年功序列制度と成果主義の意味やメリット、デメリット。どちらを望む?

年功序列制度と成果主義の意味やメリットを解説。あなたはどちらを望みますか?

日本の会社の特徴である終身雇用制度と年功序列制度。

そのうちの一つである年功序列制度が廃止され、成果主義を導入する会社が増えてきました。

有名なところでは日立が年功序列制度を廃止し成果主義を導入することを発表し、ソニーやパナソニックも廃止を検討しているという報道がありました。

あなたは年功序列制度と成果主義、どちらを望みますか?

まずは年功序列制度と成果主義の意味やメリット、デメリットをしっかり確認しましょう。

関連:終身雇用制度のメリット、デメリット。若者は終身雇用制度を望んでいる。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

年功序列制度とは

年功序列制度について、解説していきましょう。

年功序列の意味

勤続年数、年齢などに応じて役職や賃金を上昇させる人事制度・慣習のことを指す日本型雇用の典型的なシステムである。その他、個人の能力、実績に関わらず年数のみで評価する仕組み一般を年功序列と称することもある。

年功序列制度は、加齢とともに労働者の技術や能力が蓄積され、最終的には企業の成績に反映されるとする考え方に基づいている。

引用:Wikipedia

多くの会社で導入されている年功序列制度。

長く働けば、働くほど、歳をとれば、歳をとるほど、役職はあがり、賃金は上がっていくという制度です。

長く働き、歳をとればとるほど、経験が積み重なりその人の能力はアップし、企業に貢献できるようになるという考えの元にできています。

終身雇用制度とあわせて考えられることが多いです。

年功序列制度のメリット

年功序列制度のメリットはなんといっても将来への安心でしょう。

いずれは出世できる。いずれは給料があがる。ということがわかっていることは安心感につながります。

また、家庭をもつと、子供が成長するほどにお金はかかるようになるものですが、成長とともに給料はあがり、出費の増加に対応できることから、将来設計がしやすくなります。

自分よりもかなり若い人間に先に出世され、使われるというような辛いことも起きにくく、精神的な負担は軽いです。

また、周囲との競争関係があまりないため、チームワークを築きやすいです。

年功序列制度のデメリット

若い人たちのなかには、年功序列制度にデメリットを感じている人も少なくないのではないでしょうか。

勤続年数が短かったり、年齢の若い人にとっては、どれだけ実力があっても、どれだけ成果をあげても給料はなかなかあがらない。

また、たいして成果をあげていない年のとった人たちは高い給料をもらっている。

これではモチベーションは下がってしまう一方です。

そして、不満を感じる優秀な人材が他の企業にいってしまいます。

年長者にとっては、たいして頑張らなくてもお金はもらえる為、必死に成果をあげることは無くなり、会社の利は落ちてします。

また、今のような少子化では、若者が少なく年長者が多くなり、会社全体の人件費が高騰してしまいます。

スポンサーリンク

成果主義とは

成果主義について、解説していきましょう。

成果主義の意味

企業において、業務の成果のみによって評価し、それに至るまでの過程(プロセス)は無視して、報酬や人事を決定すること。

引用:Wikipedia

最近、色々な会社で多くなってきました。

給料や昇進を、勤務年数や年齢で決めるのではなく、仕事の成果によって決定するという考え方。

成果をだしてなんぼというわけです。

成果主義のメリット

成果主義のメリットは、やればやるほど、成果をだせばだすほど、自分自身に給料などの面で報酬を与えられるという点です。

年齢に関係なく、頑張って成果をあげれば給料があがる、出世できるとなれば、成果をだす為に頑張ります。

各個人がこの考え方を持てれば、会社側としても会社全体の成果があがり、利益につながります。

また、年功序列と違い、成果で決まるとなれば、他の会社からも優秀な人材は集まります

成果主義のデメリット

営業成績など、成果が目に見えるものであればいいですが、

そうではなく成果が明確に見えない仕事のほうが多いです。

そうなると、間違った評価につながりかねません。

また、各個人が成果を出すことに走るため、チームワークを築くことが難しいです。

さらに目先の目立ちやすい成果を得られる仕事だけに行きがちで、影に隠れた大事な仕事などを実施しなくなってしまいます。

しかし、これでは仕事はまわりません。

スポンサーリンク

年功序列と成果主義、あなたはどっちがいい?

年功序列と成果主義。どちらもメリット、デメリットをそれぞれ持っています。

あなたはどちらがいいですか?

若者であれば、成果主義がいいと言い、

中高年であれば、年功序列が言いというでしょう。

また優秀な人であれば、成果主義がいいと言うし、

優秀な人でいられなかった人であれば、年功序列が言いといいでしょう。

どちらが正しいということではありません。

それぞれにメリット、デメリットがありますから。

しかし、グローバル化が進み、少子化が進んでいるこの時代では、

日立だけではなく、他の会社にも浸透してきても全くおかしくはない話です。

私たちは、どこの会社にも通じる人間、価値ある人間を目指さなくてはなりません。

◆社会人向け情報◆

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

 

おすすめ記事:嫌いな上司、嫌いな先輩と上手く付き合う方法

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ