職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

辞めたい仕事の人間関係

自分の望んでいた会社に入れたとしても、職場の人間関係が上手くいかなければストレスは溜まる一方。それだけで仕事、会社を辞めたいと思っている人はたくさんいます。

それほど職場の人間関係は会社生活において重要なものです。

会社という組織では、仕事を一人で行うのではなく数人で行うものあり、それ故に職場の人間関係というものが、会社生活では非常に大きなウエイトを占めることになります。

職場の人間関係が上手くいかなければ、会社で仕事を続けるということが非常に難しく、苦痛であり、仕事を辞めたいと思うのもいたしかたない部分があります。

ですから、少しでも職場では良い人間関係を築きたいですよね。

今回は職場での人間関係が上手く行かず仕事を辞めたいと思った時の対処法を紹介します。

関連:仕事を辞めたい、会社に行きたくないと思ったらまずチェック。理由と対処法。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

仕事、会社を辞めたいほど上手くいかない職場の人間関係とは?

仕事、会社を辞めたいと思うほどの職場の人間関係とはどんなものでしょう。

人それぞれ色々な状況があるとは思います。代表的なものあげるとこのような感じでしょうか。

  • 上司や先輩に嫌われている
  • 自分が上司や先輩を嫌い
  • 周囲からいじめられている
  • 周囲のノリについていけない
  • 周囲と話しづらい

職場の人間関係が上手くいかないと一言で言っても、色々ありますね。あなたはどれが該当しますか?

このどれもが、会社生活ではストレスになってしまう問題です。

実際、人間関係が上手くいかずに退職する人は非常に多くいて、厚生労働省の「雇用動向調査結果」によれば、男性で7.2%、女性で12.1%の人が会社を辞めた理由としてあげています。

夢中になれれば、職場の人間関係なんてどうでもよくなる。けれど・・・

仕事が好きで好きで夢中になれるものならば、上記であげた職場の人間関係なんて正直どうでもよくなります。ですから、今の仕事に夢中になることが人間関係で悩まなくなる対策と言えます。

しかし、このレベルまで仕事に夢中になるというのはかなり困難なこと。人間関係で辞めるなんて甘え、仕事を頑張っていないだけなんて言う人もいますが、そんな簡単な話ではないんです。

もちろん、夢中になるほどに楽しもうという意識を持つことは大事ですが、職場の人間関係なんて無視できるほどまでに高い領域での夢中さを得ることは、なかなか意識してできることではありません

ですので、それ以外の対策方法を紹介していきます。

対策①職場の人間関係が上手くいっていない理由を明確にしてみる

まずはなぜ職場の人間関係が上手くいっていないのか確認することから始めてみましょう。

相手が誰かを明確に

職場で人間関係が悪化しているのは誰が原因なのでしょうか。

上司なのか、先輩なのか、同僚なのか。

個人なのか。それとも複数の人なのか。

あなたの職場の人間関係に障害となっている人物は誰なのでしょうか。

相手が自分を嫌いなのか、自分が相手を嫌いなのか

職場の人間関係は上手くいかない理由として、自分が嫌っているのか、相手から嫌われているのかという2つに分かれます。

感情の矢印はどちらから向いているのでしょうか。

仕事、会社を辞めたいと思うほど職場の人間関係で悩んでいる場合、たいてい自分に矢印が向かってしまっていることが多いことでしょう。

もちろん自分から矢印を向けている場合もありますが。

なぜ嫌われているのか

自分に矢印が向いている場合、すなわち、相手から嫌われているとした場合、なぜ相手が自分のことを嫌いなのか、その理由を一度じっくり考えてみてください。

そこから導きだされること

なぜを考えた時、たいてい当たり前のことができていないことが多いのです。

以下のようなことです。

  • よく嘘をつく、隠す
  • 謙虚になれていない
  • 何か起きても他人事
  • 感謝の気持ちがない
  • 助け合いの気持ちがない

職場だけに限らない、どんな人間関係であっても当たり前のことです。どれか一つでも欠けているものはありませんか?

もし欠けているものがあるという自覚を持つことができたなら、改善することができるはずです。もちろん改善する努力は必要ですが。

スポンサーリンク

対策②仕事、会社を辞めたいなら辞める為の行動をしよう

いくら考えても嫌われている理由がわからない。そんな場合も数多くあります。

世の中には理由もなく人を嫌いになる人もいます。そして職場の人間関係が悪化してしまうということがあります。

避けることができな場合も中にはあります。

それが立場的に強い、リーダー格の人である場合、その人だけでなく周囲の人との人間関係も上手くいかなくなってしまいます。

そうなるとなかなか対策ができません。

となると仕事、会社を辞めたいなら辞めてしまうという選択肢もありでしょう。

そこで辞めるための行動として、3つあげてみます。大事なことは実際に行動することです。

異動希望をだす

それなりに大きい会社であれば異動することによって、全然違う職場環境になることもたくさんあります。

それによって、職場の人間関係が一新するのです。

まずは会社を辞めたいと思うのではなく、今の部署を辞めたいという程度に収めてみましょう。

ただ、異動が希望通りにならないこともあるし、一般的には異動のタイミングは1年に1回なので、時間がかかってしまうという欠点もあります。

転職活動をする

実際に会社を辞める為の行動として、わかりやすいですね。

転職先が見つかれば、生活面の心配なく会社を辞めることができます。

そして、少なくとも現在のうまくいっていない職場の人間関係とはおさらばできます。

転職しようかと悩んでいる人は、まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

独立する

独立し、自分の会社を持つことによって煩わしい職場の人間関係とはおさらばできます。

たいていの人が悩む人間関係は自分より上もしく同等の上司、先輩、同僚などです。

となれば、自分が一番上に立てば、悩みはなくなることでしょう。

ただ、それなりにスキルも求められるし、簡単にできることではないという事実はあります。

対策③選択肢を持つ

会社員として、一つの会社で仕事することに縛られてしまうと、職場の人間関係の煩わしさ等により、ストレスを感じるようになってしまいます。

実は小さなことでも、大きく捉えてしまいがちです。

上であげたような嫌われてしまっているだとかは、実はそこまでたいそうなことではないのかもしれません。

もっと気楽に感じることが大切です。そうすれば辞めたいという考えは減っていきます。では、どのようにすれば気楽にとらえることができるのでしょうか?

それは選択肢を持つことです。

対策②であげたように転職活動をしてみてください。

実際に行動することで、転職という選択があることを、理解することができます。

選択肢を持つことにより、今の仕事に固執することがなくなる為、ちょっとやそっとの人間関係になんとも思わなくなります。

スポンサーリンク

最後に

職場の人間関係が上手くいかない理由は、誰かのせいにしていても何も解決することはできません。

そこで何もせず待っていても、いつまでたっても解決することができません。

まずは自分自身で解決する為の行動をしてみませんか?

関連:社会人が公務員になるには?転職方法を紹介。ただイメージ先行はNG。

関連:転職する自信がない、自分に自信を持てない時に考えるべきこと

関連:仕事辞めたい病の克服の仕方や受け入れ方



このページの先頭へ