仕事の能力不足が辛くて辞めたいと思っているけど中々転職に踏み切れない人に

仕事の能力不足が辛くて辞めたいと思っているけど中々転職に踏み切れない人に

上手く仕事をこなせない。能力不足で仕事ができない。そんな気持ちを抱きながら毎日会社に行っていませんか?

最初はもっと頑張ろうと思っていても、上司に怒られたり、周囲から冷ややかな目で見られるのが毎日のように続いてしまうと、仕事に対する自信を無くなり、会社に行くのが辛くなってきます。

さらにそれが続けば会社を辞めたくて辞めたくて仕方がなくなるかもしれません。

そうなった時に思い切って辞めて、もっと自分の能力が発揮できる会社に転職し、活躍することができればいいかもしれません。

ただそんな風に上手くいくとは限らないのが現実。

辞めたところで活躍できるとは限りませんから、転職したところで同じことになるんではないかという不安から辞めるに辞められずに耐え続けるしかない日々を送っている人がほとんでしょう。

しかし、耐え続ける日々を送っているとストレスは溜まり続けていつか限界がきてしまい、最悪の場合うつ病になる可能性があるということを忘れてはいけません。

関連:明日仕事に行きたくない。そんな風に感じたら思い切って休むのも大事。

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

仕事で能力不足を感じると会社に行くのがかなり辛い

能力不足によって感じる辛さはパワハラや長時間労働、サービス残業といったことから感じる辛さとは少し違います。

上司に怒られた時など、自分の能力が不足している為であると自分に原因があると責めてしまいがちになってしまうのです。

周囲の誰かのせいにするということができないということによって、ストレスも行き場をなくしてしまい、ただただ溜め込んでしまうだけになるのです。

どうにかしようとしてもどうすることもできない、誰かを頼ろうと思っても責任は自分にあるから誰にも頼れない、自分の責任によって周囲に迷惑をかけてしまっている。

そしてどんどん深みにはまっていくだけになってしまいます。

辞めるのはありかなしか

もしそんな状態に陥ってしまったら、辞めてもいいものなのかどうなのか、これが一番悩むところです。

一般的には能力不足であればもっと努力するべきだ、どうせ転職しても同じことだ、そんな風に考える人が多いかもしれません。

もちろん、まずは能力不足を解消する為に努力する必要はあるでしょう。能力不足の原因が単にこれまでさぼっていたことやごまかしながら仕事をしてきたことが原因である場合もありますから。

ただ、間違いなくそれだけでは解消できない場合が多々あります。辞めることでしか解決できない場合があります。

一度出遅れたことをこれから取り戻すというのはかなりの努力と忍耐が必要になることですし、かなりの時間を要します。それまで辛い環境の中耐え抜かなくてはいけないなんて本当に厳しいことだと思います。

また私の経験上、一度周囲に能力不足の烙印を押されてしまうとそれだけで非常に仕事をやりにくくなってしまい、取り返そうにも環境がそれをさせてくれないなんてことも多々あるように思います。

そうなっているのであればやはり一度会社を辞めてリセットするというのは重要であると思います。次の会社ではこれまでの自分について反省し、見直した上でまた一から頑張っていけばいいのです。

転職後に上手くいく可能性

最後に、能力不足を原因に転職した場合に上手くいく可能性はあるのかどうかを考えてみましょう。

結論から述べれば上手くいく可能性は大いにあると思います。

人には適材適所がある

人によって、向き不向き、得意不得意は絶対にありますから、能力の発揮できる場所できない場所というのは変わります。

本来はそれぞれの人にあった仕事の場を与えることがベストではありますが、会社の都合や上司の能力不足によってそれが実現できていないというのはよくあることです。

能力不足が単に自分に合っていない仕事をさせられていることが原因であれば、より自分が得意としていることができる仕事に転職することで十分に改善されるでしょう。

会社によって社風や仕事のやり方は大きく違う

会社が違えば、社風が違うのは当然ですが仕事のやり方も大きく違い、職種が同じであってもやり方が違うことで能力が発揮できるかどうかが大きく変わります。

細かく仕事が細分化されている会社もあれば、細分化されず広い範囲を自分でこなす必要がある会社もあります。

もしかしたら今は単にその会社の仕事のやり方が自分に合っていないだけかもしれませんよ。

優秀な人が集まる会社は正直辛い

会社によっては、優秀な人が集まりすぎているなんて会社もあります。特に大企業はそうかもしれません。

私の友人で派遣として複数の会社を経験した人がいるのですが、本当に全く違うみたいです。

もし優秀な人が集まる会社にいれば、普通に仕事をしていてもできない人の烙印をおされてしまうかもしれません。

そういう人は思い切って1ランク落とした企業に行くというのも有りですよ。実際、超有名な企業で仕事ができないという烙印を押されて悩んでいた人が中堅企業に転職すると超優秀だという風に扱われたという例もありますから。

何より自分を限界まで追い込まないこと

とにかく一番気を付けなくてはいけないのは自分を限界まで追い込んでしまわないことです。

限界と感じたら逃げるのだって全然ありです。自分を守る為に必要なことは、周囲に何と言われようともするべきなんです。

もし今仕事のことで悩んでいるのであれば、まずは転職活動からスタートしましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

登録は無料でしかも数分で終わるもの。本当にあっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのが以下の2つです。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。

関連:仕事を辞めてよかったこと、辞めなくてよかったこと。決断するのは自分自身。

関連:適材適所とは?それは仕事にとても大切なもの



このページの先頭へ