年収ダウン転職のメリットと、許容範囲の考え方。決して悪いことばかりではない!

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

年収ダウン転職のメリットと、許容範囲の考え方。決して悪いことばかりではない!

転職するならできれば年収アップしたい、年収ダウンするなら転職はしないと考えている人は多いと思いますが、転職によって年収ダウンすることは必ずしも悪いことではありません。

もちろんアップするにこしたことはないでしょう。ただ時には年収ダウンがあなたの仕事生活に大きなメリットを及ぼす可能性があるのです。

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと

関連:残業が月100時間以上超えで仕事を辞めたいと思っているならすぐに転職するべき

年収ダウンした人の転職に対する感想

転職で年収ダウンしてしまったという人の中にはもちろん、そのことに不満を感じている人もたくさんいます。

年収ダウンすることによって生活を見直し、これまでできていたことができなくなることもありますからそれは仕方がないことでしょう。

ただ年収ダウンしても転職して良かったと感じている人は実際は思いの他多いのです。

Tech総研の転職コラムによると、転職で年収ダウンしてしまっても転職前に感じていた不満を解消することができたという人の割合は66%。3人に2人は転職したことを前向きに捉えているのです。

転職した結果には以下のパターンがあります。

  1. 年収はアップし、他の不満も解消できる
  2. 年収はアップしたけど、他の不満は解消できない
  3. 年収はアップしたけど、新たな不満がでてきた
  4. 年収はダウンしたけど、他の不満も解消できる
  5. 年収はダウンし、他の不満は解消できない
  6. 年収はアップし、新たな不満がでてきた

理想は1番です。どうせ転職するならここを目指すべきだと思います。

ただ4番のパターンでも転職して良かったと思える人はたくさんいて、逆に2番、3番の転職をして後悔する人はたくさんいます。

転職で大切なのは年収だけではありません。年収ダウンしても良い転職というのは十分あり得ることなのです。

年収ダウンの転職にも良い転職はある

転職して年収ダウンしてしまうというのは、その側面だけ見てしまえば悪い部分としか言えません。

しかし転職の良し悪しを決めるのはそれだけではありませんよね。

年収ダウンの転職であっても良い転職というのはたくさんあるのです。

将来的に昇給額が大きい

一時的に年収がダウンしたとしても、昇給額が大きく働き続けることによって大幅な年収アップが期待できるような会社ならば転職するメリットは十分にあると言えるでしょう。

前の会社だと現時点で年収500万円で10年後の予想は600万円、転職後の会社だと年収400万円に下がるけど10年後の予想は700万円。

こうなれば年収面で見ても後者の方が圧倒的に良いでしょう。その先もさらに年収の差が広がっていきますからね。

転職活動の際、つい目の前の年収だけで転職するかどうかを決めてしまう人が多いのですがそれはNG。

転職後にどうなっていくのかもしっかり考えなくてはなりません。

経験値を増やしさらなるステップアップに繋がる

転職によって年収ダウンしても、それによって経験値が増え、その後のステップアップに繋がる場合も多々あります。

転職を繰り返し転職回数が増えることは良しとされていませんが、それはあくまでその場しのぎの転職を繰り返す場合のこと。

将来を見据えて転職のたびにステップアップし、最終的には年収をアップさせていく人も実はたくさんいるのです。

一時的な年収よりも将来を見据えて経験をとる。それがあなたにとって大きなメリットになるかもしれません。

ストレスが減少する

年収が高いからと言って、あまりにも激務でストレスをため続けたり、人間関係に疲弊したりするのはあまり良いことではありません。

ストレスによって体を壊すくらいならば、多少年収が下がっても転職してストレスを軽減した働き方をすべき。

それは逃げでもなんでもなく、今後も健康に働き続ける上での必要な選択であると言えます。

気を付けなくてはいけない年収ダウンの許容範囲

このように、年収ダウンしてしまうような転職にも良い部分はたくさんありますから、年収が下がってでも転職するというのは決して間違った判断ではありません。

しかし、そうは言ってもやっぱりお金は大事であり、どんなに下がってもいいかというとそういうわけではありませんよね。

下がるにしてもやっぱり許容範囲はあります。

その許容範囲はそれぞれの生活スタイル、家族構成、勤務地等によっても変わってきますので、自分の生活から転職後の生活費を算出し、無理なく生活することができるだけの年収を算出しておかなくてはなりません。

ちなみに一般的に言われている許容範囲は10%まで。20%を超えるとかなりきついと思います。

単純に考えて月給30万円の人が24万円になると、生活スタイルをかなり変えなくてはならなくなり、仕事でのストレスが減ったとしても私生活でのストレスが大きくなると思います

ただあくまでこれは一つの例。

転職したいという意思、それぞれの生活によって変わってきますから、転職活動を始める前にしっかり考え、転職先が決まったタイミングでも再度しっかり考え、後悔することのないように気を付けましょう。

目の前の年収だけに注目せずに広い目で考えてみよう

仕事をする上で大切なのは年収だけではありませんし、目の前のことだけでもありません。

年収以外の部分の重要性もしっかり認識し、さらに将来的なこともしっかり見据えて転職するかどうかを考えていきましょう。

今の転職市場は超売り手市場。今後の会社生活を今よりもさらに良いものにしたいならば今が転職する絶好のタイミングです。

現在は転職サイトや転職エージェントもかなり充実していて、働きながらであっても大きな負担なく転職活動をすすめることができます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ