転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

転職は年齢が高くなれば高くなるほどしにくくなると言います。

では何歳までなら転職に成功できるのでしょうか。

何歳までが限界なのでしょうか。

関連:40代の転職、成功させる為にはどうする?

関連:転職活動が上手くいかない時に見直すべきこと

関連:IT業界になら転職しやすい?IT業界の実情や転職時の注意点

スポンサーリンク

年齢が高いとなぜ転職しにくくなる?

転職市場では若いほうが有利、中高年は転職が難しいと言われています。

そもそもそれはなぜでしょうか。

それは以下の理由があります。

  • 固定観念が無い
  • 長期的な視点で育成できる
  • 体力がある
  • 覚えが早い

もちろん、年齢が高いほうが有利なこともあります。

若い人に比べ、経験値は高く、即戦力になりうるといったことです。

しかし、未経験の職種であると、その経験はむしろ邪魔になることもあったり、同じ職種であったとしても、会社が違えば覚えることも多い為、敬遠されてしまうこともあります。

よくある転職する年齢の限界

上記のような理由から、年齢が高いほうが不利とされます。

とは言え、仕事を選ばなければ、転職することは何歳でも可能でしょう。

そういった意味では何歳まで転職可能かというと、何歳まででも可能というのが答えです。

ただ、ほとんどの人は年収アップや労働環境の改善の為に転職を希望します。

そういった希望を叶えることができた転職が成功した転職となります。

この成功した転職は何歳まで可能なのでしょうか。

転職する限界の年齢をよく聞きます。

30歳が限界、35歳が限界、40歳が限界。

これらの限界説は、あまり気にしなくていいと言えます。

転職サイトDUDAが調べた年齢別の転職成功者によると、転職を成功した人の各年齢の割合は以下の通りになっています。

  • 24歳以下・・・6.6%
  • 25~29歳・・・37.8%
  • 30~34歳・・・28.7%
  • 35~39歳・・・14.8%
  • 40歳以上・・・12.2%

40歳以上の人が1割以上を占めています。

確かに年齢が高くなれば不利にはなりますが、実際に転職に成功した人はたくさんいるというのが事実です。

転職は何歳が限界だという話を聞いて、仕事や会社に不満を持ちながらもやる前から諦めてしまうことは非常にもったいないことです。

スポンサーリンク

年齢に応じた転職活動を

年齢で不利になることはあるし、年齢によって足きりをしていて絶対に受からない会社もあります。

R25の「転職限界年齢の平均は43.4歳」という記事によれば、40歳、50歳でも採用可能と答える企業がある一方で、35歳と答える企業もあります。

もし40歳の人が35歳で足きりという会社ばかりを受けていたら、転職は成功できないでしょう。

雇用対策法により、企業は年齢に関わりなく均等に機会を与えなければならないこととされ、例外はあるものの労働者募集時の年齢制限の禁止が義務化されています。

参考:厚生労働省

ですから、表向き上は年齢制限していません。

しかし、実際には年齢制限があり、受けても採用されないだけです。

転職したい、転職を成功したいと考えているのであれば、年齢に応じた企業選びをしっかり行う必要があります。

何歳まではない、まずは挑戦すること

これまで述べたように転職を成功させる年齢に、何歳までということはありません。

ですから、もし転職したいのであればまずはやってみることです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ 企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

関連:ベンチャー企業に転職することのメリット、デメリット。あなたはベンチャー企業に向いている?

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ