年収とは?税込年収と手取り年収の違い。年収で単純比較できない理由。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

年収とは?税込年収と手取り年収の違いや高年収が金持ちではないことを解説

年収という言葉を使う機会は多いですし、年収について考えることもまあまああるかと思います。

クレジットカードの申し込みや、転職時に記入で必要になったり、婚活なんかでも使われますね。

しかし、年収とは一体何を指すのか、1年間で手にすることができるお金なのか、給与明細に書かれている額なのか、よくわからないという人も多くいるようです。

そこで、今回は年収とはなにか、税込年収と手取り年収の違いを解説していきます。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:年収別の手取り額一覧と節税方法や各国の税金比較

スポンサーリンク

年収とは?税込年収と手取り年収を正しく理解

年収とは?と聞かれて正しく答えることができますか?

ボーナスはどうなる?交通費はどうなる?税金はどうなる?

今いちよくわからないというという人も多いのではないでしょうか。

年収とは、その名前の通り「1年間の収入」のことを指します。

そして、年収には税込年収と手取り年収の2種類があります。

それが「税込年収」「手取り年収」です。

一般的に使われる年収は税込年収

一般的に使われる年収とは、税込み年収のことであり、例えばクレジットカードやローン審査の際に記入する年収は税込年収を書く事になります。

求人広告などに書かれている年収も税込年収のことであり、手取りでもらえると勘違いしてはいけません。

税込年収は、1月~12月で算出され、源泉徴収票に書かれます。

この年収の中には、会社から支給されたボーナスや役職手当、残業手当、家族手当など全てが含まれます。

税込年収とは

もう少し、税込み年収とは何かということを説明します。

税込年収とは、所得税や社会保険料などを引かれる前の総支給額のことを指します。

その額が丸々あなたの手元に入るわけではありません。

また、税込年収はよく「額面」と言われたりもします。通勤費は含まれません。

税込年収は、源泉徴収票で確認することができます。支給額欄に書かれた金額です。

クレジットカードの申し込み等で必要な場合は、源泉徴収票で確認しましょう。

手取り年収とは

手取り年収とは、税込年収から所得税や社会保険料、雇用保険料を引いた場合の金額を指します。

あくまで引くのは所得税、住民税、社会保険料、雇用保険料であり、例えば会社で個人保険に入ったり、社宅を借りたりして給与から天引きされる分については引きません。

すなわち、給与として銀行に振込まれる額が手取り年収となるわけではありません。

手取り年収は、公式に使われる場面は無く、家計管理等で個人的に使うくらいでしょう。

年収はどう決まる?

年収は勤めている会社次第な部分が大きく、実際の適正年収とは離れている場合も多いです。

一度、自身の適正年収について調べてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

税込年収だけで比較することは不可能

年収○○万円を目指すといった場合、基本的には税込年収を使います。

税込年収は、前述した通り所得税や社会保険料が引かれていません。

転職サイトで使われている年収も税込年収を使います。

すなわち、実際にあなたの手元に入ってくるお金ではありません。

そして、特にサラリーマンと個人事業主では、大きく変わってきます。

この税込年収だけでは、優劣を比較することができないのです。

サラリーマンは会社の給料から、その額に応じて税金などが自動的に引かれます。

一方で自営業などを行っている個人事業主は、様々な費用を経費をすることで自分の年収を下げ、節税することが可能です。

サラリーマンのほうが年収が高いが、個人事業主のほうが豊かな生活を送っていることはいくらでもあるのです。

これでは税込年収で比較できません。

しかし、サラリーマンにもメリットはあります。

厚生年金や健康保険といった社会保険料はは会社側が半分払ってくれる為、低くて済みますし、退職金は税が軽減されたりします。

サラリーマンと個人事業主のどちらがいいということはないですが、少なくとも税込年収での比較に意味はないことがわかるでしょう。

また、サラリーマン同士の比較においても、会社の福利厚生の差などで、年収の高低と、自由にできるお金の多さが逆転することなんてざらです。

サラリーマン同士でも年収で比較することができません。

あくまで目安程度にしかなりません。転職などで年収を見る際には、頭に入れておく必要があります。

スポンサーリンク

大事なのは手取り年収

今回は、税込年収とは何か、手取り年収とは何かを紹介しました。

実際に色々な場面で使うのは税込年収ですが、

生活に直接関わるのは手取り年収、そして経費として落としたり福利厚生によって軽減される支出です。

起業や転職を考えているのであれば、特にこの点を頭にいれておきましょう。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

おすすめ記事:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ