入社して3年たったら転職しても大丈夫?実はその考え方間違っているかも

入社して3年たったら転職しても大丈夫?実はその考え方間違っているかも

入社して3年たったから転職しようかな、とりあえず3年は頑張ろうかな。そんな風に考えている人もいるかもしれません。

入社してもすぐ辞めても転職ではマイナスになるだけだから、仕事が嫌だからある程度働こうかなと考えるのは当然のことですが、必ずしもそれが正解とは言えない部分があります。

関連:第二新卒が登録すべきおすすめの転職サイト、転職エージェント。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

転職市場でよく耳にする「3年は働け」

転職するにあたり、とりあえず3年働けというのはよく耳にしますよね。

確かに勤続年数が3年以内かそれとも3年以上かというのは線引きされていることが多いのは確かです。

新卒入社後3年以内に転職する場合は第二新卒として位置づけられますし、中途採用者の場合には3年以内の退職者を短期離職者とみなすこともあります。

その理由としては2つほど考えられます。

まず一つ目が会社にとって仕事ができるようになり、マイナスの人間からプラスの人間になるのに約3年程度かかると考えている場合が多いということです。

新しい人を採用すると、採用活動にもお金はかかるし、まだ仕事を覚えていない段階でも給料は発生している為、会社にとってその人材を採用してメリットがでるのはしばらく経ってからです。

そしてもう一つが、仕事についてマイナス面もプラス面も含めて理解できるのに3年程度かかると位置付けている点です。

仕事についてよく理解できていない段階では判断することはできない、その時点で辞めるのは単なる甘えだと考えられてしまう場合も少なくありません。

その為、その転職がキャリアアップとしての転職としては認められないことがほとんどです。

ただ、当然本当に経験が不十分なのか、仕事について理解した上で決断しているかは、人によって様々です、

しかしながら、一般的な考えとしてどこかで線引きしなくてはならない為、3年として線引きされているのです。

じゃあ3年たてば大丈夫ってこと?

ここで問題となってくるのが、じゃあ3年たてば転職しても大丈夫なのかという考えです。

これに関してはYESともNOとも言えない部分があります。

上述したように、3年というのは個人差を無視した単なる一般的な線引きであって、全員に共通するものではありません。その為、たとえ勤続3年以内であっても、面接時に上手くアピールすることができれば3年以内というマイナスポイントを覆すことができます。

ただ、その逆もしかりであり、たとえ3年以上の勤続年数であっても仕事についてもよく理解できていない、スキルも身についていない、経験も不十分といったことを見抜かれてしまえば当然マイナスポイントになってしまう可能性は高いです。

何より、自分にとっても時期尚早に決断することは良いこととは言えません。

また、3年以上たてば4年、5年、6年と働いている人と同等の評価になるわけではありません。

もしスキルや経験を特に重視する場合であれば、当然勤続年数が長い人のほうが評価はされやすいです。ただ、中途採用時の評価として年齢も重要な評価指標になる為、勤続年数が長ければよいというわけではありません。そこは企業が求めている人材がどういった人材であるかということになっていきます。

転職では勤続年数はほんの一部分

転職において、勤続年数がどれくらいかというのは、評価指標のほんの一部分にすぎません。

その為、とりあえず3年は頑張ろうと考えたり、3年働いているから大丈夫だろうなんていう考えは正しいとは言えません。

たとえ3年以内であろうとも転職してキャリアアップすることが可能となる場合もありますし、逆に3年以上たったからといって良い転職先が見つかるとは限らないのです。

ですから、とりあえず3年なんて言う考えはとりあえず辞めて、まずは自分自身、自分の仕事としっかり向き合った上で、冷静に判断する必要があります。

転職を進めるにあたって

自分は転職しても大丈夫なのかどうか、正直自分自身だけでは判断できない場合も多々あります。

その場合はとりあえず転職活動を進めてみてもいいでしょう。自分のキャリアについて転職エージェントに相談することもできます。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:転職?出世?社会人になって3年目で目指す将来を考える

関連:第二新卒の転職を成功させるには?大手も可能?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ