新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?

新しい仕事、新しい職場に慣れない時の対処法、慣れるまでにすべきことは?

就職、転職、異動など、社会人にとって新たな環境で新たな仕事をすることになる場面というのは多いです。

そして、それだどんな仕事であれ、どんな職場環境であれ、慣れていかなくてはいけません。

ただ、中々慣れない、慣れるにはどうすればいいんだろうと悩んでいる人も多いでしょう。

関連:仕事が遅い人の特徴や対処法、遅い原因は能力の問題だけではない

関連:適切な仕事の断り方とは?仕事ができる人は断り方も上手い!

関連;今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

新しい仕事、新しい職場に慣れないと・・・

新しいことに慣れるというのはやはり大変なこと。

ただ、仕事、職場に慣れないという状態が続くことは、やっぱり面白いことではありません。

仕事が遅い

仕事になれなければ、当然仕事をこなすスピードは遅いです。

何事も悩みながら、調べながら、確認しながら、質問しながら行っていくことになるわけですから、どうしても時間がかかってしまいます。

仕事が遅いということは、同じ時間で出す成果が少なくなってしまうということです。

その結果、上司や先輩に怒られてしまったり、残業が多くなってしまったりsます。

仕事のミスが多い

仕事に慣れていないと、ミスが多くなってしまう原因にもなります。

当たり前のことが抜けてしまっていたり、仕事が遅い為、焦ってしまったり、納期に間に合わなかったり。

慣れすぎた結果、仕事にミスがでてしまうこともありますが、それでも慣れていない状態のほうがミスは多いです。

居心地が悪い

職場の環境、特に人間関係に慣れていないと、職場の居心地が悪く、いるだけで苦痛に感じるようになってしまいます。

打ち解けて話せる相手、困った時に頼れる相手がいないというのは、非常に辛いです。

仕事が辛い、会社に行きたくない

仕事に慣れなくて、仕事が遅い、ミスが多いだとか、職場に慣れていなくて居心地が悪いというのは、

仕事が辛いと感じる原因になり、そして会社に行きたくないと感じる原因に繋がっていってしまいます。

中には、それが大きなストレスになりうつ病になってしまう人もいるぐらいです。

仕事に慣れるまでにすべきことは?

では、出来るだけ早く仕事に慣れる為には、どうすればいいでしょうか。

仕事に慣れるまでにすべきことをを紹介します。

慣れるまでの期間を明確にする

まずすべきことは、仕事に慣れるまでの期間を明確にすることです。

そうしなければ、ダラダラしてしまい、いつまで経っても慣れうことができません。

仕事内容

仕事内容に慣れるまでの期間は、仕事の難易度やこれまでの経験といったものに左右される為、人それぞれです。

あなたの抱えている仕事、これまでの経験から、周囲がどの程度の期間で慣れることを期待しているかということを考えた上で設定しましょう。

職場環境

人間関係といった職場の環境に慣れるまでの期間は、1ヶ月をも目標に設定しましょう。

1ヶ月間、ほぼ毎日会社に行き、顔を合わせているわけですから、その程度で慣れることはできるはずです。

もちろん、受け身ではなく主体的になって人間関係を構築していく努力は必要です。

慣れた状態とはどういう状態かを明確にする

次に、そもそも慣れた状態というのは、どういった状態であるかを自分の中で明確にしてください。

何の仕事を、どの程度のレベルでできるようになるかだとか、質問できる相手を何人作るだとか、

目標となる状態を明確にするようにしてください。

仕事を覚えることと慣れることは違う

勘違いしてはいけないのが、仕事を覚えることと慣れることは違うということです。

仕事は、教えてもらい、実践してみたことで覚えることができますが、それはまだ覚えた状態です。

慣れた状態にするには、そこから反復して実践することが必要です。

単位に覚えた状態で満足してしまうと、いざ使う時にすっかり忘れてしまっているということが多々あります。

慣れない原因を明確にする

毎日その仕事をやっているけど、中々仕事に慣れないという場合も多々あるでしょう。

その時には、何故慣れないのかということを考え、明確にしてみてください。

仕事のどの部分が特にできないのか、なぜできないのか、ということを明確にすると、対策が打ちやすくなります。

仕事の全体像を慣れないと片づけるのではなく、細分化してみるようにしてください。

道具となるものを優先する

仕事に出来るだけ早く慣れる為の具体策の一つとして、道具となるものを優先して覚えるということが大事になります。

電話やメール、コピー機、ファックスといったものや、パソコンのシステムなんかです。

道具の使い方に慣れていなければ、どれだけ仕事の手順をわかっていても、仕事のスピードは上がりません。

自分が上だと思わない

特に転職の場合、新たな人間関係を構築する為に必要なのが、決して自分を上だと思わないことです。

転職すると、当然自分より年齢の低い人もいるでしょうし、専門知識や実務経験では勝っている場合もあるでしょう。

だからといって、上から目線の態度をとったり、丁寧語を使わなかったり、そもそも会話をしないようなことがあると、良い人間関係は作れません。

時間外の活動に参加する

職場に慣れる為に行うことで、手っ取り早いのが時間外の活動に参加することです。

飲み会はもちろん、職場によっては仕事終わりにスポーツを行っているところも多いですね。

そういうところに参加すると、打ち解けるのが早くなり、慣れるスピードは圧倒的に早くなるでしょう。

あまりに仕事や職場に慣れない場合

もし、半年たっても、1年たっても、どうしても仕事に慣れない、職場に慣れないという場合には、仕事自体について考えてみるほうが良いかもしれまえん。

上述したように、仕事に慣れない状態が続くことは、大きなストレスとなります。

慣れない期間が長くなれば長くなるほど、そのストレスは徐々に大きなものとなっていくでしょう。

そんな時は、必要ならば見切りをつけることも大事です。

もちろん、転職したところで同じことになる可能性もありますから、それを避ける為にも、原因をじっくり考えることが必要です。

とは言え、精神的に病んでしまうくらいなら、辞めたほうがいいに決まっています。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場、転職サイトに経由で来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

もし転職を少しでも考えている人はまずは登録してみてみてください。

転職サイトは色々とありますが、まずは大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。もちろん2つとも無料で利用可能です。

業界1位、2位のこの2つは、他の転職サイトに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

リクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトであり、多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めています。

ちなみに求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっています。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。

その人の職歴、経験、能力を鑑みて、通常は見ることができない非公開となっている求人を紹介してくれるとともに、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、転職の手間はかなり減ります

また、企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれるので、ブラック企業を避けるといった観点でも利用は必要です。

DODAは、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利なサービスです。登録の際には勤務先等を書くことになりますが、企業側には絶対見えないのでばれるなんて心配は不要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、業界3位のJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:仕事を仕事として割り切ることは必要?上手く割り切る方法は?

関連:仕事を覚えられない原因や対処法。早く覚える為のコツとは?

関連;転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ