正社員になりたいなら待ちの姿勢ではだめ。20代ならもちろん30代でも転職は可能。

正社員になりたいなら待ちの姿勢ではだめ。20代ならもちろん30代でも転職は可能。

正社員になりたくてもなれない人はかなり多く、やむを得ず派遣社員や契約社員、フリーターとして働いている人もいるでしょう。

新卒で就職する場合であればまだしも、中途採用ではそれまで正社員として働いていたか、それとも派遣社員や契約社員で働いてきたかが大きく影響する為、正社員になることが困難であるという事実は確かにあります。

ただ、そんな状況下であっても正社員になろうとするならばやっぱり自分から動いていかなくてはだめです。いくら待っていても正社員になることはできません。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

正社員になりたいなら待っていてはだめ

日本に非正規雇用者はおよそ4割もいるということを聞いたことがある人もいるかと思います。その数字を聞いて正社員になるなんて絶望的に思ってしまっている人もいるかもしれません。

しかし、この数字は派遣社員や契約社員だけではなく、家計の補助としてパートで働いている人も含まれていて、全員が正社員になりたいわけではありません。

この4割のうちの大半はあえてその働き方をしている人であって、実際に正社員になりたいと考えている人はこのうちの2割にしか過ぎません。

確かに、正社員の有効求人倍率は1.0倍を切っているように難しいのは確かなんですが、決して絶望的になるような数字ではないんです。

あとはどうやって正社員になるかです。

派遣社員や契約社員、フリーターから正社員になる方法はいくつかあります。

実際に転職活動を行うという方法もありますが、派遣社員であれば派遣された会社に直接雇用されたり、契約社員やフリーターであれば正社員登用されたりといった方法もあります。ただ働いていたら運よく正社員になれたなんて人も実際にいるのは確かです。

じゃあとりあえず働いていればいいのか、今の仕事を頑張れば正社員になれるのかといったらそれは大間違いです。

例えば派遣社員から正社員に直接雇用される割合なんてごくわずかです。直接雇用制度がある会社がたった1割程度、実際に過去一年間で正社員にとして直接雇用したことがあるのは1.7%しかないのです。

自分から積極的に動かなければ正社員になることはほとんどできないということがよくわかると思います。

正社員になれた人ぼほとんどは自分で転職活動している

結局のところ、非正規社員から正社員になれた人のほとんどは自分で転職活動しています。転職活動せずに待っていて正社員になれた人なんてごくわずかであって、そんなものに期待しているとただ時間ばかりがたって年齢が高くなってしまうだけです。

もちろん転職活動は簡単ではないかもしれません。他に自分よりも経験豊富な正社員の人が同じように応募していたら、企業はそっちの人を選ぶ可能性が高いでしょう。何十社受けても書類選考すら全然受からないことだってあります。

でも、そんな中でも決まるまで転職活動をつづけた人が正社員になれています。もし正社員になりたいなら、決まるまで転職活動をするのが最善の方法なのです。

20代どころか30代でもなれた人はいる

非正規社員から正社員に転職する場合、やり年齢はかなり重要になってきます。当然若いほうが有利です。20代であればそれだけで採用してくれる企業が山ほどあります。

ただ、30代だからと言ってなれる可能性がまったくないかというわけではありません。それこそ30代後半で派遣社員から正社員になれたという人もいます。

もちろん、全てが理想通りの会社には入れないかもしれません。多少は妥協することも必要になるでしょう。

ただ、それでも非正規社員として働いていた時よりは条件面でのアップは大いに期待できますし、正社員として働きスキルを身につけキャリアアップしていくという選択肢を持つこともできます。

一度本気になって転職活動をやってみよう

正社員になりたいのならとにかく転職活動するしかありません。一度本気になって転職活動してみましょう。とにかく決まるまで諦めないでやってみましょう。

転職活動をやったって失うものなんてありません。

確かに履歴書を書いたりしなくてはいけなかったり、面倒なことや苦労することもあるでしょうが、それで正社員になれるのであればやる価値は十分にあるでしょう。それこそもし転職活動が1年かかったとしたって、今後の長い会社生活を考えればごくわずかな期間です。

いつかは自分を認めてくれる会社も見つかります。会社なんてやまほどあるんだから、いくらでも挑戦できるんです。100社でも200社でも受けてやりましょう。

今苦労してでもやることは将来に大きなメリットを生み出します。しかし、今何もしないことは大きなデメリットにつながっていくということを認識しておきましょう。

さっそく今日から始めよう

とりあえず今の仕事が終わってから、もう少し余裕ができてから、そんな風に先延ばしなんてしていてはだめです。

正社員になりたいなら、今すぐ転職サイト、転職エージェントに登録して転職活動を始めましょう。始める時は勢いも大切です。

転職活動での最初の関門は始めること。実際始めてみるとどんどん進めることができるのですが、なかなか始められずにいる人がたくさんいます。まずはそこを乗り越えてください。

転職活動するにあたり、転職サイト、転職エージェントは友好的に使っていきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

関連:正社員になれない理由とは?派遣社員、契約社員から抜け出す為に大切なこと

関連:派遣社員、契約社員で働いている20代女性が考えておくべき将来のこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ