について学んだことがない人が多いです。

そういった中で、教えることができるほどの人を選び、教えるという行為について理解をさせていればいいですが、

私が、これまで見た中ではそう上手くは行っていません。

また、他の業務の量を減らすことなくただ指導者と任命しただけの場合というのもよくあります。

こういった環境では、教える人間にかなりのバラつきが生じてしまい、OJT研修は上手く機能しません

OJT研修の失敗

環境が整っていないままOJT研修を導入してしまってはどうなるでしょうか。

以下の失敗が予期されます。

教える側が忙しいあまりに放置

教える側に指名された先輩が、自分の業務で忙しいあまりに、教えるべき人間を教えずに放置してしまう。

または、誰にでもすぐできるような雑務を与えてしまう。

こういったことがよくあります。

積極性のある人ならこういった状況に置かれてもなんとかするかもしれませんが、たいていの場合、成長せずに終わってしまいます。

教える側に正確な知識がない

業務を進めるための知識、能力が備わっていなければ、教えることはできません。

特に、常に邪道な方法で、なんとか仕事を行っている人が教える側にまわることは危険です。

正しい方法を教えることができないからです。

仕事をこなす上で、常に正しい方法で行うことが、いつも正しいとは限らないことは実際に仕事をしている身になるとよく感じるでしょう。

そういった時は、多少正しくない方法でもなんとかする道を選びますが、

あくまで正しい方法を知った上で実施しなければなりません。

間違った方法を正しいと誤認識させてはなりません。

教える側に育てる気がない

教える側も、教えられる側も一人の人間。

気があわないこともあるでしょう。

特に、教える側が教えられる側に対しその感情を持ってしまったらおしまいです。

まともに教えることをしなくなる危険性があります。

そういった場合、上司はすぐに担当を変えるなどの行動をとらなくてはなりません。

スポンサーリンク

OJT研修について正しい知識を持たなければならない

新入社員の研修はとりあえずOJT研修にしておけばいいという安易な考え方はやめましょう。

教える側が上手く機能しなければ何も意味はないのです。

中には、どんな指導者にあたったとしても、成長できる人間もいます。

しかし、たいていの人間は、担当になった指導者によってその後の成長が大きく変わります。

これまでも、指導者が原因で成長できずにやめてしまった人もたくさんいるかもしれません。

それは会社側にとっても、働く側にとっても大きな損害となってしまいます。

OJT研修を導入することは決して間違ったことではありませんが、最大の効果をだす方法をとるようにしていきましょう。

また、もしあなたがOJT研修を受ける立場で、どうしようもない先輩についてしまった場合にはどうすればいいでしょう。

まずやるべきことは、決められた人に教えを請うのではなく、とにかく人に聞くこと。

だめな先輩についたせいでうまくいかない、会社を辞めたいと思うのも当然ですが、まずは自ら改善する努力をしてみましょう。

自然と教えてくれるものだという意識をなくさなくてはいけません。

それでもだめだった場合に、会社を辞める選択肢を選びましょう。

辞めようかどうかとまずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:出世する人の特徴、出世できない人の特徴

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ